腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

JIM-DRIVE JD-2 座椅子で背中を強力にサポート!

   

Mission Praise(ミッションプライズ) シートクッション ジムドライブ(JIM-DRAIVE)JD-2 色:グリーングレー

座椅子に座っていたら、時間が経過していくうちに姿勢が崩れてしまう方は多くいます。

実際に姿勢が崩れてしまう原因はいくつかありますが、そのうちの一つが背もたれの形状です。

背もたれの形状がフラットになっていたら、ゆるやかなカーブになっている背筋にはフィットしないので、姿勢が崩れやすいのです。

ところが『JIM-DRIVE JD-2 座椅子』であれば、ウエストパッドを利用する事によって、正しい姿勢をキープしやすいので、本製品について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

JIM-DRIVE JD-2 座椅子の特色

Mission Praise(ミッションプライズ) シートクッション ジムドライブ(JIM-DRAIVE)JD-2 色:グリーングレー<

本製品は正しい姿勢をキープしやすいだけではなく、デスクチェアーだけではなく車のシートにも利用できるようになっています。

さらに安定感も優れているので、腰にかかる負担を軽減できるので、本製品の特色について紹介するので、確認してみて下さい。

ウエストパッド

多くの座椅子は背もたれがフラットになっていますが、本製品の場合には背もたれに『ウエストパッド』を装着させる事によって、背もたれの中央近くが出っ張っている形状になります。

このような形状になっている事から、S字カーブと呼ばれる姿勢をキープできます。

このS字カーブとは、腰から背中にかけて、お腹のほうへ背筋が曲がっているのです。

実際にS字カーブになっていなければ、私たち人間が歩いている時に、足を地面に着地させた時の衝撃が腰に加わりやすくなります。

そのため、S字カーブをキープしやすいのは、本製品の大きな魅力です。

車のシートでも使用可能

日本で販売されている座椅子は進化していき、畳やフローリングの床で利用するだけではなく、デスクチェアーの上に設置して利用できる商品も販売されるようになりました。

しかし、椅子のシートに敷いて利用できる商品は少ないのです。

なぜならボリュームのあるクッションまたは座椅子を椅子のシートに敷いたら、座面が高くなってしまうので、車を運転しづらくなってしまうからです。

ところが、本製品の厚みは40~60mmしかないので、車のシートに敷いて利用する事もできます。

実際に車は振動しやすい事から、腰やお尻に大きな負担をかけてしまいます。

そのため、車に乗っている時にお尻や腰が痛くなりやすい方は、車のシートにも利用できる本製品はおすすめです。

ストラップ付き

車のシートやデスクチェアーに座椅子を敷く場合には、座っている間に座椅子がズレてしまう時があります。

そこで本製品の裏面には『ストラップ』をつける事によって、位置ズレを抑えられるようになっているのです。

車のシートに着用する場合には、まず片方のストラップをヘッドレストとシート本体の間にかけます。

それから、もう片方のストラップはシートの背もたれと、座面の境目のあたりにかけて固定します。

そしてデスクチェアーに着用させる場合には、クロス状になっているストラップを背もたれの裏側に、同じようにクロス状にかけていけば良いのです。

このように着用させれば、安定した状態で本製品を利用する事ができます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

注意すべきポイント

本製品は魅力的なポイントの多い座椅子ですが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

そのポイントを知らなければ、お尻が痛くなったり、姿勢が崩れてしまうので、詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

ボリューム

本製品はボリュームがあまりない事から、車の椅子のシートにも利用できるようになっていますが、底つき感を抱きやすくなっています。

なぜなら座椅子のボリュームが足りない場合には、腰が座面に少しでも沈み込んでしまえば、底つき感を抱きやすいからです。

そのため、座っている時にお尻が痛く感じやすい場合には、本製品を利用していたら、腰が痛く感じてしまう可能性が高いので注意して下さい。

適度な休憩

本製品はウエストパッドを備えている事から、正しい姿勢をキープしやすくなっている事から、長い時間に渡って座り続ける事ができます。

ただし、長い時間に渡って座っていたら、腰に大きな負担をかけてしまうので、注意しなければいけません。

なぜ、座っている時に腰にかかる負担が大きいのかと言えば、立っている時は上半身の体重は両足によって分散されますが、座っている時は上半身の体重が腰に集中しやすいからです。

そのため、本製品を利用する際には、1~2時間に1回は立ち上がって休憩を取るようにして下さい。

お尻の位置

本製品は、S字カーブをキープしやすくなっていますが、お尻の位置がズレてしまえば意味がありません。

実際に腰の位置が、本製品の背もたれと座面の境目の所に接しておかなければ、お尻が前のほうへズレた状態になります。

そのような姿勢では背中が丸くなった状態なので、ウエストパッドがあってもS字カーブをキープする事は難しいのです。

そのため本製品を利用する場合には、お尻が前のほうへズレないように注意して下さい。

商品情報の詳細

本製品の特色や注意点を分かってもらえたところで、次に本製品の商品情報も紹介するので、この座椅子を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

デザイン性

本製品は背もたれにウエストパッドを備えているので、好みの分かれるデザインをしています。

しかし本製品の本体部分とウエストパッドは豊富なカラーバリエーションを用意していて、セピアオレンジ・ゴールドキャメル・グリーングレー・ディープブラック・ミラノレッド・オリーブグリーン・チャコールブラウン・チェリーピンク・ワインレッド・メタルブルー・ミッドナイトブルー・レモンイエローなどがあります。

このように豊富なカラーバリエーションが用意されているので、あなたの好みに合うカラーが用意されている可能性は高いです。

コストパフォーマンス

本製品はS字カーブをキープしやすい形状をしている上に、豊富なカラーバリエーションを用意している事もあって、値段が少し高くなっています。

実際に楽天市場では送料無料で、税込価格9,800円もするのです(2018年2月3日時点)。

実は、日本で販売されている座椅子の中には、5,000円前後で販売されている商品は、数多くあります。

そのため、値段の安くなっている座椅子を探している方は、本製品を購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。

利用者たちの口コミ

本製品は魅力的なポイントが多い座椅子ですが、値段が少し高くなっていたので、購入するべきか悩んでしまったかもしれません。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、この座椅子を購入するべきか、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品を利用している方で、ウエストパッドがある事で、背中をしっかりとサポートできる所を気に入っているケースがありました。

そのため、フラットな背もたれの座椅子では、身体に合わない場合には、本製品を検討してみる価値があります。

さらに本製品の厚みはそれほどないのに、あまりお尻が痛くならなくて満足している方がいました。

実際に本製品の座面はクッション性が優れているので、ある程度まで座面の薄さをカバーする事ができるのです。

悪い口コミ

本製品は特殊な形状をしている事から、自分の身体に合わなくて不満を抱いている方がいました。

さらに本製品は、デスクチェアーや車のシートなどに固定できますが、その座椅子からお尻が滑ってしまう方がいたのです。

実際に座椅子本体が滑らなくても、お尻が滑ってしまえば意味がないので、使用する際には注意して下さい。

さらに値段が高すぎる所を気になってしまう方もいたので、利用する方によって値段以上の価値があるようには思えない可能性もあるので気を付けて下さい。

まとめ

本製品は値段の高い座椅子なので、値段の安い座椅子を購入したくなった方は多いかもしれません。

しかし値段の安い座椅子を利用して、姿勢が崩れてしまっては腰痛になってしまう可能性があるので注意しなければいけません。

そのため、値段が高くてもウエストパッドを備えている本製品を利用して、正しい姿勢をキープする事は重要です。

ただし本製品と併用できない車のシートやデスクチェアーなどもあるので注意して下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子