電子辞書ってこんなに便利

このサイトは、電子辞書を中心とした情報提供を行っています。

*

電子辞書は必要ないと思っていたのですが(感想、レビュー)

   

海外旅行

電子辞書ってかなり前から、PCが普及する前から世間に出ていましたが、あまり使用する気にはなれませんでした。

と言うのも紙の辞書も家には何種類もありましたし、特に普段辞書を引くようなことも無く、必要も無いのに買うことも無いかと思っていたのです。

その認識がある旅行で180度転換したのです、電子辞書って便利なものなのですね。

人気の電子辞書おすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

海外旅行の前に

海外旅行は好きですし、英語だったら日常会話くらいは出来るのであまり問題はありません。

ただし念のため何時も、英和和英の小さな辞書を持っていくことにしていました。

紙の辞書って本当に薄い紙ですので重くも無く、使わないことの方が多かったのですが、邪魔にもならなかったのでスーツケースの隅っこに何時も入れていたのです。

その時の旅行前に、ある友人と会う機会があったのですが彼女が「良かったら使って」と言って渡してくれたのが、今も使用している電子辞書だったのです。

いやいや、紙の辞書があるから大丈夫、と固辞したのですがあっても邪魔にならないだろうと言われ、ありがたく頂いたのでした。

せっかくなのでその電子辞書、何時もの辞書の代わりにスーツケースの隅っこに、はやはり怖いので手荷物の隅に入れていくことにしました。

人気の電子辞書おすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

旅行中に活躍

この時の旅行で、いささかホテルの部屋に問題があって、部屋を変えてもらおうと折衝したのですが、さすがに私の英語力ではきつくなってきた時、この辞書の存在を思い出したのです。

携帯やPCの打ち込みはやっていましたので、小さなキーボードでも打ち込みは問題なく出来て、そうしたら単語だけでなく文例も出てくれましたので、これは便利と早速使わせてもらいました。

おかげで部屋のトラブルも解決できて、これは使える奴かもしれないとしみじみ思ったのでした。

もでまあ、普段の生活ではさして必要もないだろうし、旅行の時だけでも活躍してもらおうとその時にはまだそう考えていたのです。

通常の仕事でも活躍

普段の生活ならばPCもありますし、スマホや携帯でも簡単な辞書は使えるので、電子辞書の出番はそうそうないだろうと思っていたのです。

大体現在仕事などでも手書き自体が殆どありませんので、辞書で単語とか漢字を調べると言うこと自体が激減しているのですから、まあ電子辞書は閉まっておこうと思ったのです。

しかし何しろ軽くて場所を取らない電子辞書、しかも正直なところ焦って辞書を引く時などの打ち込みが、携帯やスマホよりずっと打ち込みやすいと言うのも魅力だったので、何となく仕事用のバッグに入れておいたのですが、これが役に立ったのなんのって活躍してくれました。

例えば取引先との折衝の時に、英単語が頭に浮かばなかった時この辞書がサクッと単語を引き出してくれたことが、本当に何回あったことか。

私生活でも活躍中

正直私生活では、必要いだろうと高をくくっていたのですが、必要でした辞書。

住んでいるマンションの自治会などのアンケートに、ひと言書き入れたりする時に漢字の度忘れが結構多いのですが、電子辞書が手元にあるとそんな時即調べることが出来て、ストレスが激減しました。

まああまり頼り過ぎて、思い出すと言う頭の機能が退化するのも困りものなのですが、ストレスが減ると言うことは大歓迎です。

意外と私生活でも辞書って、手元にあれば便利に使えると思い知ったのも事実です。

まとめ

普通の辞書とPCとスマホで充分、そう思っていたのは本当の事なのですが、何しろ使ってみて初めて解る便利さでした。

普通の辞書より軽くてかさばらない、PCを一々起動させなくても済む、スマホより断然打ち込みしやすいので急ぎの打ち込みも大丈夫。

これらの利点が、電子辞書の最大の長所ですね。

欠点はやはり、頭を使わなくなると言うことでしょうか。

でもあの時、電子辞書をくれた友人には、今でも感謝しています。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子辞書