腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

JIMU fab ジムの2種類のクッションを紹介!腰痛の方は必見

   

ジスクリエーション 骨盤クッション ジム 美姿勢サポートクッション 38×34×9cm ビーンズ JM-15001

日本では数多くの方たちが腰痛に悩まされていて、正しい姿勢をキープしていないで腰痛になる方が多いです。

そのためクッションを利用して、正しい姿勢をキープする方が多くいます。

しかし、腰に負担をかけてしまう姿勢はいくつかパターンがあるので、1つのクッションでは対策を講じる事が難しいのです。

そこで『JIMU fab ジム』の2つのクッションを紹介するので、腰痛に悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛の方に嬉しいポイント

JIMU fab ジムには『JIMU ジム 美姿勢サポートクッション』や『JIMU fab ジム 骨盤ホールドクッション』などのクッションがあって、それぞれサポートする部分が違います。

そこで、この2つのクッションの特徴について紹介するので見ていきましょう。

JIMU ジム 美姿勢サポートクッション

ジスクリエーション 骨盤クッション ジム 美姿勢サポートクッション 38×34×9cm ビーンズ JM-15001

JIMU ジム 美姿勢サポートクッションは、左右が膨らんでいて、真ん中の部分が凹んでいるような形状になっています。

そのためJIMU ジム 美姿勢サポートクッションの上からお尻をのせれば、お尻をしっかりホールドしてくれるのです。

そのため正しい姿勢をキープしやすくなっているのです。

さらにお尻側のほうが高くなっていて、足に向かって低くなっているので、安定した状態で座りやすくなっています。

もしもお尻が安定しないで、姿勢が崩れてしまえば、腰に負担をかけてしまうので腰痛が悪化する可能性があります。

そのため長い間に渡って座っていたら、お尻の位置がズレやすい方は、JIMU ジム 美姿勢サポートクッションはおすすめです。

JIMU fab ジム 骨盤ホールドクッション

ジスクリエーション 骨盤クッション ジム 美姿勢サポートクッション 38×34×9cm リーフ JM-15001

JIMU fab ジム 骨盤ホールドクッションは瓢箪(ひょうたん)のような形をしているクッションで、お尻ではなく腰のほうを支える商品です。

その使用方法は、椅子の背もたれにJIMU fab ジム 骨盤ホールドクッションを横方向に立てかけて、そこへ腰を当てるようにします。

このようにして座れば、お尻が前のほうへズレるのを抑える事ができます。

もしもお尻が前のほうへズレてしまえば、腰で座っているような姿勢になってしまうので、腰痛が悪化する場合があります。

そのため、お尻が前のほうへズレやすい方は、JIMU fab ジム 骨盤ホールドクッションはおすすめです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

豊富なラインナップ

JIMU fab ジムの2つのクッションが、腰痛の方でも利用しやすくても、気に入ったデザインがなければ利用したくない方は多いでしょう。

そこで2つのクッションのデザインについて紹介するので、確認してみて下さい。

JIMU ジム 美姿勢サポートクッション

ジスクリエーション 骨盤クッション ジム 美姿勢サポートクッション 38×34×9cm ビーンズ JM-15001

JIMU ジム 美姿勢サポートクッションには、6種類のデザインが用意されていて、ペタル・コスモス・ウォーターリーフ・リーフ・ビーンズ・ファーなどがあります。

ペタルはひし形のようなレッド系のマークがいくつも並べられていて、コスモスは淡いオレンジとピンクのマークが並べられています。

ウォーターリーフは水を連想させるようなデザインで、リーフは葉っぱが何枚も描かれているデザインです。

そしてビーンズは油彩画の点描を連想させるようなデザインで、ファーは粉雪のようなホワイトのデザインをしているのです。

このように様々なデザインが用意されているので、あたなが気に入るデザインを見つけられる可能性は高いでしょう。

JIMU fab ジム 骨盤ホールドクッション

JIMU fab ジム 骨盤ホールドクッションにも、JIMU ジム 美姿勢サポートクッションと同じデザインが用意されています。

そしてJIMU ジム 美姿勢サポートクッションは正方形に近い形状をしていますが、それに比べてJIMU fab ジム 骨盤ホールドクッションはコンパクトなサイズになっているので、小さなクッションのほうを好む方には、JIMU fab ジム 骨盤ホールドクッションのほうがおすすめです。

骨盤を傾けない事が重要

JIMU fab ジムの2つのクッションを利用すれlば、骨盤の傾きを抑えられます。

しかしJIMU fab ジムに頼りすぎていたら、骨盤が傾いてしまう事があります。

そこで骨盤が傾いた時の影響や矯正する方法などを紹介するので、見ていきましょう。

骨盤が前傾した場合

骨盤が前傾になっていたら、腰痛に悩まされるだけではなく下半身太りにもなってしまいます。

そのためダイエットしても、下半身だけが痩せない方は、反り腰になっていないか確認する事が重要です。

反り腰になってしまえば、骨盤が歪んでリンパや血液の流れが悪くなってしまいます。

そうなってしまえば、下半身に老廃物が溜まるようになるので、下半身に悪い影響を与えてしまうのです。

さらに反り腰はお尻が垂れる原因にもなるので、ヒップラインに気を付けている女性は、反り腰にならないようにする事が重要です。

骨盤が後傾した場合

骨盤が後傾した場合には猫背になりやすくて、猫背は反り腰よりも大きない問題があります。

それは椅子に座っている時に、お尻が前のほうへズレやすいという問題です。

なぜなら猫背は背中が丸くなっている状態なので、背中が背もたれに接触していたら、お尻は前のほうへズレている状態で座ってしまいます。

そのような状態は腰で座っているだけではなく、尾てい骨が座面に当たってしまうので、腰痛になる可能性は極めて高いです。

そのような様々なデメリットを考えたら、猫背も注意しなければいけません。

骨盤を矯正する場合

骨盤は前後どちらのほうへ傾いても、腰に悪い影響を与えてしまいます。

そのため、骨盤が傾いている場合には、ストレッチや筋トレなどを行う方法が有効です。

ただしストレッチや筋トレで改善できる場合もあれば、できない場合もあります。

そのため自分で筋トレやストレッチを行うだけでは、不安な場合は、病院で医師に診てもらったほうが良いでしょう。

腰痛になるケース

腰痛になるケースは、骨盤の傾きだけではなく、様々なケースがあります。

そのため腰痛になっている原因を把握した上で、腰痛の対策を講じる事が重要なので、詳しく紹介しましょう。

ぎっくり腰

会社の仕事中に腰痛になってしまうケースで多いのが、中腰で重い物を持ち上げとした場合です。

このような状態で重い物を持ったら、物の重さが腰に大きな負担をかけてしまうので、注意しなければいけません。

そのため重い物を持つ時には、しっかりとしゃがんだ状態で物をつかんで、ゆっくりと足の力だけで立ち上がって下さい。

そうすれば、腰にかかる負担を抑える事ができます。

可能であれば、重い物は台車に乗せて移動させれば、腰にかかる負担はさらに低減できるでしょう。

筋肉疲労

重い物を持とうとして腰痛になった場合には、腰痛になった原因が分かりやすいでしょう。

所が、疲労がたまる事によって腰痛を発症する事もあって、こちらのケースでは腰痛になる原因が分かりづらいので注意しなければいけません。

実際に疲労がたまっていけば、疲労物質がたまるようになってしまうので、腰痛になるケースがあるのです。

そのため、適度に休憩をしながら、疲労物質がたまらないようにして下さい。

内臓の病気

多くの方たちが、最も意外に思うのが、内臓による病気で腰痛になるケースです。

内臓による病気は外部から影響とは関係がないので分かりづらいです。

そのため重い物を持った訳でもなく、疲労がたまっている訳でもなかったら、病院で診てもらったほうが良いでしょう。

そうすれば、内臓に病気があるのか確認する事ができるはずです。

まとめ

JIMU fab ジムの2つのクッションを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

それぞれサポートする場所が違うので、あなたが腰痛になっている原因が分かっていれば、どちらのクッションを利用すれば良いのか分かるはずです。

そしてJIMU fab ジムのクッションを利用しながら、病院で診てもらって、骨盤の傾きや内臓に異常がないのか確認したほうが良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション