こんな風にだれかを愛したい!と思える洋画ベスト10ランキング

第10位 「永遠の僕たち」

永遠の僕たち [SPE BEST] [DVD]

ミア・ワシコウスカの儚げで可愛らしい透明感に見入ってしまう一作!

無言でもわかり合える世界で一番の相手と、本当に無邪気に、自由に恋愛しているのです。

死と向き合いながらも、爽やかなタッチで描かれているので、良い余韻に浸れます。

第9位 「フィリップ、君を愛してる」

フィリップ、きみを愛してる! [DVD]

底抜けに明るくて、愛する事を“あきらめない”(という言い方が適切かもしれません!)、熱ーいゲイカップルの波瀾万丈人生が描かれています。

恋愛が苦しくなってしまっている時、おすすめです。

もっと自分に正直でいいんだ!

と思える映画です。

第8位 「恋人までの距離(ビフォア・サンライズ)」

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]

言わずと知れた大御所イーサン・ホークとジュリー・デルピーの、若いふたりの微妙な距離感を描いていて、むずがゆいような、恥ずかしいような、初々しさが溢れ出ています!

ふたりの会話が知的でいて、しかもユーモアがあり、終始美しく、上品な香りがただよう映画です。

第7位 「君への誓い」

君への誓い [DVD]

レイチェル・マクアダムスってなんでこんなに可愛いんでしょうか!?

天真爛漫な美大生は、彼女じゃなきゃできない役です。

記憶を失った彼女に、もう一度恋人時代に戻ってほしい彼氏…。

実話をもとにしたストーリーだそうです。

人って何かに突き動かされて生きているんだと感じる映画。

第6位 「ONCE ダブリンの街角で」

ONCE ダブリンの街角で [DVD]

音楽は人と人を繋ぐし、どんなに辛い事があっても、歌っているときはすべてを忘れさせてくれるんだな、と思います。

自分の置かれた環境関係なく、ふたりが繋がれる感動といったらもう、言葉では表しきれません。

「Falling Slowly」は、自然と涙が溢れそうなほど、心にググッと響くメロディで大好きです!

第5位 「コールド マウンテン」

コールド・マウンテン [DVD]

南北戦争で負傷した兵士が最愛の女性を追いかけ、痛む傷を押さえながら、雪山をひたすら歩き続けます。

ふたりが一緒に過ごせる時間の短さといったら、今じゃ考えられない苦しさでしょう。

どうして運命はこんなに過酷なんでしょうか…。

好きな人に会えるという事がどれほど奇跡に近いことか考えずにはいられません。

第4位 「ロスト・イン・トランスレーション」

ロスト・イン・トランスレーション [DVD]

恋愛というより、友愛という感じでしょうか。

ベタベタした恋愛映画じゃないのに、包み込まれるような不思議な優しさを感じる一作。

楽しそうに東京の夜を遊びまくるスカーレット・ヨハンソンとビル・マーレイから目が離せません!

なにかに迷っている時、私はきっと大丈夫!

と強く思える映画です。

第3位 「マディソン郡の橋」

マディソン郡の橋 特別版 [DVD]

自分のお母さんが、もしこんな秘密を持っていたら、びっくりするけど、でもきっと、お母さんの事を思いっきり抱きしめてしまうかもしれません!

とっても乙女で、キラキラしたメリル・ストリープが大好きになる映画です。

第2位 「パンチドランク・ラブ」

パンチドランク・ラブ [DVD]

主人公のバリーはとにかく変わり者で、情緒不安定で何をしでかすかヒヤヒヤするちょっぴり危険人物。

そんな彼に恋をする女性が現れ、バリーの心に変化が起こります。

純粋だけど、不器用で、でも一生懸命。

そんな彼を見守るリナ(エミリー・ワトソン)は、母性愛のような優しさで彼を見守っていて、本当にお似合いのカップルなんです!

バリーの行動はファンキーですが、コメディとしても楽しめる、痛快アクション恋愛映画(!?)です。

第1位 「奇跡の海」

奇跡の海 [DVD]

またしてもエミリー・ワトソンですが、わたしは彼女の少女のような魅力の虜になったひとりです!

この役は彼女にしか出来ないと断言できます!

信仰心が深く、純粋すぎる主人公のベスは、仕事中に負傷した夫の回復を待つうちに、夫のためにと始めた行動がエスカレートしてゆき、だんだんと自分を傷つけるようになってしまうのです。

一種の屈折した愛情を感じますが、「無私」という事について本当に考えさせられます。

相手を愛するって、自分を捨てる事なのか…ここまでしたら、夫はベスの事をコントロールしようとしてしまうんではないか…いろんな考えが頭をぐるぐるまわってしまうんですが、ひとつ言える事は、ベスには夫しかいない!

夫が人生のすべて!

という事です。

この映画を観たのは何年も前なんですが、今でも鮮明に思い出します。

ぜひぜひ、一度は観てほしい映画です。

まとめ

私のすきな映画は、どうやら、登場人物が“なりふり構っていない”キャラクターのものばかりのような気がします。

でも、恋愛ってそういうものですしね!

女性がたくましくて、輝いている恋愛映画って、観ると強くなれると思いませんか?