腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

BIGビーズクッションは利便性が優れた製品!腰痛の方は必見?

   

感動 ビッグ ビーズクッション ソファー もう動けない 座ったら癖になる XL

クッションは、底つき感を緩和できるので、腰痛の方には必見の道具です。

しかし、クッションはボリュームが足りなければ、底つき感を緩和する事が難しいので、注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『BIGビーズクッション』です。

このクッションはボリュームがあるので、底つき感を緩和できるので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

さらに、本製品は使用感だけではなく、利便性も優れているので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

BIGビーズクッションの特徴

本製品には、腰痛の方にとって、注目すべきポイントが4つあって、それが、利便性・ビーズ・ストレッチ生地・ファブリック生地です。

そこで、このクッションを詳しく知りたい方のために、この4つのポイントについて紹介するので、参考にしてみて下さい。

優れた利便性

本製品のサイズは、幅610×奥行610×高さ380mmもあって、他のクッションに比べて、ボリュームのある製品です。

これほどボリュームのあるクッションなので、この製品の上に腰をかけて利用するだけではなく、ソファーに腰をかけた状態で、本製品の上に足を乗せる事もできます。

さらに本製品の上に、上半身を乗せて、横になった状態で座る事もできるのです。

そのため、本製品に座っていて、疲れた場合には横になって眠ってみるのも悪くはありません。

粒子のようなビーズ

本製品は、利便性だけではなく使用感も優れているのは、粒子のような細かい『ビーズ』を採用しているからです。

もしも、他のクッションと同じように通常サイズのビーズを採用していたら、クッションが硬く感じてしまう可能性があります。

そのようなクッションを腰痛の方が利用していたら、腰が痛く感じてしまうので、長い間に渡って座る事が難しいです。

しかし、本製品のように粒子のような細かいビーズを採用していれば、高いクッション性を実現できるので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

ストレッチ生地

本製品は、2つの生地を採用していて、座面は『ストレッチ生地』を採用していて、側面は『ファブリック生地』を備えています。

このストレッチ生地は、よく伸びるようになっているので、本製品の座面に腰をかけたら、お尻がある程度まで沈み込むようになっているのです。

そのため、お尻をホールドしてくれるので、ある程度まで姿勢をキープしやすくなるのです。

このような特徴を誇っているクッションなので、姿勢が崩れづらくなっているので、腰にかかる負担を軽減できるようになっています。

ファブリック生地

ストレッチ生地とは違って、ファブリック生地は、あまり伸びないようになっています。

実際にクッションの側面が伸びるようになっていたら、座面のお尻が沈み込んだ時に、クッションは崩れてしまう恐れがあります。

そのため、本製品は側面が崩れづらくなっているのに、座面だけが沈み込むようになっているのです。

このように2つの生地を使い分ける事によって、本製品は使用感が優れているのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

注意すべきポイント

本製品は利便性や使用感が優れていますが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

そこで、どのような所を注意すれば良いのか紹介するので、このクッションを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

座り方

本製品は、腰をホールドしてくれますが、それでも座り方に注意しなければ、腰に大きな負担をかけてしまいます。

なぜなら、本製品はクッションという事もあって、背もたれが備えられていません。

そのため、背中を支える事ができないので、猫背の方の場合は背中が丸くなっている状態で座る事になります。

そのような姿勢では、上半身の体重の負担を腰に加わりやすくなってしまうので、注意しなければいけません。

そのため、猫背の方は、本製品を利用する場合には、背筋を伸ばした状態で座るようにして下さい。

座っている時間

本製品は、微粒子のようなビーズを採用している事もあって、座り心地がよくなっているので、長い間に渡って座りやすくなっています。

しかし、私たち人間は立っている時よりも、座っている時のほうが、腰に大きな負担をかけてしまうのです。

なぜなら、立っている時は上半身の体重の負担が両足で分散されていますが、座っている時は上半身の体重の負担が腰に集中してしまうからです。

そのため、座り心地がよくなっている本製品を利用する場合でも、1~2時間に1回は立ち上がって、休憩を取るようにして下さい。

製品情報の詳細

本製品の特徴や注意点を理解してもらえた所で、次に製品情報も紹介するので、このクッションを購入するべきか悩んでいる方は確認してみて下さい。

カラーバリエーション

本製品は豊富なカラーバリエーションを用意していて、ベージュ・グリーン・ネイビー・ブラウン・グレーなどがあります。

ただし、本製品は2つの生地を採用している事もあって、ツートンカラーになっているのです。

カラーは近似色になっていますが、座面が暗いトーンになっていて、側面が明るいトーンになっています。

そのため、ツートンカラーが好きな方にはおすすめのクッションですが、統一感のあるデザインが好きな方は注意して下さい。

コストパフォーマンス

本製品は、利便性と使用感が優れている事もあって、コストをかけたクッションになっています。

そのため、楽天市場では送料無料ですが、税込価格5,580円になっています(2018年4月7日時点)。

実は、日本で販売されているクッションの中には、1,000円になっている製品もあるのです。

それを考えたら、本製品は値段が安いほうではありませんが、10,000円以上で販売されているクッションもあります。

そのため、本製品はコストパフォーマンスが高いほうの製品です。

利用者たちの口コミ

本製品は魅力的なポイントが多いクッションですが、値段が少し高くなっていたので、このクッションを購入するべきか、戸惑ってしまった方は多いでしょう。

そこで、このクッションを利用している方たちの口コミも紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品を利用してみたら、その品質に満足していて、購入したものと違うカラーを購入したくなった方がいました。

そのため、デザインにこだわりたい方は本製品を数種類まで購入してみるのも悪くはありません。

さらに、本製品は優れたクッション性を誇っている事から、くつろぎたい時に利用している方もいました。

そのため、本製品を利用しながら、テレビを見たり、雑誌を読んだりしてみるのも悪くはありません。

さらに、本製品は値段が安くなっているように感じている方もいました。

そのようなケースもあるので、利用する方によっては、値段以上の価値があるように感じる可能性は高いです。

悪い口コミ

本製品を利用している方たちの中には、4ヶ月ほど利用していたら、クッションがへたってしまう場合がありました。

そのため、丁寧に取り扱わなければ、クッションがへたってしまう可能性があるので、注意して下さい。

さらに、本製品の中からビーズがこぼれてしまうケースもあったのです。

実際に、本製品はビーズを補充できる場所があるので、ビーズを補充する際には、こぼさないように気を付けて下さい。

まとめ

本製品はクッション性が優れている製品なので、底つき感を緩和できています。

そのため、腰痛の方が利用しても、腰にかかる負担を軽減できる事から、利用しやすくなっています。

ただし、耐久性はあまり優れていないクッションなので、全体重をかけて踏みつけないようにして下さい。

そうすれば、長い間に渡って、利用できる可能性は高いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション