洋画ランキング

第10位 「GODZILLA(2014)」

ハリウッドが実質二作目に制作したゴジラ映画。

しかし、1998年にインデペンデンズデイのローランド・エメリッヒ監督が撮った映画はゴジラではなかった(笑)あれは巨大イグアナ映画であっ ...

洋画ランキング

第10位 「メカニック」

南米コロンビアの麻薬王が自宅プールで暗殺されますが事故死と判断されるところからスリリングな展開になります。

ジェイソンステイサムが出演していますけど彼はド派手なアクション大得意ですから期待通り暴力三 ...

邦画ランキング

第10位 「南極物語」

生まれて初めて見た映画がコレでした。

実話をもとに作られています。

南極に置き去りにされた兄弟犬タロとジロと、観測隊員が再開する物語です。

犬好きには泣けて仕方がない映画です。 ...

邦画ランキング

第10位 「エロス+虐殺」

完全版で見ると三時間半を越えるという大長尺の前衛的映画。

過去と現代のふたつのパートのうち、現代パートが今見ると古臭くなっていて、正直退屈します。

ただ大杉栄の三角関係を描いた過去の部 ...

邦画ランキング

第10位 「私が棄てた女」

遠藤周作の原作は後半で異様な展開を見せ、軽いタッチの小説なのに不思議な深い感銘があります。

そこを浦山桐郎は全く無視しているので、原作を先に読んでいると不満が残ると思います。

ただ、宗 ...

邦画ランキング

第10位 「舞妓Haaaan!!」

今回の邦画ベスト10ランキングの第10位は阿部サダヲ主演の「舞妓Haaaan!!」にさせていただきました。

もちろん阿部サダヲの既に出来上がってるキャラも良いんですけど、何よりあの(個人的 ...

邦画ランキング

第10位 「アンドロメディア」

当時人気アイドルグループだったSPEEDメンバーが総出演の映画でした。

演技力は………な感じではありますが(笑)今と違ってアイドルってあまりいない時代に飛び出してきた少女達で、速攻で観にいった ...

韓国ドラマランキング

第10位 「馬医」

トンイやイ・サンの監督、イ・ビョンフン監督の作品です。

イ・ビョンフン監督作品は、長編でも全く飽きさせない魅力があると思います。

悲運な子供時代を送った主人公が、いろいろな困難にぶつかり、一つ ...

アニメランキング

第10位 「ぼのぼの」

映画ぼのぼのからの名言です。

ぼのぼのが「楽しいことはどうして終わっちゃうの?」とスナドリネコさんに質問した際、彼は「苦しいことも終わるためだよ」と答えます。

何かが終わっていくことは非常 ...

アニメランキング

第10位 「ガルフォースETERNALSTORY」

OAVの作品です。

後に劇場公開されたかもしれません。

が、私が見たのはOAV。

戦う女の子たち7人が可愛くて気になって、レンタルショップまで自転車 ...

洋画ランキング

第10位 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」

この映画でビルナイは主人公の海賊、キャプテン・ジャック・スパロウの宿敵を演じています。

幽霊船の冷酷非情な船長を演じるビルナイですが、演技が素晴らしいだけの ...

洋画ランキング

第10位 「リンカーン」

スピルバーグの黒澤好きは有名で、アクターズ・スタジオ・インタビューでも「新しい映画を撮影する前に必ず「七人の侍」を見直す」と語っていました。

この「リンカーン」は一見黒澤作品とは何の関係もなさそうな ...

アニメランキング

第10位 「機動新世紀ガンダムX」

1996年に放送され、私の初のリアルタイムであったガンダム作品。

主人公ガロード・ランがヒロインティファ・アディールに恋をし、彼女を守るためにがむしゃらに戦っており、他の作品よりも現実的な ...

洋画ランキング

第10位 「レインマン」

仲良くない二人が旅を続けるうちに親しくなるというのは、「或る夜の出来事」という名作がありますが、この「レインマン」は近年の代表作といえるでしょう。

最初はダスティン・ホフマンの演技が大げさに思えます ...

洋画ランキング

第10位 「戦場のピアニスト」

クラシック音楽がすきな母親に進められて観た映画です。

他の映画に比べ、残酷なシーンが多く、普段はあまり見ないタイプの映画ですが、観終わって母が進めた理由がよくわかりました。

フラン ...

洋画ランキング

第10位 「ミザリー」

テレビの連続ドラマを見ていて、早く続きが知りたいと思った経験は誰でもあるでしょう。

そういう一種の飢餓感が高じて精神的におかしくなるというのは、ファン心理としてはありがちなのかもしれません。

洋画ランキング

第10位 「サンタクローズ」

サンタクロースとしての役割を受け継ぐ事になった男性の波乱万丈なストーリーを描いたコメディ映画です。

子供たちはこの映画を見て、サンタクロースの大変さについて考えることができるでしょう。

洋画ランキング

第10位 「シンプル・シモン」

ウェーデンの作品と聞いただけでお洒落な映画という気がしてしまう。

主人公シモンは、SFと物理が大好きだけど、自分の意図しないことが起きてしまうとついつい自分だけの“ロケット”にこもり、宇宙に飛 ...

洋画ランキング

第10位 「パッション」

メル・ギブソンが私費を投じて製作した自主映画。

監督主演男優ともに熱心なクリスチャンで、毎日祈りを捧げた上で撮影に望んだそうです。

血みどろの描写が特徴で、そこが批判も呼びましたが、ギブ ...

洋画ランキング

第10位 「街の灯」

チャップリンはトーキー時代に入ると天才ぶりに陰りが見えて、「ライムライト」など評判が高いのですが、今見ると退屈な思いがします。

しかし、サイレント時代の諸作はいずれも傑作秀作で、特にこの「街の灯」はその ...

アニメランキング

第10位 「スピードグラファー」

アンダーグラウンド的なアニメだと思ってみていたけど、ラストに向けては色々と考えさせられる作品だった。

自身も兄妹がいるが、あそこまでの精神状況になれるかと言われれば無理!

きっと ...

洋画ランキング

第10位 「アイ,ロボット」

ウィル・スミス主演で、巨匠アイザック・アシモフの『われはロボット』を原作としたフルCGのロボット・アクション映画。

『われはロボット』といえば「ロボット工学三原則」が有名ですが、そんな、人間に都 ...

邦画ランキング

第10位 「ザマジックアワー」

三谷作品は好きで、大体見ています。

有頂天ホテルで出ていた佐藤浩一のコメカルさに三谷監督が惚れて、『次はこの人を主役にして映画を作ろう』と思って出来たのがこの作品だそうです。

佐藤 ...

洋画ランキング

第10位 「ロッキー」

「頭が良くないなら、体で勝負」という発想が男らしくていいですね。

その腕節の強さで、自分がどこまで行けるかを証明するロッキー。

負け犬の遠吠えで終わらない、体を張った存在証明が美しいです。 ...

アニメランキング

第10位 「俺物語」

とにかく、たけお君も凛子ちゃんも可愛くて2人の純粋すぎる恋愛にニヤニヤしてしまうシーンがたくさんあります。

凛子ちゃんがたけお君の為に作ってくるお菓子が毎回美味しそうで、是非とも食べてみたいと思います。 ...

洋画ランキング

第10位 「ポセイドン」

1972年の「ポセイドンアドベンチャー」のリメイクとして、2006年に公開。

豪華客船が沈没し、4000人近くの乗客が死亡。

生き残った人々が、なんとか助かろうとする姿を描いた映画です。 ...

洋画ランキング

第10位 「GODZILLA」

あまりにも有名な日本の怪獣「ゴジラ」のリブート映画。

リブートなので特にオリジナルとの連続性はありません。

見た目もかなり本家とは異なっていますが、やっぱりゴジラは強いのでした。

洋画ランキング

第10位 「ネバーエンディングストーリー」

いわずと知れたSFの名作中の名作。

この作品を見てファルコンに乗って冒険を夢見た人は数知れず!

当時、こんな世界に行ってみたいと思わせてくれた作品です。

当 ...

韓国ドラマランキング

第10位 「僕の妻はスーパーウーマン」

これは初めて見た韓国ドラマですが、主婦の立場で見たので、なんだかとても楽しめました。

家庭、仕事、恋愛、夫婦、いろんな日々の出来事の中で、一生懸命生きていく女性の強さに憧れます。

アニメランキング

第10位 「攻殻機動隊Stand Alone Complex」

スタイリッシュさでは間違いなく1位ですが、あえてこのランキングでは10位にさせていただきます。

それはこの作品があまりにもスタイリッシュさが広く受け入れられてし ...

洋画ランキング

第10位 「スティーヴとロブのグルメトリップ」

料理系というよりは仲のいい二人がおいしいものを食べながら雑談しているという映画、というよりはドキュメンタリー的な作品です。

イギリス各地の一流レストランの絶品料理が出てきて、見 ...

アニメランキング

第10位 「桜trick」

このアニメが好きな理由は私は原作を読んで気に入ったからです。

この作品の中で私が特に印象付けられたのは、主人公とその友達の深い深い友情によって培われた絆が作品内にこもっていることです。

洋画ランキング

第10位 「スクール・オブ・ロック」

バンドを首になったロックミュージシャンが子供たちの音楽先生になります。

だからロックの学校なのですね。

主演のジャック・ブラックが最高です。

映画「ハイ・フィディ ...

邦画ランキング

第10位 「じょしらく」

落語家の女の子たちのアニメなのですが、その登場キャラの中でも大好きなのが「暗落亭苦来」ちゃんです。

黒髪に目がすこしうつろ。

触覚みたいな毛が飛び出ておりとにかく不幸キャラでかわいいです ...

洋画ランキング

第10位 「カッコーの巣の上で」

言わずと知れた名作で精神病院を舞台としたジャック・ニコルソンの代表作。

主人公のマクマーフィーが精神病患者との交流を通して様々な友情や事件を繰り返すのだが、一番のテーマは1960年代に実際に ...

洋画ランキング

第10位 「フィレーネのキライなこと」

初めてオランダの映画を観たのがこの作品でした。

恋が長続きしない女の子が、この人!

と思う人に出会うわけです。

それなのにわがままばかりで、その彼にも去られかけ ...

邦画ランキング

第10位 「青の炎」

まだ初々しい二宮少年が、映画界で本格デビューした作品。

そのはかなげな姿、苦悩を秘めたたたずまいがたまらない。

こんな少年が近くにいたら、思わず抱きしめてやりたくなる。

とっても ...

洋画ランキング

第10位 「デモリションマン」

シルヴェスター・スタローン主演。

冷凍睡眠で眠りについた「壊し屋」の異名を持つ刑事が、時空を超えて犯罪者を追う物語。

暴力や犯罪のない、コンピューターによって管理された「クリーン」 ...

洋画ランキング

第10位 「クレイマー、クレイマー」

ダスティン・ホフマン主演。

マンハッタンを舞台にした家族の物語。

妻が家を出たことにより、戸惑いながらも息子との暮らしを作り上げていく主人公の姿が感動的です。

こ ...

洋画ランキング

第10位 「ミニオンズ」

先に「怪盗グルーの月泥棒」という作品を見ないと少しわかりずらいかもしれませんが、ほとんどミニオン語です。

昔あった「言葉のない絵本」的な感覚で見ているだけで楽しめます。

中盤少し飽きてく ...

洋画ランキング

第10位 「ひまわり」

戦争から帰らない男を待ち続ける女。

外国の地まで訪ねていくと、男には新しい家庭があったというメロドラマです。

出来心とか浮気とか、そういう軽はずみなところは一切ありませんが、結果的には奥さ ...

アニメランキング

第10位 「はたらく魔王さま!」

魔王が人の世界で働くという少し変わったお話ですが、結構ラブコメしてて面白かったです。

戦闘中にコントみたいなことが起きたりとハチャメチャ感がとても好きです。

魔王のくせに一生懸命 ...

アニメランキング

第10位 「エスパーマミ」

藤子不二雄では少しマイナーかもしれませんが、好きでした。

実際にテレビで放送されていたのは、少しの間だけかもしれません。

やはりこどもと言うのは、超能力への憧れ‥と言うよりも、いつか超 ...

洋画ランキング

第10位 「ブルックリンの恋人たち」

この作品でミュージシャンを演じているのが、現実でもミュージシャンであるジョニー・フリンです。

当然かもしれませんが、やはり歌がうまい!

カントリーやフォークミュージックが好き ...

洋画ランキング

第10位 「ぼくの大切なともだち」

友達というのは作ろうとするものではなく、自然とできるものだと再確認しました。

フランス映画らしく、それを説明せずとも伝わる流れもよかったです。

うま~く人物が絡んでいく展開が観 ...

邦画ランキング

第10位 「ポテチ」

濱田岳が演ずる今村も不思議な役で印象的ですが、この作品の見所はなんといっても大森南朋さんが演ずる黒澤ではないでしょうか、シリアスな演技の中にコミカルな雰囲気をかもしだす黒澤から目が離せない作品になっています。

洋画ランキング

第10位 「ウェディング・プランナー」

この映画を見てはじめてウェディング・プランナーという仕事を知った人も多いと思います。

結婚式を支えるこの職業の魅力が描かれていて、結婚式の裏事情について知らなかったことが多くて、新鮮で ...

洋画ランキング

第10位 「死霊館」

PG12指定。

有名な超常現象研究家が、「もっとも邪悪で恐ろしい事例」と評した、1971年に起こった事件をもとに描かれています。

確かにこれが現実に起こった物語なら怖すぎます。

...

邦画ランキング

第10位 「劇場版仮面ライダー555パラダイス・ロスト」

TV編とは設定の違うパラレルワールドでの仮面ライダー555を描いた作品です。

オルフェノクという新たな人間形態に変化した者たちが、普通の人間である者達を排除する世界。 ...

洋画ランキング

第10位 「ミクロキッズ」

二組の男女入り混じりのきょうだいが、仲良く冒険する様子をうらやましく思いました。

動物(虫だったか?)と心を通わせるシーンも、子ども映画ならではだと思います。

お正月に家族で観たのが忘 ...