心に響く感動の洋画ベスト10ランキング

第10位 「忘れられない人」

忘れられない人 (ベストヒット・セレクション) [DVD]

心臓に病を抱える青年演じるクリスチャン・スレーターの儚い笑顔、本当に美しいです。

ふたりが楽しそうに過ごす日々が見終わった後も何度もフラッシュバックする、美しくも悲しい、とても純粋なラブストーリーです。

第9位 「君に読む物語」

きみに読む物語 スペシャル・プライス [DVD]

認知症で記憶を失くした妻のために、夫が、二人の愛し合った日々を読んで聞かせる、という、このうえなく切ないお話。

老いても変わらぬ究極の愛を描いた、とても素晴らしい物語です。

涙なくしては見られません。

素敵です。

第8位 「マイ・フレンド・フォーエバー」

マイ・フレンド・フォーエバー [DVD]

主人公とHIV感染者の少年との友情を描いた名作です。

治療法を見つけようと懸命になる少年の姿が健気です。

しかし相手はエイズウイルス……。

悲しいけれど、すがすがしく、美しい友情を描いた物語。

これは必見です。

第7位 「タイタニック」

タイタニック (字幕版)

大ヒットした超有名作。

船上を舞台に繰り広げられる美しい悲恋の映画です。

映画の進行と同時にどんどんはまっていくこと間違いなし。

長編ですが、長さがそれほど気にならないくらい熱中できるほど。

恋愛モノがちょっと苦手な私でも大満足の一本です。

第6位 「A.I」

A. I. (字幕版)

やりきれない気持ちになる物語です。

見るたびに悲しい気持ちになります。

でも、ひたむきな主人公に胸を打たれます。

だからつい何度も見てしまいます。

最初から最後まで、切ない気持ちでいっぱいになってしまう映画です。

第5位 「フィラデルフィア」

フィラデルフィア (字幕版)

トム・ ハンクス主演。

差別や偏見を題材に扱った映画です。

強く戦う人々の姿に魅了されます。

この映画を見るたびに「強く生きる」とはどういうことかについて深く考えさせられてしまいます。

じっくり何度も見たい珠玉の名作。

第4位 「ビューティフルマインド」

ビューティフル・マインド (字幕版)

苦悩する天才数学者を描いた、実話をベースとした作品です。

追い詰められて精神的に壊れていくナッシュを支える、妻アリシアの深い愛。

見るたびに、「これほどまでに誰かを支えられるだろうか」と考えてしまいます。

第3位 「パーフェクトワールド」

パーフェクト・ワールド(字幕版)

ケビンコスナーが演じるのは、脱獄犯のブッチ。

悪役です。

しかし、物語が進むうちに、とても彼が悪党だとは思えなくなってくるのです。

何度見ても、いまだに涙なしでラストシーンを迎えることが出来ません。

感動の映画です。

第2位 「ガタカ」

ガタカ (字幕版)

夢をかなえるために懸命に努力する主人公の姿、涙なしでは見られません。

近未来的な映像が非常に美しいです。

そして、衝撃のラスト。

最後まで見どころだらけの映画です。

見るたびに大泣きしてしまう感動の映画です。

第1位 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (字幕版)

9.11を題材にした映画です。

これ、本当に素晴らしいです。

ぐいぐい物語に引き込まれます。

実は内容を知らず、偶然見た映画でした。

しかし、あまりの良さに、その後に何度も何度も繰り返し見ました。

予備知識なしで見ることをお勧めします。

まとめ

少し古めの映画からチョイスしました。

思い出して、懐かしく、また胸が熱くなりました。

また見たくなった作品ばかりです。

恋愛映画がそれほど好きではないのだな、と改めて自分に対して思いました。

名作だらけで選びきれなかったです。