サスペンスホラー邦画ベスト10ランキング

第10位 「彼岸島」

彼岸島 スタンダード・エディション(本編DVD)

吸血鬼に襲われます、観たあとなんとも暗い気持ちになりました。

しかし楽しい作品でした、監督はキムデギュン。

同名コミックの映画作品です。

山本耕治が出演しています。

山本耕治は個人的に好きなので心に残りました。

第9位 「デスノート」

DEATH NOTE デスノート [DVD]

デスノートに書き込むと実際に死神にとりつかれ殺されます。

こんなノートあったら怖いなと思いながらも最後まで観てしまう魅力と魔力のある作品です。

ノートの効果が本物だと知ったときの心境に感情移入してしまい夢中で観ました。

第8位 「人狼ゲーム」

人狼ゲーム スタンダード・エディション [DVD]

狼は誰なのか、この作品は個人的に好きなのですがやはりかというほど落ち込みます。

体調不良のときはみるべきではありません(笑)作品全体通して飽きない仕上がりです。

展開も速いです、え!何これ怖い恐すぎる。

と思わせるような展開です。

第7位 「アンダルシア女神の報復」

アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション [DVD]

遺体が発見されるところから急展開するこの映画、みどころたっぷりです。

多くを語らない主人公、遺体の第一発見者、操作情報を隠そうとする黒い陰。

ハラハラさせられます、退屈な日常にスパイスほしいかたは是非みるべきです。

第6位 「MWムウ」

MW/ムウ 第0章/悪魔のゲーム [レンタル落ち]

島で島民全員が殺戮されるという強烈なスタートです、ネタバレになってしまうので多くを語りたくありませんが陰惨なる物語でありながら、人の優しさ、弱さ、嫉妬、妬み。

本当に人間って怖いし残酷だよねと納得してしまうのです。

第5位 「犬神家の一族」

犬神家の一族(2006) [DVD]

不可解な遺言状を残し他界する人物、背後にうごめく黒い陰。

スケキヨといったらこれですね、リアリティも感じさせるから不思議です。

素晴らしいクオリティーの作品。

キセルで薬物を吸い込み自殺するシーンが印象的です。

第4位 「リアル鬼ごっこ」

リアル鬼ごっこ スタンダード・エディション [DVD]

佐藤という人物が波乱に満ちた人生を送ります。

佐藤ばかり死ぬのです。

日本に最も多い佐藤さん。

佐藤さんばかり死ぬと聞いてドキッとした貴方!

佐藤さんですね(笑)わかるんですよ私には。

冗談はさておき、大変面白い作品です。

第3位 「クロユリ団地」

クロユリ団地 スタンダード・エディション [DVD]

作品全体通して暗く重いです、これぞホラーの醍醐味ですね。

私は体調不良のときや、あまり元気の無いときにホラー映画を観る癖があります。

不思議と力をもらえるんです。

次々と彼女を襲う悪魔の手による悪夢必見です。

第2位 「テケテケ」

テケテケ (1WeekDVD)

都市伝説がテーマの作品です、単純に不気味で怖いです。

日没後に現れるテケテケ、もし本当に出会ったら私なら小便を垂れ流しダップンする勢いです。

泡を吹いて倒れ込んでしまうかもしれません。

テケテケこわいですよ。

第1位 「回路」

回路 [DVD]

こちらは2001年の作品になります、魅力的な不気味さがあります。

ホラー観るからには不気味でなければ意味がありません。

昭和を感じさせるような暗い作品です、幽霊に会いたいですか?

というサイトにアクセスした人物の運命とは。

まとめ

かなりマニアックな視点で厳選しました、過去に観て記憶が薄れているのであまりあらすじには触れませんでしたが、記憶に残る作品ばかりです。

日没後に観ることをオススメします。

カーテンを閉めて暗くして一人で観なければという視点で選びました。