ベイトリールとジギングロッド

このサイトは、ベイトリールとジギングロッドを中心に釣り具関連の情報提供を行っています。

*

私のおすすめMMジグⅡを快適に使いこなすジギングロッドとそのタックルとは?

   

ダイワ(Daiwa) MMジグII 200g PHベイトナブラ

ジギングロッドで使うメタルジグには実にいろんな種類がありますが、その中でも今回は私がジギングでよく使っているメタルジグについて紹介したいと思います。

そのメタルジグとはMMジグⅡです。

このメタルジグは私がジギングを始めた当初からよく使っているメタルジグとなります。

その実釣性能がよいこのメタルジグについて詳しく解説していきたいと思います。



私が絶対おすすめするジギングロッドランキングはこちら

スポンサーリンク

MMジグⅡとは

MMジグⅡとは、総合釣り具メーカーのグローブライドが手掛ける後方重心のメタルジグです。

スリムでジギングで必須であるジャークのときでも負荷が掛かりにくく、その形状からフックがラインに絡み付きづらくも切れのあるアクションが特徴となります。

後方重心であるため、狙う水深まで沈めていくときでも絡みにくく、途中で横になりにくいのが特徴です。

この特徴は時としてサワラ対策となります。

サワラは時にフォール中のメタルジグにアタックしてくるのですが、そのときに大抵メタルジグが通り過ぎた後、つまりリーダーに対してバイトしてきてしまう形になるので、ラインを切られてしまうことがあります。

真っ直ぐ素早く落ちるこのMMジグⅡの形状は、そういった場合の対策ともなってくれます。



私が絶対おすすめするジギングロッドランキングはこちら

スポンサーリンク

MMジグⅡのウエイトラインナップと使い分け

MMジグⅡのウエイトラインナップは30グラムから最大200グラムまでラインナップされています。

この中で船からのジギングで使いやすいグラム数は80グラム、100グラム、120グラム、150グラム、200グラムです。

ウエイトの使い分けとしては、潮の流れがあまりないとき、水深が50メートルより浅いときは80グラムや100グラム、潮の流れがあり、かつ水深が50メートルより深い場合は150グラム、もしくは200グラムがおすすめです。

そのときの状況でもっとも快適に沈むグラム数を選ぶことをおすすめします。

そうでないと、重さによる過度な負荷が腕にかかるので疲労によりMMジグⅡのアクションを活かすことができなくなってしまいます。

MMジグⅡで釣れる魚

私が過去にMMジグⅡで釣ったことがある魚は、ブリ、ヒラマサ、エソ、カサゴといった魚種です。

基本的にはワンピッチジャークで狙っていきます。

ボトムに近いところではやはりエソやカサゴがヒットする確率が高く、底から10メートル以上ジャークしていった場合はブリやヒラマサがヒットすることが多いです。

MMジグⅡが使いやすいタックル

船で使うMMジグⅡのウエイトである80グラムから200グラムまでのものが使いやすいタックルを下記に紹介したいと思います。

MMジグⅡはジャークの時の抵抗が少ないこと、ジャーク幅が広いことがメリットとしてあるので、それを活かすタックルセレクトが必要となります。

下記にその目安を紹介していきます。

ジギングロッド

MMジグⅡが使いやすいジギングロッドは、スピニング用の6フィートクラスのものです。

ロッドのウエイト目安はMAX200グラムの表記のものがよいでしょう。

メタルジグの形状によっては6フィートの長さは使いにくいものもありますが、MMジグⅡ程度のアクション時の抵抗だとこのくらいの長さがあったほうがアクションさせやすいです。

リール

リールはスピニングリールで3500番から4000番のものがおすすめです。

この番手であれば次に紹介するラインセレクト、全体重量、パワーのバランスが取れるためです。

ハンドルノブは掴みやすい形状のものを選んでおきましょう。

ライン

ラインはPEラインの2.5号から4号くらいまでを使いましょう。

強度を考えるとできるだけ太いラインを選びたいところですが、ラインが太くなるとその分潮の抵抗などが大きくなるので感度が鈍る傾向があります。

私が主に使うのは3号ですが、自分が釣りをしやすいラインの太さを選ぶとよいと思います。

リーダー

リーダーは最低でも80ポンド以上を使いましょう。

素材はフロロカーボンがおすすめです。

リーダーは消耗することを考えて、船のエサ釣り用のものでもよいと思います。

MMジグⅡのカラーラインナップと使い分け

MMジグⅡのカラーラインナップは、現在紹介されているもので全8種類があります。

どれも魅力的なカラーですが、状況によって使い分けていくのが釣果を伸ばすための秘訣となります。

ほとんどのカラー名についているMGの意味ですが、マグマホロを意味しています。

マグマホロは複雑でありつつも、自然な反射をするアピールで魚を誘ってくれます。

下記にそのカラー名と使い分けの状況について解説しますので、参考にして使ってみてください。

MG赤金

赤とゴールドの組み合わせでできたマグマホロカラーです。

赤とゴールドそれぞれの発色が強めのアピールカラーとなります。

使いたい状況としては、朝もしくは夕方のマズメ時です。

太陽の光が赤っぽく感じられるときに使ってみるとよい傾向があるように感じます。

MGグリーンイワシ

ダイワ  メタルジグ MM(Murakoshi Max) ジグ2 80g MGグリーンイワシ

緑と金をベースにそこにイワシの特徴である斑点を入れたカラーです。

緑、金ともに濁りの中でのアピールが強いカラーとなります。

濁っている中でも、曇天などで光量が少ないときに使ってみるとよいカラーです。

MGピンク

ピンクとシルバーが基調のマグマホロカラーです。

光が強いときに使ってみるとよいカラーです。

光が強い中でも、濁りとまではいかないけれども、水中に粒子が多いような状況で使ってみるとよいカラーです。

そういった状況下だと、ピンクの反射が粒子と相まって膨張するようなイメージとなります。

MGマイワシ

ダイワ  メタルジグ スピードジグ コンパクトヴァージョン 60g MGマイワシ

ジギングで釣れるフィッシュイーターがこのむマイワシをそのまま模したカラーとなります。

青は水中ではアピールの強いカラーとされており、マグマホロのアピールと相まってフィッシュイーターに強烈にアピールします。

初心者がまず選ぶとしたらこのカラーを使ってみるとよいと思います。

MGブルピン

ダイワ  メタルジグ MMジグ2 150g MGブルピン

シルバーを基調としつつ、片側には青、もう片側にはピンクをあしらったカラーです。

ジャークによるアクション時にシルバー、青、ピンクの3色のカラーの明滅によりフィッシュイーターにアピールするカラーです。

フィッシュイーターの活性がいまいち高くない時や、プレッシャーが高まってきたであろうタイミングで使ってみるとよいカラーです。

MG太刀

ダイワ  メタルジグ MM(Murakoshi Max) ジグ2 120g MG太刀

全体がシルバーとなっているカラーです。

全面がシルバーとなっているため、周りの色を映し込む特徴があります。

周りの色を映し込んだ中でアクションを加えることにより、シルバーの面が反射しては周りに溶け込むといったカラーの効果を出すことができます。

グローピンク

MMジグⅡのラインナップの中で唯一、ホロが使われていないカラーです。

グローはホロとは違った光の反射の仕方をし、どちらかというと膨張による溶け込み方でフィッシュイーターへアピールします。

このカラーは光量があるときでもないときでも、他のカラーで釣れないといったときに使ってみるとよいです。

PHベイトナブラ

ダイワ(Daiwa) MMジグII 200g PHベイトナブラ

MMジグⅡのラインナップの中でもっともホロの効果をもっているカラーです。

MM太刀とは面ごとの反射によるアピールの違いでフィッシュイーターにアピールします。

このちょっとの違いかもしれませんが、持っておくとよいカラーとなるでしょう。

まとめ

MMジグⅡは本当に使いやすいメタルジグだと思います。

使いやすいだけでなく実釣性能を持っているので、時にベテランアングラーのタックルの中に入っていたりもします。

最後になりましたが、フックはダブルのアシストフックを使うことをおすすめします。

今回の記事を参考にしてMMジグⅡを、扱いやすいジギングロッドを用いて使ってみてくださいね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ジギングロッド