腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

Dr.姿勢クッションで腰痛対策!リバーシブル仕様で利用しやすい?

   

低反発Dr.姿勢クッション

クッションを利用すれば、底つき感を緩和できるので、座っていても腰にかかる負担を軽減できます。

そのため、腰痛に悩んでいる方たちの多くはクッションを利用しているでしょう。

しかし、季節に対応でいないクッションは、利用しづらく感じてしまうので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『Dr.姿勢クッション』です。

このクッションは腰にかかる負担を軽減できる上に、季節にも対応できているので、その秘密に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

Dr.姿勢クッションの特徴

本製品は『リバーシブル仕様』になっていて、シーブボア面とメッシュ面があります。

この2つの面を用意しているので、季節に対応できるようになっているのです。

さらに、独特な形状になっている事から、腰にかかる負担を軽減しやすくなっているので、詳しく紹介しましょう。

シーブボア面

シーブボア面は『保温性』が優れているので、寒い冬の季節でも、お尻が冷えづらくなっています。

実際にお尻が冷えてしまえば、お尻の付近の血管が収縮してしまう事から、疲労物質がたまりやすくなってしまうのです。

そのような事になれば、腰痛が悪化する場合があるので注意しなければいけません。

実際に、春~秋にかけては腰があまり痛くならなかったのに、冬の季節になったら腰痛が悪化する場合には腰の冷えが大きく関係しています。

そのため、冬の季節に腰痛が悪化しやすい方には、優れた保温性を誇ってる本製品は、おすすめです。

メッシュ面

メッシュ面は『通気性』が優れているので、熱がクッションにこもりづらくなっています。

もしも、暑くなりやすい夏の季節に、通気性が優れていないクッションを利用していたら、お尻がムレてしまうのです。

そのような事になれば、立ち上がりたくなってしまいますが、低い位置から立ち上がろうとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうので気を付けなければいけません。

所が、本製品を利用すれば、暑い夏の季節にはメッシュ面を上側にして、寒い冬の季節にはシーブボア面を上側にすれば、1年を通して利用しやすいです。

前下がりの形状

本製品は、前下がりの形状になっている事から、背筋を伸ばしやすくなっています。

実は『猫背』になっていたら、背筋が後方に曲がってしまう事から腰に大きな負担をかけてしまうのです。

さらに『反り腰』になっている場合には、腰に角度がつきすぎるので、この場合でも腰に大きな負担をかけてしまいます。

そのため、本製品を利用して、正しい姿勢をキープできれば、腰にかかる負担を軽減しながら座る事ができるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

注意すべきポイント

本製品は腰痛対策を講じやすいクッションですが、いくつか注意すべきポイントもあります。

そこで、本製品を購入してから後悔する事がないように、どのような所を注意すれば良いのか紹介するので、見ていきましょう。

正しい姿勢をキープ

本製品は前下がりな状態なので、背筋を伸ばしやすくなっていますが、お尻が前のほうへ下がったら、姿勢が崩れてしまいます。

実際に、お尻が前のほうにズレている状態で、椅子の背もたれに寄りかかっていたら、上半身の体重の負担は腰に加わりやすくなります。

そのような事になれば、腰にかかる負担が大きくなってしまう事から、腰痛が悪化するので、注意しなければいけません。

そのため、本製品を利用する際には、お尻が前のほうへズレないようにして、座って下さい。

適度に休憩

腰にかかる負担を軽減できれば、腰痛の方でも座りやすくなりますが、長い時間に渡って座っていたら、腰が痛くなっていきます。

なぜなら、立っている時は両足によって上半身の体重は分散されていますが、座っている時は上半身の体重が腰に集中しやすくなるからです。

そのため、本製品を利用する際には、1~2時間に1回は立ち上がって、腰を休めたほうがいいです。

腰痛の症状

本製品は底つき感を緩和できますが、腰痛の症状によっては、腰の痛みが緩和されない場合があるので注意する必要があります。

実際に、腰痛の症状の中には『内臓の病気』によって、腰が痛く感じる事もあるからです。

なぜ、内臓の病気で腰が痛く感じるのかと言えば、内臓が肥大化する事によって、腰を圧迫するからです。

腰の疲労やギックリ腰であれば、自然治癒で、痛みが緩和していく事もありますが、内臓の病気は放っておけば悪化する可能性が高くなります。

そのため、腰痛になった原因を把握できない場合には、念のために病院で診察してもらったほうが良いです。

製品情報の内容

本製品の特徴や注意すべきポイントを理解してもらえた所で、次に製品情報も紹介するので、このクッションを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

カバーは洗濯可能

本製品の『カバー』は洗濯可能になっていて、清潔な状態で利用する事ができます。

もしも、洗濯できないカバーを利用していたら、クッションに熱がこもっていくうちにダニが繁殖するケースがあるのです。

ダニの中には『ツメダニ』という種類がいて、肌を刺してくる事があります。

肌を刺されてしまえば、落ち着いて座っている事ができなくなるので、腰に負担をかけてしまうのです。

そのような事態を避けるためにも、洗濯できるカバーを採用している本製品は検討してみる価値があります。

低価格なクッション

本製品は、リバージブル仕様になっているので、少し値段が高くなっているようなイメージを抱いた方は多いかもしれません。

所が、本製品は意外にもリーズナブルな価格になっていて、楽天市場では送料無料で、税込価格1,790円で購入する事ができるのです(2018年5月19日時点)。

実は、日本で販売されているクッションの中には、10,000円を超えてしまう高額な製品もあります。

そのため、値段が安くなっているクッションを探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの満足度

本製品は魅力的なポイントだけではなく、注意すべきポイントもあったので、購入するべきか悩んでしまった方は多いかもしれません。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミも紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を2ヶ月ほど利用していても、クッションがへたらなくて、満足している方がいました。

実際にクッションがへたってしまえば、底つき感が出てくるので、腰に負担をかけるようになってしまいます。

それを考えたら、本製品は長い間に渡って、腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛の方には魅力的なクッションです。

さらに本製品は、適度な硬さになっている所を気に入っている方もいました。

ただし、クッションの硬さに関しては、個人差があるので注意して下さい。

否定的な口コミ

本製品は前下がりな形状になっていて、その形状が体に合わない方がいました。

そのため、フラットなクッションでなければ、落ち着いて座れない方は注意して下さい。

さらに、本製品を2ヶ月ほど利用していてもクッションがへたらない方がいたのに対して、本製品を2日ほど利用したらクッションがへたってしまう方もいました。

このように個人差があるクッションなので、体重の重さによって、へたる期間が早まる事もあり得るので気を付けて下さい。

まとめ

本製品はリバーシブル仕様になっているので、1年を通して利用しやすくなっています。

そのため、今まで季節に対応できないクッションを利用していて、腰に大きな負担をかけていた方は、本製品に買い換えてみる価値はあります。

ただし本製品を利用しても、注意しなければ姿勢を崩してしまう事もあるので、腰痛の方は正しい姿勢をキープする事を意識して、利用してみて下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション