ベイトリールとジギングロッド

このサイトは、ベイトリールとジギングロッドを中心に釣り具関連の情報提供を行っています。

*

手入れをしていてもシーバスロッドが劣化する原因は?5つのNGポイント

   

シーバスロッドは、シーバスフィッシングのための大切なアイテムであり、手入れをしながら使う必要があります。

そうすることで、自分に合ったロッドを長く使うことができるのです。

しかし、手入れの方法が間違っていた場合は、「手入れをしているのになぜか劣化する」という事態が起こってしまいます。

それを防ぐためには、NGなポイントを頭に入れておきましょう。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

スポンサーリンク

回数が少ない

手入れをしていてもシーバスロッドが劣化するときは、どれくらいの頻度で行っているか、よく考えてみてください。

たまにしか手入れをしていない場合は、劣化を抑えるのは難しくなってしまいます。

回数が極端に少ないと、劣化の原因となる要素をしっかり取り除くことができないのです。

そのため、手入れをしていてもダメージを軽減できません。

シーバスロッドを長持ちさせるためには、なるべくこまめに手入れをする必要があります。

塩分の影響

手入れが少ないときにロッドが劣化してしまう大きな原因は、塩分の放置です。

海で釣りをしたあとは、どうしても塩分が付着してしまいます。

それを取り除かかずにただ放置していては、劣化が進むのも無理はありません。

塩分のために、腐食などのダメージがどんどん大きくなっていくのです。

そのような事態を回避するためには、やはりこまめな手入れが重要になってきます。

使ったあとに洗う作業を省略したりせず、常に清潔な状態で保管するようにしてください。

塩分を確実に洗い流して入れば、劣化がひどくなることはありません。

基本は毎回

シーバスロッドの手入れはこまめに行うべきですが、「どれくらいの頻度がベストなの?」と考えてしまうこともあります。

「こまめに」といっても、人によって感覚は異なるので、不安になったりするものです。

しかし、洗う頻度で悩む必要はありません。

シーバスロッドの手入れの基本は、毎回洗うことです。

「どれくらいの頻度で」と考えたりせず、とにかく使うたびに洗うようにしてください。

汚れが少ないように見えても、決して省略してはいけません。

あまり汚れていないようだと、洗わなくても問題はないように感じてしまいますが、それは間違いです。

たとえ目立つ汚れがなくても、塩分は付着している可能性が高いのです。

それを放置していたのでは、劣化の進行を抑えることができません。

汚れも塩分も残さず、ダメージにつながる要素がない状態をキープするなら、使うたびに洗う方法が最も確実なのです。

使用後に必ず洗う癖をつけ、毎回まっさらにしてから保管するようにしましょう。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

スポンサーリンク

汚れが落としきれていない

洗っても劣化するという不可解な現象が起こっているときは、洗い方がよくない可能性もあります。

いくら洗っていても、汚れがきちんと落とせていない場合は、劣化する要素を残すことになってしまいます。

それでは、毎回手入れをしても、長持ちさせることはできません。

洗うなら、しっかりと汚れを落とすようにしてください。

落ちにくい頑固な汚れがあったりすると、面倒になって諦めてしまうこともありますが、それはよくありません。

少しでも落ちやすくなるように工夫して、確実に汚れを取り除いていきましょう。

ふやかして落とす

簡単に落ちない汚れがあったときは、普通の水ではなく、ぬるま湯を使ってみましょう。

温度を少し上げることで、かなり落ちやすくなることがあります。

これは、ぬるま湯で汚れがふやけるためです。

落ちにくい汚れはこびりついていることも多いため、そのまま流そうとしても、なかなか剥がれてくれません。

しかし、少しふやけた状態になれば、すんなり落ちるようになります。

劣化を防ぐためには、ぜひ試してみてください。

細かいところも忘れずに

シーバスロッドを長持ちさせるなら、大雑把に洗い流すのではなく、細かい部分まで丁寧に洗うことを心がけてください。

隙間に入った汚れなどもしっかり落とさないと、そこから劣化が進むことになります。

失敗しないためには、歯ブラシをうまく活用してみましょう。

歯ブラシは、普段歯を磨くために使うアイテムなので、細かい部分を洗うにはおすすめです。

使っていないものがあるなら、ロッドの手入れ用具として、捨てずに保管しておきましょう。

洗剤が残っている

落ちにくい汚れに対しては、洗剤をつけることも有効な手段になります。

ぬるま湯でも難しいようなら、さらに洗剤をプラスして、スポンジで擦りましょう。

その方法なら、大抵の汚れは洗い流すことができます。

ただし、取り除いたあとの仕上げには注意してください。

洗剤を使用しているなら、汚れが落ちたからといって、そのまま作業を切り上げるのはNGな方法になります。

ロッドの表面に洗剤が残っていた場合、それが劣化の原因になってしまうのです。

そうなれば、洗ってもダメージを抑えることはできません。

長持ちさせるためには、とにかくすべてを洗い流すことが大切です。

汚れや塩分だけでなく、洗剤もきっちり取り除き、劣化につながる要素をゼロにしておきましょう。

硬いもので強く擦る

余計なものをすべて洗い流したあとは、ロッドを拭くことになります。

そのときのNG行動に気づいていない場合、洗っているのに劣化する現象が起きてしまいます。

問題となるのは、拭くための布の種類です。

硬くてゴワゴワしたものを使うと、ロッドの表面に傷をつけてしまいます。

特に、強く擦ったときは、かなり傷がつきやすくなるものです。

それを繰り返してれば、傷がどんどん増え、蓄積されていくことになります。

ダメージを与えないためには、必ず柔らかいタイプを使うようにしてください。

柔らかい布で優しく拭いていれば、傷をつけることはありません。

日光に当てて乾かしている

洗ったシーバスロッドを乾かすときの方法も、間違っていれば劣化につながります。

せっかく洗っていても、干すときにダメージを与えてしまったのでは、寿命を縮める可能性が高いのです。

それを防ぐためには、日光を避けるようにしてください。

直射日光がギラギラと当たっている場所は、水分を蒸発させるなら最適なように思えますが、シーバスロッドにはNGです。

長持ちさせるためには、日光を当てない方法を選択しましょう。

乾かすなら日陰で

ロッドを劣化させないためには、なるべく日陰を選んで干してください。

「日を当てた方が早く乾くだろう」と考えてしまうこともありますが、ここで重要なのは時間ではありません。

すぐ乾いたとしても、劣化したのでは意味がないのです。

日陰でゆっくり乾かす方法なら、無駄なダメージを与えることはないため、安心して置いておくことができます。

風通しのよさを確認

日陰で干すなら、風通しのよさはしっかり確認しておくべきです。

劣化を防ぐためとはいえ、密閉されたジメジメした部屋の中に置いたりすると、うまく乾かすことができません。

空気の動きがなく、風がまったく入ってこないような場所は、何かの水分をとばすには向いていないのです。

衣類ほど乾きにくいわけではないとしても、なるべく避けておきましょう。

風通しのよい場所なら、すんなりと水分をとばすことができるため、日光がなくてもきっちり乾かすことができます。

まとめ

きちんと洗っているのにシーバスロッドが劣化するようなときは、ここで紹介したNGポイントの中に当てはまるものがないか、よく考えてみてください。

手入れの頻度や汚れの落とし方に問題があるようなら、しっかり改善していきましょう。

劣化につながる要素をきちんと取り除いていれば、ロッドの寿命を縮めることはなくなります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.fam-fishing.com/entry/c…
https://enjoy-oyaji.com/hoBBy/fishi…
http://seabass-times.com/wp/2015/06…
https://tsuriho.com/p/6136
https://jp.megabassstore.jp/fishing…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - シーバスロッド