腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

MOGU 授乳クッションをソファとして活用!産後の腰痛におすすめ

   

MOGUマタニティ ママ マルチウエスト 本体(カバー付) 104949

待望の赤ちゃんを出産した時は、多くの女性たちにとって、幸せを感じられる瞬間でしょう。

しかし産後は、多くの女性たちが腰痛に悩まされるようになります。

そこで、おすすめしたいソファが『MOGU 授乳クッション』です。

このソファは、ソファや授乳クッションとして使用する事ができて、腰にかかる負担を軽減する事ができるので詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

MOGU 授乳クッションの特徴

MOGU 授乳クッションは腰痛の方でも利用しやすくなっていて、様々な特徴があります。

そこでMOGU 授乳クッションを詳しく知りたい方のために、どのような特徴があるのか紹介するので、確認してみて下さい。

パウダービースを採用

腰痛に悩んでいる時に硬いクッションを利用したら、腰が痛く感じてしまいます。

所がMOGU 授乳クッションは『パウダービーズ』を中材として採用しているので、身体を包み込んでくれるほど柔らかいソファになっているのです。

このパウダービーズはビーズになっていますが、小さなサイズになっているので、パウダーのように柔らかくなっています。

そのため、硬いソファを利用していたら腰が痛く感じてしまう方には、MOGU 授乳クッションはおすすめです。

高い保温効果

腰痛で悩んでいる方は、腰の血行を良くする事が重要になります。

なぜなら腰やお尻などを冷やしてしまえば、血管が収縮してしまうので、血行が悪くなってしまうからです。

腰やお尻などの血行が悪くなってしまえば、疲労物質が溜まりやすくなるので、腰が痛く感じてしまいます。

産後の腰痛は、妊娠や出産を経る事によって、骨盤が拡がったり歪んだりする事が大きく関係しています。

所が、腰が冷えてしまえば、新たな原因で腰痛が悪化する可能性があるので注意しなければいけません。

しかしMOGU 授乳クッションを利用すれば、ビーズの機密性の高さによって、保温効果を発揮する事ができるので腰を温める事ができます。

様々な活用法

MOGU 授乳クッションの大きな特徴として、様々な活用法がある所が挙げられます。

MOGU 授乳クッションは商品名ではクッションとありますが、MOGU 授乳クッションを上側から座れば、ソファのように使用する事ができます。

さらにMOGU 授乳クッションの上に、赤ちゃんを乗せれば授乳クッションとして使用する事ができますし、MOGU 授乳クッションを枕として使用する事まで可能です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

産後の腰痛対策に重宝できるソファ

MOGU 授乳クッションは、産後の腰痛対策に重宝できる機能が3つ備えられています。

そこで、産後の腰痛に悩んでいる方のために、どのような機能が備えられているのか詳しく紹介しましょう。

耐圧分散

産後は骨盤が安定していないので、耐圧分散できないクッションやソファに座ってしまえば、腰が痛く感じてしまいます。

所が、MOGU 授乳クッションのパウダービーズは、体重が加わる事によって、身体を包み込むように流動します。

そのためMOGU 授乳クッションは耐圧分散できるようになっているので、骨盤が不安定になっていも、腰にかかる負担を軽減されているように感じる事ができるでしょう。

授乳クッション

MOGU 授乳クッションは商品名の通りで、授乳クッションとして使用する事ができますが、初めて出産した方は授乳クッションを利用する重要性が分からないでしょう。

実は、授乳クッションを利用しないで、赤ちゃんに授乳しようとしたら腰に大きな負担をかけてしまうのです。

なぜなら授乳クッションを利用すれば、赤ちゃんの高さの位置を調整する事ができるので、腰にかかる負担を軽減できるからです。

そのため授乳で、腰が痛く感じてしまう場合には、MOGU 授乳クッションを利用してみる価値があります。

腰をホールド

産後は骨盤が安定していないので、腰を安定させる事が重要になります。

そこでMOGU 授乳クッションをカウチソファとして使用すれば、腰をホールドする事ができるので、ある程度まで腰を固定する事ができます。

腰が固定されたら、骨盤もある程度まで安定する事ができるのです。

ただしMOGU 授乳クッションを利用しても、骨盤の歪みを治す事はできないので、このソファだけに頼らないほうが良いでしょう。

腰痛対策のポイント

MOGU 授乳クッションは腰痛対策を講じる事ができますが、このソファだけではなく、ストレッチを行ったり骨盤ベルトの併用なども行ったほうが良いです。

そこで産後の腰痛対策について紹介するので、確認してみて下さい。

ストレッチ

MOGU 授乳クッションを利用している最中は、ある程度は骨盤が安定できますが、筋力が低下しているままでは骨盤は不安定な状態になっています。

そこで、おすすめなのがストレッチを行う事によって、腰まわりの筋肉を鍛える事です。

特におすすめなのが、枕を足に挟んで、軽くスクワットをする方法です。

ただし、このストレッチを行う時には、MOGU 授乳クッションを利用しなように注意して下さい。

なぜならMOGU 授乳クッションは少し大きめのサイズなので、ストレッチには不向きなので気を付けて下さい。

骨盤ベルト

日本には様々な骨盤ベルトが販売されていて、骨盤をある程度まで安定させる事ができます。

骨盤ベルトを利用すれば、外出中でも骨盤をホールドしてくれるので、産後の腰痛に悩んでいる方にはおすすめです。

実際にMOGU 授乳クッションは家の中でしか利用する事ができないので、外出中でも骨盤をホールドしたい場合には、骨盤ベルトの併用も考えたほうが良いでしょう。

MOGU 授乳クッションの口コミ

MOGU 授乳クッションはソファや授乳クッションなどに使用する事ができるので、今まで使用してきた通常タイプのソファとは違うので、少し不安に感じてしまう方もいるでしょう。

そこでMOGU 授乳クッションを利用している方たちの口コミを紹介するので、このソファを購入するべきか参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

MOGU 授乳クッションを利用している方で、少しサイズが大きいように感じるケースがありました。

そのため小さめのソファを探している方は注意したほうが良いでしょう。

そしてMOGU 授乳クッションを利用していたら、へたってきて、不満を抱いてしまう方もいました。

そのため耐久性はあまり優れていないので、長い間に渡って使用したい方は、このソファを購入するべきか慎重に検討したほうが良いでしょう。

そしてMOGU 授乳クッションの生地が伸びてしまう方もいたので、生地の耐久性もあまり優れていないので、取り扱いには注意したほうが良いです。

良い口コミ

赤ちゃんに授乳する際に、MOGU 授乳クッションを利用したら、便利に感じた方がいました。

この辺りはMOGU 授乳クッションを利用して、赤ちゃんの高さの位置を調整できるのが効いているのでしょう。

そしてMOGU 授乳クッションは様々な活用法があって、お昼寝の枕や、背中に当てるクッションとして利用している方もいました。

このように様々な活用法があるので、腰痛に悩まされなくなった後でも重宝する事ができるソファと言えるでしょう。

まとめ

MOGU 授乳クッションは、通常タイプのソファとは違うので、最初に使用する際に戸惑ってしまうかもしれません。

しかしソファだけではなく、授乳クッションとして活用する事ができるので、産後の腰痛に悩んでいる方は重宝できるでしょう。

ただし産後の腰痛は、ソファだけに頼っていいたら、いつまでも腰痛に悩まされてしまうので注意して下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ