腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

MLILYエムリリー 三つ折マットレス 敷き布団で腰痛対策!

   

腰痛におすすめ 【MLILYエムリリー】三つ折マットレス 敷き布団 優反発&高反発の二層構造 シングル 厚さ8cm

日本で販売されている敷き布団には『高反発タイプ』と『低反発タイプ』などがあります。

この2つのタイプは、身体に合う場合もあれば、合わない場合もあるのです。

そのため、どちらの敷き布団を購入するべきか、悩んでしまう方は多いでしょう。

そこで、おすすめしたいのが優反発を実現した『MLILYエムリリー 三つ折マットレス 敷き布団』です。

本製品であれば、高反発タイプや低反発タイプのデメリットがない事から、腰痛の方でも利用しやすくなっているので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

MLILYエムリリー 三つ折マットレス 敷き布団の特徴

本製品は『優反発』を実現しているだけではなく、その他にも特徴的なものがいくつもあります。

そこで、本製品を詳しく知りたい方のために、どのような特徴があるのか紹介するので、確認してみて下さい。

優反発を実現

私たち人間が、敷き布団で横になって眠ろうとしたら、ある程度まで敷き布団に身体が沈んでいきます。

そこから反発力の強さによって、身体が元の位置に戻っていく動作が変わっていくのです。

その時に、高反発タイプや低反発タイプは、身体に負担をかけやすいので、注意しなければいけません。

所が、本製品は『次世代ウレタンフォーム』を採用する事によって、人肌のような柔らかい感触で、ゆっくりと反発していくのです。

そのため、身体にかかる負担を軽減できるので、腰痛に悩まされている方には、おすすめの敷き布団です。

二層構造

本製品は、多くの方たちが利用できるようになっていて、その秘密は『二層構造』にあります。

実は、この敷き布団の上層は『優反発フォーム』で、下層は『高反発オープンセルフォーム』になっているのです。

この高反発オープンセルフォームは、通気性が優れているので、敷き布団に湿気が溜まりづらくなっています。

そのため、敷き布団が湿っぽくなりづらいので、あまり寝苦しく感じません。

実際に寝苦しい敷き布団を利用していたら、必要以上に寝返りを打ってしまうので、腰に負担をかけてしまいます。

それを考えたら、通気性が優れているのは本製品の大きな魅力です。

肌触りの良いカバー

寝苦しく感じてしまう敷き布団は、通気性だけではなく『カバー』も大きく関係しています。

なぜなら、肌がチクチクするようなカバーを採用している敷き布団を利用していたら、暑い夏場の季節でも半袖や短パンのパジャマを着用する事が難しくなってしまうからです。

そのような事になれば、暑苦しく感じてしまう事から、寝苦しくなって、必要以上に寝返りを打ちやすくなります。

そこで、本製品はなめらかなカバーを採用していて、あまり寝苦しく感じないようになっているのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

本製品を利用する重要性

本製品は優反発を実現していますが、高反発タイプと低反発タイプのデメリットについて、分からない方は多いでしょう。

そこで、2つのタイプのデメリットについて紹介するので、それが分かれば、本製品を利用する重要性が理解できるはずです。

高反発タイプ

高反発タイプは、反発力が強くなっている事から、敷き布団が硬い傾向があります。

そのため、重くなっている腰が敷き布団にあまり沈み込まないので、腰に体圧が集中しづらいのです。

もしも、腰が敷き布団に沈み込んで、腰が痛く感じてしまえば、腰痛が悪化する恐れがあるので注意しなければいけません。

そのため、肥満体型の方であれば、腰が沈み込みづらい高反発タイプの敷き布団を利用するメリットはあります。

ただし、敷き布団が硬くなっている事から、腰に刺激を与えてしまうので、睡眠の質が低下する恐れがあるのです。

低反発タイプ

低反発タイプは、反発力が低くなっている事から、あまり腰に刺激を与えないで済みます。

そのため、腰痛の方でも利用しやすくなっていますが、肥満体型の方は腰が敷き布団に沈み込みやすいので、注意しなければいけません。

逆に言えば、体重が軽い方であれば、腰にあまり刺激を与えない低反発タイプの敷き布団は、身体に合う敷き布団です。

ただし、敷き布団を購入した時に体重が軽くても、その後に体重が増えてしまえば、腰が沈み込んでしまうので注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、体重に影響されづらい本製品は、おすすめです。

注意すべきポイント

本製品は、腰痛でも利用しやすい敷き布団ですが、いくつか注意すべきポイントがあります。

そこで、本製品を購入してから後悔する事がないように、どのような所を注意すれば良いのか、紹介するので見ていきましょう。

メンテナンス

本製品は優反発を実現していますが、敷き布団は利用していくうちにへたっていくので、腰が沈み込みやすくなります。

そこで、敷き布団のへたりを抑えるために、定期的に敷き布団の向きを変えて、重くなっている腰を支える部分を変えて下さい。

そうすれば、敷き布団のへたりを抑えやすくなります。

ただし、へたりを抑えられても、利用できる期間は限られているので、腰が沈み込みやすくなったら、買い換えたほうが良いです。

サイズバリエーション

本製品は、豊富なサイズバリエーションを用意していて、セミシングル・シングル・セミダブル・ダブルなどがあります。

4種類のサイズは、奥行195×高さ8cmは全て共通していますが、幅だけが違っているので注意しなければいけません。

実際に幅のサイズは、セミシングルは80cm・シングルは97cm・セミダブルは120cm・ダブルは140cmになっています。

一人で利用する場合には、体格が小さい方であればセミシングルでも狭く感じませんが、体格が大きい方であれば、シングルまたはセミダブルを利用したほうが良いです(個人差があるので注意)。

そして、二人で共有する場合には、ダブルを選んだほうが良いです。

高額なマットレス

本製品は、優反発を実現している事もあって、コストをかけた敷き布団になっています。

実際に、Amazonでは送料無料で税込価格が、セミシングルは24,818円・シングルは26,978円・セミダブルは33,458円・ダブルは39,938円になっているのです。

実は日本で販売されている敷き布団の中には、10,000円以下になっている製品があります。

そのため、値段が安くなっている敷き布団を探している方は、本製品を購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。

利用者たちの口コミ

本製品は腰痛でも利用しやすい敷き布団ですが、注意すべきポイントも多かったので、この敷き布団を購入するべきか、悩んでしまった方は多いでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミも紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品は優反発を実現している事もあって、寝心地がよくなっていて、満足している方が何名もいました。

実際に、寝心地がよければ睡眠の質をキープしやすくなります。

私たち人間は、眠る事によって、身体の疲れを取っています。

そのため、本製品を利用して睡眠の質をキープできれば、腰にあまり疲労が溜まらなくなるのです。

さらに、本製品を敷き布団として利用するでのはなく、ベッドの上に敷いて利用している方もいました。

実際に本製品は、マットレスとしても利用できるので、洋室しかない家へ引っ越しても、本製品の利用を続ける事ができます。

悪い口コミ

本製品は三つ折りタイプになっている事から、溝の部分が動いて、身体が痛く感じてしまうケースがありました。

そのため、寝相の悪いが本製品を利用したら、身体が痛く感じやすいので、注意して下さい。

さらに、本製品を利用してみたら、敷き布団が柔らかすぎて、不満を抱いている方もいたのです。

そのため、硬めの敷き布団を利用している方は、本製品を利用するべきか、慎重に検討したほうが良いです。

まとめ

本製品は、優反発を実現しているので、あまり身体に負担をかけない敷き布団になっています。

そのため、腰痛の方でも利用しやすくなっているので、高反発タイプと低反発タイプなどが身体に合わない場合には、本製品を利用してみる価値があります。

ただし、本製品は三つ折りタイプになっている事から溝が動いてしまうケースがあったので、注意して下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団