腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

JIM-DRIVE JD-3 座椅子は車のシートでも併用可能!

   

Mission Praise(ミッションプライズ) シートクッション ジムドライブ(JIM-DRAIVE)JD-3 色:ゴールドキャメル

車を運転している時は、振動してしまうので、正しい姿勢をキープする事が難しい方は多くいます。

実際に崩れた姿勢のままで、車のシートに座っていたら、腰に大きな負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

所が『JIM-DRIVE JD-3 座椅子』を併用すれば、車のシートに座っている時でも、正しい姿勢をキープしやすくなっているのです。

そこで姿勢が崩れやすい方のために、この座椅子について紹介するので、確認してみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

JIM-DRIVE JD-3 座椅子の特色

本製品は座椅子なのに、様々な活用法がって利便性が高くなっています。

さらに正しい姿勢をキープしやすい構造になっているので、多くの方たちが利用しやすくなっているので、本製品の特色について詳しく紹介します。

様々な活用法

多くの方たちは座椅子と言えば、畳やフローリングの床に設置するようなイメージを抱いているでしょう。

しかし本製品の厚みは40~60mmしかないので、車のシートにも設置する事ができるのです。

車のシートに、ボリュームのあるクッションや座椅子を設置したら、座面が高くなってしまうので、運転しづらくなってしまいます。

そのため、ボリュームがあまりない本製品であれば、車を運転しやすくなっています。

弾力のある座面

座椅子に座っている時に正しい姿勢をキープできない理由はいくつかありますが、そのうちの一つとして座椅子の『弾力性』が挙げられます。

実は、弾力性のない座椅子を利用していたら、腰が座面に沈み込んでしまうので、腰に体圧が集中しやすいのです。

そのような事になれば、腰が痛くなりやすいので、正しい姿勢をキープする事が難しくなってしまいます。

そこで本製品は『ラミウレタン』を採用する事によって、高い弾力性を実現しました。

そのため、腰が沈み込みやすい座椅子やクッションでは、正しい姿勢をキープする事が難しい方には、本製品を利用してみる事をおすすめします。

ウエストパッド

私たち人間は四足歩行から二足歩行へ進化してきた経緯があって、背筋は『S字カーブ』と呼ばれる複雑なカーブになっています。

S字カーブになっていれば、腰の部分は湾曲している事からバネの役割を果たしてくれているのです。

実際に、腰がバネの役割を果たしてくれる事によって、歩いている際に地面へ足を着地させた時の衝撃を緩和してくれているのです。

ただしフラットな背もたれになっている座椅子では、S字カーブをキープする事は難しいので、注意しなければいけません。

そこで本製品は背もたれに『ウエストパッド』と呼ばれる背当てを備える事によって、腰の部分を後方から押してくれます。

そのため本製品を利用していたら、S字カーブをキープしやすくなっているのです。

ベルト付き座椅子

デスクチェアーであれば、車のような振動がないので、座っている時に注意すれば、お尻がズレる事がありません。

しかし車は振動してしまうので、注意して座っていても、お尻がズレてしまう事があるのです。

所が本製品にはベルトが付けられているので、腰を固定させる事ができるのです。

そのため、車に本製品を装着させたら、振動しても正しい姿勢をキープしやすくなっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰を固定するメリット

本製品のベルトを利用すれば、腰を固定する事ができるので、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで本製品を購入しようと考えている方のために、どのようなメリットがあるのか紹介するので、見ていきましょう。

お尻の位置ズレを抑制

本製品のベルトを利用しなければ、お尻が前のほうへズレてしまうケースがありますが、お尻がズレた場合のデメリットについて詳しく知っている方は少ないでしょう。

実はお尻が前のほうへズレてしまえば、お尻ではなく腰で座るような姿勢になってしまいます。

そのような事になれば、上半身の体重の負担はお尻ではなく、腰に集中するようになるので、最悪のケースでは腰痛になってしまう可能性があるのです。

腰痛になったら、座椅子に座るだけでも腰が痛く感じてしまうので、本製品のベルトを利用するメリットは大きいです。

骨盤を立たせて使用

姿勢の悪い方が座椅子に座った場合には、骨盤が寝てしまう事があります。

もしも骨盤が寝ている状態で座っていたら、骨盤が傾いて姿勢が崩れてしまうので注意しなければいけません。

実際に骨盤が前傾したら反り腰になってしまって、骨盤が後傾した場合には猫背になってしまうのです。

反り腰や猫背などは、腰に大きな負担をかけてしまうので、腰痛になる可能性は高くなってしまいます。

そこで本製品のベルトを利用して、骨盤を立たせた状態で座る事は重要なポイントです。

商品情報の内容

本製品の特色やメリットを分かってもらえた所で、次に本製品の商品情報も紹介するので、この座椅子を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

カラーバリエーション

正しい姿勢をキープしやすい座椅子でも、自分の好みの合わないデザインをしている商品であれば、購入したくない方は多いでしょう。

そこで本製品は、4種類ものカラーバリエーションを用意していて、ゴールドキャメル・セピアオレンジ・グリーングレー・ディープブラックなどがあります。

ゴールドキャメルは味わいのあるデザインなので、高齢の方におすすめです。

そしてディープブラックやグリーングレーは落ちついたカラーなので男性に好まれやすいカラーですし、セピアオレンジは鮮やかなカラーなので女性に好まれやすいカラーをしています。

このように豊富なカラーバリエーションを用意しているので、デザインにこだわりたい方にも、本製品はおすすめです。

高額な座椅子

本製品は座り心地・デザインともに優れている座椅子なので、コストがかけられています。

そのため、高額な値段で販売されていて、楽天市場では送料無料ですが税込価格13,800円もするのです(2018年2月4日時点)。

実は、日本で販売されている座椅子の中には、5,000円以下で販売されている商品はいくつもあります。

それを考えたら、値段の安くなっている座椅子を探している方は、本製品を購入するべきか慎重に検討したほうが良いです。

利用者たちの使用感

本製品は魅力的なポイントが多い座椅子ですが、値段が高額になっていたので、この座椅子を購入するべきか悩んでしまったかもしれません。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、どのような使用感になっているのか確認してみて下さい。

それが分かれば、高額な値段でも購入するほど価値があるのか分かるはずです。

好意的な口コミ

本製品はラミウレタンを採用している事から、この座椅子に座っていたら、あまり腰が疲れなくて満足している方がいました。

そのため、腰が疲れやすい座椅子を利用している場合には、本製品に買い換えてみる価値はあります。

さらに、本製品にはベルトが備えられている事から、腰を固定する事ができて満足している方がいました。

否定的な口コミ

本製品の写真をHPの画像で確認してみて、自分の椅子のサイズに合うと思って、購入した方がいました。

所が、本製品を自分の椅子に敷いてみたら、イメージしていたよりも小さく感じてしまったのです。

実際に本製品のサイズは、幅460×奥行400×高さ400mmになっているので、自分の椅子に合うサイズなのか確認してから、購入したほうが良いです。

さらに本製品に座ってみたら、あまりホールドされていないように感じるケースもありました。

この辺りは本製品の厚みが薄くなっている事が大きく関係しているので、注意したほうが良いです。

まとめ

本製品は背当てが備えられている事から、S字カーブをキープしやすくなっています。

そのため、S字カーブをキープできなくて、姿勢が崩れやすい方は本製品を検討してみる価値があります。

さらに本製品はデスクチェアーだけではなく、車のシートにも設置できる座椅子なので、車に乗っている時に姿勢が崩れる方にもおすすめです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子