腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

Dr.Q 腰痛コルセットで腰を支えて腰痛対策!その効果とは?

   

Dr.Q 腰痛ベルト サポートプロ しっかり加圧タイプ 大きいサイズあり 取り外し可能 樹脂ボーン 4本配置 (M(76-87cm))

腰痛になってしまえば、腰をしっかりと固定しておかなければ、痛く感じやすいので、多くの方たちが腰用コルセットを着用しています。

しかし、どのような腰用コルセットでも、腰痛を緩和できるのかと言われたら、そうではありません。

なぜなら、数多くある腰用コルセットの中には、腰をしっかりと支えられる物もあれば、支えられない物もあるからです。

そこで、腰痛に悩んでいる方に、おすすめしたいのが『Dr.Q 腰痛コルセット』です。

この腰用コルセットは、姿勢をキープする事によって、腰を支えられるようになっているので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

Dr.Q 腰痛コルセットの特色

本製品は、しっかりと姿勢をキープしやすいだけではなく、使用感まで優れています。

そのため、腰痛に悩んでいる方でも、利用しやすくなっているので、どのような特色があるのか説明しましょう。

幅広タイプ

腰用コルセットを着用しても、腰が痛く感じやすい製品には大きな共通点があって、その一つが『幅のサイズ』です。

実は、幅のサイズが狭くなっていたら、腰の大部分をサポートする事ができないので、腰を支える事が難しくなってしまいます。

そのような事になれば、腰用コルセットを着用していても腰が痛く感じてしまうので注意しなければいけません。

所が、本製品は『幅広タイプ』になっているので、幅のサイズが約20cmもあるのです。

そのため、腰の大部分をサポートする事ができるので、腰痛に悩んでいる方には、おすすめの腰用コルセットです。

腰椎3D加圧ボーン

本製品は、腰をしっかりと支えらえるように『腰椎3D加圧ボーン』が縦方向に4本も備えられています。

この腰椎3D加圧ボーンは、腰を支えるだけではなく、腰を左右にひねっても、動きをあまり制限しないので動きやすくなっているのです。

そのため、腰痛に悩んでいても、仕事をする上で体の動きに制限を付けたくない場合には、本製品を利用してみる価値があります。

メッシュ素材

腰用コルセットを着用していれば、腰を支える事ができても、暑い夏場の季節には肌がムレてしまう事があります。

もしも、腰がムレてしまえば肌が炎症する場合もあるので、腰用コルセットの利用を続ける事が難しくなってしまうので注意しなければいけません。

特に、肌が荒れやすい方は『通気性』が優れている腰用コルセットを利用する事が大切です。

それでは、本製品はどうなのかと言えば『メッシュ素材』を採用する事によって、通気性も優れているので、暑い夏場の季節でも利用しやすくなっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛の方が抑えるべきポイント

本製品は腰を支える事ができても、腰痛の方はいくつか抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを抑えておかなければ腰痛が悪化する恐れがあるので、どのような所を抑えておけば良いのか、詳しく説明します。

腰の冷え対策

メッシュ素材を採用している本製品は、通気性が優れているのは大きな魅力ですが、冬場の季節には腰が冷えてしまう恐れがあります。

もしも、腰が冷えてしまえば、血行不良に陥ってしまうので、疲労物質がたまってしまう恐れがあるのです。

実際に、腰に疲労物質がたまってしまえば、腰痛が悪化するので、腰が冷えないように注意する必要があります。

そのため、冬場の季節に本製品を利用する際に、腰が少し冷える場合には、服を厚着して、腰が冷えないように注意してください。

尾てい骨のヒビ

腰痛には様々な種類があるので、背中付近の腰が痛くなる症状もあれば、お尻の近くにある『尾てい骨』にヒビが入ってしまう症状まであるのです。

実際に、本製品は背中付近の腰を支える事はできても、尾てい骨まで支える事はできません。

そのため、尾てい骨にヒビが入っている場合には、座る時に『円座クッション』を利用したほうが良いです。

この円座クッションは中央部分が空洞になっているので、尾てい骨が椅子や床に当たらないようにする事ができます。

座る時の姿勢

本製品を着用しながら座る際には、お尻が前のほうへズレないようにする事が重要になります。

なぜなら、椅子の背もたれに寄りかかっている状態で、お尻が前のほうへズレてしまえば、上半身の体重の負担が腰に集中しやすくなってしまうからです。

そのような事になれば、腰痛が悪化するので注意しなければいけません。

そのため、本製品を着用している時でも、座る際にはお尻が前のほうへズレないようにして、背筋をできるだけ伸ばしたほうが良いです。

本製品の基本情報

本製品が、腰を支えられる事が分かっても『サイズ』や『価格』などが気になる方も多いでしょう。

そこで、本製品の基本情報も紹介するので、参考にしてみて下さい。

サイズバリエーション

本製品は、5種類のサイズバリエーションが用意されていて、多くの方たちが自分の体に合うサイズを見つけられるようになっています。

その5種類のサイズとは、Sサイズ(58~75cm)・Mサイズ(76~87cm)・Lサイズ(83~93cm)・XLサイズ(90~107cm)・XXLサイズ(105~120cm)などがあるのです。

これだけ多くのサイズバリエーションが用意されているので、しっかりと自分の体に合うサイズを選んで下さい。

もしも、自分の体に合わないサイズを購入してしまえば、腰を支える事が難しくなってしまうので気を付けて下さい。

大感謝セール

本製品は、日本全国で40,000人以上の方が着用しているほどの人気商品で、その人気の秘密はコストパフォーマンスの高さでしょう。

実際に、本製品は、楽天市場では送料無料で税込価格2,870円にしかならないのです。

さらに、現在はメーカーが日頃の感謝を込めて、本製品を一着まで購入した場合には、もう一着を無料でプレゼントしているのです。

ただし、一着だけを注文した場合には一着しか届かないので、二着まで注文するようにして下さい。

そして、このサービスは、いつまでも行なっている訳ではないので、興味のある方は早めに楽天市場で注文したほうが良いでしょう(2018年7月31日時点)。

利用者たちの満足度

本製品はコストパフォーマンスが優れていますが「本当にそこまで魅力的な腰用コルセットなのだろうか」と半信半疑の方も多いでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

腰痛になってから運動不足になりがちな方が、本製品を着用したらウォーキングしやすくなって、満足しているケースがありました。

実際に、運動不足になってしまえば、筋力が低下する事によって、腰痛が悪化する事があるのです。

なぜなら、腰の筋肉は腰を支える働きがあるからです。

そのため、歩くだけで腰が痛くなる場合には、本製品を利用してみる価値があります(個人差があるので注意)。

否定的な口コミ

本製品を半日ほど利用しただけで、腰用コルセットの繊維が破れてしまうケースがありました。

そのため、耐久性はあまり優れていない可能性が高いので、丁寧に取り扱ったほうが良いです。

さらに本製品を利用しようとしたら、ゴムが緩すぎて伸びてしまうケースもありました。

ただし、このケースでは自分の体に合わなかった可能性が高いので、しっかりと自分の体に合うサイズを選ぶ事が重要です。

まとめ

本製品は、腰椎3D加圧ボーンを4本も備える事によって、背筋があまり丸くならないようになっています。

そのため、姿勢が崩れる事によって腰痛が悪化しやすい方は、利用してみる価値がある腰用コルセットです。

ただし、本製品の効果を過信して油断していたら、姿勢が崩れる可能性があるので注意して利用したほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団