料理系のおすすめの洋画ベスト10ランキング

第10位 「スティーヴとロブのグルメトリップ」

スティーヴとロブのグルメトリップ [DVD]

料理系というよりは仲のいい二人がおいしいものを食べながら雑談しているという映画、というよりはドキュメンタリー的な作品です。

イギリス各地の一流レストランの絶品料理が出てきて、見ていて楽しいですし、中年コメディアン2人組のたわいもない話が笑えます。

グルメ系の本を書いている人たちはこういうリッチな暮らしをしているんでしょう。

うらやましいです。

第9位 「幸せのレシピ」

幸せのレシピ 特別版 [DVD]

2001年のドイツ映画「マーサの幸せレシピ」を、アメリカでリメイクした作品です。

シナリオは大体予想がつくものの、女性シェフが題材になっているものは少なく、シェフを目指す女性の方にお勧めの映画です。

また仕事で男性が多い仕事場で、男性に負けないよう、姪っ子の面倒もみながらも頑張るの女性の姿に勇気づけられます

第8位 「ソウル・キッチン」

ソウル・キッチン [DVD]

ドイツにある大衆レストランの話です。

人気があったレストランのシェフがいなくなり、色々問題を抱え、衰退していきます。

いくら人気があっても、料理がまずいと客が減るのはどこも同じです。

そんな中、酒好きだけれど才能があるシェフのおかげで何とか持ち直しますが、また色々問題が起きてうまくいきません。

シェフなしではだめ、才能のあるシェフだけではレストラン経営はできず、飲食業の大変さを描いた映画だと思います。

第7位 「ショコラ」

ショコラ [DVD]

この映画に出ている女優陣の演技に圧倒される作品です。

さすが本を映画化だけあって、どの登場人物のキャラクターもきちんと設定してあり、見ごたえがありました。

本も読んでみたいと思いました。

チョコレートについて学べますし、今度チョコレートを食べるときは、色々考えてしまいそうです。

この映画を観おわった後、とてもハッピーな気持ちになれて、いい映画と巡り合えてよかったと思いました。

第6位 「ディナー・ラッシュ」

ディナーラッシュ スペシャル・エディション [DVD]

ニューヨークにある大人気イタリアン・レストランを舞台にした映画で、レストランの裏方がよく見え、賑わっているようすが描かれています。

しかし、ただの料理系の映画でなく、殺人事件が起こり、サスペンス映画に早変わりします。

大人気のレストラン、親子の複雑な関係、サスペンス、色々ありな映画で楽しめます。

第5位 「二ツ星の料理人」

二ツ星の料理人 [DVD]

内容はさほど珍しいものでもなかったけれど、主演のラッドリー・クーパーがかっこよかった。

また料理や食材を綺麗に写し、芸術的な料理を創作する過程を時間をかけて魅せていてまるで料理番組を見ているかのようです。

更にたくさんのレストランのインテリアや、料理の盛り付けなども楽しめます。

美しい料理好きの私は完全にこの映画に引き込まれました。

第4位 「フライド・グリーン・トマト」

フライド・グリーン・トマト HDマスター [DVD]

とてもよく構成された作品です。

初めから終わりまで釘づけになってみてしまいます。

老人によって語られる彼女の悲しくも笑える人生のストーリー。

この映画は、女性差別、主婦の抱える悩み、老人問題など、さまざまな現実問題を考えさせられる、かなり奥深い作品です。

最後には主人公も、見ている人も勇気づけられるお薦めの映画です

第3位 「レミーのおいしいレストラン」

レミーのおいしいレストラン [DVD]

料理を題材にしたアニメで、キャラクターの表情を通して、ここまで見る人に味を伝える表現ができるのはすごいと思います。

ネズミはレストランのキッチンでは一番嫌がれる存在ですが、料理が得意。

映画には見た目や階級(=ねずみ)にとらわれず、自分の持っている才能を生かすためにがんばれは、きっと認められるという思いが込められいます。

この映画を見て、本当の自分を見つめなおして、何が好きなのかを考え直してみようと思いました。

第2位 「ジュリー&ジュリア」

ジュリー&ジュリア [DVD]

実話を基にした映画です。

1960年代に人気となった料理研究家ジュリアが出版したフランス料理本を今の時代に生きるジュリーが、1年で本の全部の料理を作り、ブログに載せます。

素人ながらにがんばっているところや、思いついた事をとことんやり続けたジュリーは本当にすごいと思いますし、見習いたいです。

出てくる料理もおいしそうで、食べてみたい料理がたくさんありました。

第1位 「めぐり逢わせのお弁当」

めぐり逢わせのお弁当 DVD

英語以外の映画が見たくなり、第66回カンヌ国際映画祭国際批評家週間観客賞を受賞したということでレンタル屋でおすすめされていたので借りてみました。

インドを舞台に、インドの弁当配達システムを題材にした映画です。

他にはないジャンルで、とても面白いと思います。

若い人妻と孤独な男の人との弁当を通じた交流の話で、とても心が温まります。

お礼の手紙が空の弁当に入っているなんて素敵です。

頑張っている自分を認められ、ありがとうと言われるだけでずいぶん救われるものです。

大すきな映画です!

まとめ

料理系の映画はさほどないですが、知らない間にたくさん見ていることに気づきました。

料理の内容だけではなく、いかに料理とストーリとが上手に結びついているかという理由でランキングを作りました。

あまり知られていないものが多いですが、おすすめの映画を色々な人に見てもらいたいと思います。