マニア向けスプラッターホラー洋画ベスト10ランキング

第10位 「ヒューマンキャッチャー」

ヒューマン・キャッチャー [DVD]

屈強な男達を襲うのは案山子!?

ただの案山子ではありません。

生きています。

この映画の怖いところはまさにこの生きた呪われた案山子の動きと表情です。

こんな案山子がいたら嫌だなの集大成のようなトラウマになるかもしれませんよ。

第9位 「チャイルドプレイ」

チャイルド・プレイ HDリマスター版 [DVD]

しっとりと動く人形も怖いですが、こちらの人形は物理的に襲ってくる恐怖です。

殺人鬼の魂が宿る人形、チャッキーが全力で襲ってきます。

シリーズ物で、前半は純粋に怖いのですが後半はギャグ寄りになりました。

殺害方法はどれをとっても残虐なのは変わりません。

第8位 「13日の金曜日」

13日の金曜日 特別版 [DVD]

言わずもがな。

怪人ジェイソンです。

チェーンソーで襲ってくる有名な殺人鬼ですね。

スップラッターの殺人鬼の代名詞的なジェイソンですが、本編映画を見ている人は意外と少ないようです。

本編を見てジェイソンをおさらいしましょう。

第7位 「エルム街の悪夢」

エルム街の悪夢 [DVD]

こちらも有名どころですね。

殺人鬼はフレディです。

夢の中に出てくる怪人で、ジェイソンより残虐な殺害方法を好みます。

フレディVSジェイソンも製作され、競演をはたしました。

とても楽しそうに残虐行為をするのが特徴の映画です。

公開時は眠れない子供が続出する社会現象を巻き起こしました。

第6位 「クライモリ」

クライモリ デラックス版 [DVD]

スプラッターの王道のような映画です。

残虐極まりない殺人鬼からチャラ付いた男女が逃げ惑います。

王道とは言ってもオススメするだけのしっかりした設定と安心感があります。

殺人鬼一家からどう逃げるのか、外さないお約束が上手いタイトルです。

第5位 「テキサスチェーンソー」

テキサス・チェーンソー [DVD]

悪魔のいけにえの方が有名ですが、そのリメイク作品です。

悪魔のいけにえを鮮明に作り直したものですが、鮮明な分痛々しさが伝わり思わず目を背けたくなります。

スプラッター初心者、苦手な方は注意してご覧下さい。

第4位 「ホステル」

ホステル 無修正版 コレクターズ・エディション [SPE BEST] [DVD]

胸糞系の拷問ジャンルといえばこちら。

ひたすら胸糞悪くなる醜悪で秀逸な拷問系の映画です。

女性を拷問したい変態金持ちサディストが待ち構えます。

怖いのは拷問するのが普通の人である点にあります。

怪物はどこにでも居る人間というのがリアルな恐怖を伝えます。

第3位 「マーターズ」

マーターズ(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]

リメイク版もありますが、断然オリジナル版を推します。

あまりに痛々しいので最後まで見る事ができないかもしれません…耐性が無い人には絶対に勧められません。

マニア向けのランキングです!

未だに謎が残る苦しい映画です。

レイティング指定は無いですが、自分の子供なら20歳までは見せたくないと思います。

第2位 「ソウ」

SAW ソウ DTSエディション [DVD]

一作目が最高にオススメです。

ネタバレ厳禁!

何も調べずに見て下さい。

映画でここまで鳥肌が立ったのは初めてです。

かなり有名ですが、見ていない方は是非とも見ていただきたい映画です。

痛い描写もありますが、少し位苦手な方でも見れると思います。

第1位 「ファイナルデスティネーションシリーズ(デッドコースター)」

デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2 [DVD]

シリーズ物ですが、特に2作目が設定もしっかり出来上がってて面白いです。

あらすじなどは有名にもなったのでご存知の方も多いと思います。

見所は何といっても死に方でしょう。

殺人鬼などは一切居ない、不運が重なりに重なってとんでもない事故につながる、ピタゴラスイッチのような連鎖がゾクゾクします。

まとめ

洋画好きのためかなり気合をいれて思い出していました。

完全に主観が入ってはいますが、自信を持ってマニアにオススメできるタイトルだと思います。

有名どころはもう知ってらっしゃる方がほとんどだとは思いますが、もしまだ見ていないタイトルがあれば是非チェックして欲しいと思います。