オススメのゴジラ邦画ベスト10ランキング

第10位 「ゴジラVSスペースゴジラ」

ゴジラVSスペースゴジラ [60周年記念版] [DVD]

1994年に公開された作品で、最終決戦の地となったのは、我が地元福岡、福岡タワーが立つ百地。

その付近を通りかかった時、「ああ!あのビルにモゲラが突っ込んだんだ(笑)」と福岡がスペゴジが作り上げた結晶体によってバトルフィールドと化したことに感慨深く思いました。

また、この作品で登場するリトルゴジラも大変可愛いです。

今でいうゆるキャラです…。

シリーズ全てに出演した小高恵美演じる超能力少女三枝未希が恋をすることも注目です。

短期間で制作したのに関わらず、よくできていたと思います。

中でもスペースゴジラは怪獣史に厳然とその存在感を示すに至りました。

福岡市美術館で8月ごろ開催されていた、ゴジラ展でもスペゴジの着ぐるみが展示され、皆さん写真を撮っていたが、映画公開から22年の時を経ても、その雄姿は皆の心に残っています。

破壊神降臨!

福岡が舞台のゴジラVSスペースゴジラ!

是非ご覧ください!

第9位 「三大怪獣地球最大の決戦」

三大怪獣 地球最大の決戦 [60周年記念版] [DVD]

1964年に公開された作品。

この作品は東宝三大怪獣スターである「ゴジラ」「モスラ」「ラドン」更に人気怪獣キングギドラの初登場の作品で怪獣映画として超豪華な作品となりました。

そのキングギドラに対抗するため、モスラにゴジラとラドンの説得を行い共闘することになります。

伊福部昭先生の壮大なる音楽が鳴り響き迫力満点の大バトルは面白い!!

エンターテイメント、娯楽に徹し抜いたこの作品!

アメリカでも人気で、リメイクされるという話もあります。

是非!

超人気怪獣!

キングギドラデビュー作品!

「三大怪獣地球最大の決戦」をお勧めです!

第8位 「モスラ対ゴジラ」

モスラ対ゴジラ 【60周年記念版】 [DVD]

1964年に公開された4作目のゴジラ作品。

ゴジラもこの作品までは昭和では悪役で、原水爆の産物というテーマをたもっています。

ゴジラとモスラの決戦は度肝を抜かれる映像となっている。

また、ドラマも大人にターゲットを絞っていた時期で人間の私利私欲という汚い部分を曝け出したドラマがある。

また、モスラや小美人が暮らすインファント島はかつては緑に囲まれた美しい島だったが、原水爆の実験により焦土と化し生態系も変わってしまった。

それにより原住民や小美人は島以外の人間を信用していないという。

その産物たるゴジラにより日本が蹂躙されるのはその報いだと島の人は言う。

しかし、星由里子が「今こうしてる間にもゴジラにより命を落としている人がいる。

その中には良い人だって必ずいる。

悪い人も生きる権利はある。」と訴える。

その誠意・熱意が通じ、モスラはゴジラに挑む!

「モスラ対ゴジラ」を是非ご覧下さい!

第7位 「シン・ゴジラ」

現在大ヒット上映中の「シン・ゴジラ」。

ゴジラというか巨大生物が日本に実際に現れたら?

という点においては、大変リアルに展開されていると思います。

そして、この映画で最も見どころと思うのは、やはり特撮シーンと伊福部昭先生の音楽を随所に絶妙なところで使っているところです。

しかし、「ゴジラ映画としてどうか?」と問われれば、あえて「ゴジラである意味は?」という疑問がありました。

ただ、「ゴジラが実際に日本に現れたらどうなるか?」ということに真正面から向き合い制作した総監督の庵野秀明らスタッフの努力には敬意を表したいと思いますし、何より興行収入70億を迫るほど大ヒットを遂げておりゴジラ映画の新時代が幕を開けようとしています。

是非・シン・ゴジラ!

是非ご覧になり!

あなたの評価を聞かせてください!

第6位 「ゴジラVSメカゴジラ」

ゴジラVSメカゴジラ 東宝DVD名作セレクション

1993年に作品で何度もビデオを借りて見たゴジラ映画!

この作品は終始全編カッコいい!!

それは、伊福部先生の音楽の力によるところが大きいと思います!!

特撮はとにかくカッコよく、ラドンとの戦闘シーンや、四日市市、とりわけメカ描写が得意という川北特撮がメカゴジラのかっこよさを演出しています!

シリーズ通して出演した小高恵美演じる超能力少女三枝未希がゴジラに対する考え方が変わり出すのも見所のひとつかもしれなません。

(それまではゴジラを倒すべき敵と考えてきたのがベビーゴジラと触れ合ったことで同じ地球に生きる生き物として捉えるようになる)そして、最大の見どころは幕張でのゴジラとメカゴジラとの決戦!

その決着に誰もが鳥肌が立ちました!

是非、「ゴジラVSメカゴジラ」をぜひ鑑賞してみてください!

第5位 「ゴジラVSキングギドラ」

ゴジラvsキングギドラ 東宝DVD名作セレクション

1991年に公開された「ゴジラVSキングギドラ」。

前作のビオランテに比べ、エンターテイメント性の高く派手な作品となっています。

キングギドラ戦、札幌襲撃、新宿でのメカキングギドラ戦など重量感溢れ見所満載だ!

特に新宿でのメカギドラ戦などど派手なバトルが展開されています。

その戦いに巻き込まれ倒壊する東京都庁はこの映画最高の見せ場のシーンです!

また、黒澤明の七人の侍などで知られる土屋嘉男さん演じる、かつて日本兵でゴジラが恐竜だった時に助けられた過去を持つ新堂会長とゴジラの再会はたいへん印象深いシーンとなっています。

本作から音楽監督となった伊福部先生の音楽の力も合間って娯楽性の高いこの作品。

当時は立ち見も大勢発生するほどの大ヒットとなりました。

是非!

この超娯楽級!

怪獣映画の王道!

「ゴジラVSキングギドラ」を楽しんでください!

第4位 「ゴジラ、モスラ、キングギドラ大怪獣総攻撃」

ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃 [DVD]

2000年以降スタートしたミレニアムシリーズの中で、下手したらゴジラ映画の中で最高傑作との呼び声も高い作品です。

この作品は一番劇場で見た作品です。

平成ガメラの金子修介が監督を務め、期待通りの大作となりました。

この作品ではゴジラを完全に悪として描き、白目のデザインで話題になりました。

主演は新山千春がキャスターを演じ、宇崎竜童が、新山千春の父親として防衛軍の准将として出てきて、この二人の親子愛が物語では展開されており涙腺を刺激された観客は多くいました。

暴れ狂うゴジラを葬らんとする防衛軍と護国聖獣と呼ばれるモスラ、キングギドラ(バラゴン?

笑)と東京への侵入を防ぐべく横浜で決戦が繰り広げられます。

迫力満点、スペクタル溢れる作品です!

シリーズ最高級の面白さです!

是非ご覧下さい!

第3位 「ゴジラVSデストロイア」

ゴジラVSデストロイア [60周年記念版] [DVD]

1995年に公開されたこの作品は、「ゴジラ死す」というキャッチコピーによっては当時大変な衝撃をもたらしました。

私がゴジラ作品の中でで最も思い入れが強い作品です。

やはりデスゴジは今見てもかっこいいです!

デストロイアはゴジラの死に物語を重点にしながらも、強烈な存在感を示しました。

昭和29年の第一作「ゴジラ」で唯一ゴジラを葬ったオキシジェンデストロイヤーがデストロイアの誕生の経緯になっています。

ゴジラは最終的に自らの暴走した核エネルギーを制御できず、メルトダウンによって死にました。

あの福島原発のニュースを目にして、この作品を思い出した人もいたことでしょう。

しかし、映画のラストは、ジュニアがゴジラの核エネルギーを全て吸収しゴジラとなって力強い咆哮を轟かせこの映画は終わりました。

ゴジラ映画史上最高の終わり方と私は思います。

是非!

ゴジラの壮絶な死をその目に焼き付けてください!

おすすめです!

第2位 「ゴジラVSビオランテ」

ゴジラvsビオランテ 東宝DVD名作セレクション

「90年正月映画NO.1宣言」と銘打って1989年に公開された「ゴジラVSビオランテ」。

この作品で一番高く評価したいのが“ゴジラ対自衛隊”を徹底して描いているところです。

カッコイイ男心をくすぐるキャラクターが出てきます!

また、ゴジラの細胞と人間の細胞とバラの細胞を組み合わせたビオランテを巡って「科学の暴走」というテーマを掲げました。

そして、本作からシリーズに出演する小高恵美さん演じる三枝未希という超能力を持った少女も登場。

そして、ドラクエでおなじみのすぎやまこういちが、音楽を担当、前作では使わなかった伊福部テーマも使いながら素晴らしい音楽を作っており耳に非常に残っています。

ゴジラ作品の中でも群を抜いて面白いこの作品は、一般映画としても十分楽しめる作品となっています。

この作品から平成ゴジラシリーズは幕を開けました。

「90年正月映画NO1!」ゴジラVSビオランテ!

是非お勧めです!

第1位 「ゴジラ(1954年)」

ゴジラ <昭和29年度作品> [DVD]

やはり堂々の第一位は昭和29年に公開された第1作のゴジラ!

改めて見ると社会派映画的側面が強い作品です。

白黒という映像と、戦争を経験した円谷英二ら制作者の力量があいまって記録映画のような映画になっています。

更に、そのゴジラを倒さんと科学者芹沢博士が開発したオキシジェンデストロイアーを使わせてくれと宝田明と河内桃子が説得するシーンは屈指のドラマとなっており、科学の暴走とそれを利用する為政者と深いテーマが語られています。

全作の中で後にも先にもこの作品を超える作品はありません。

また、60年以上、ゴジラが愛された所以であり、被爆国日本の叫びとも言える作品であります。

現在大ヒット上映中の「シン・ゴジラ」はこの第一作に最も強く影響を受けていると総監督を務めた庵野秀明は公言しています。

昭和29年公開の第一作ゴジラ!

是非オススメしたいです!

まとめ

1954年第一作公開以来60年以上の歴史を誇り、日米合わせて31作品もの作品が制作されてきたゴジラ映画。

今回、ランキング10としてまとめさせて頂きましたが、それぞれの作品に思い入れがあり、一言で語るのことが大変難しく思いましたが、それだけゴジラ映画にはほかの映画にはない魅力が溢れているのだと改めて思いました。

現在大ヒット上映中の「シン・ゴジラ」の影響によりゴジラブームが今再び巻き起ころうとしている今。

新たなファンの方たちにも過去の作品に触れてもらえれるきっかけになれば幸いです。