腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

MyeFoam 高反発 敷き布団で腰痛対策!その魅力は硬さ?

   

MyeFoam 新世代健康マットレス ダブル 高反発 三つ折り 寝返りサポート 体圧分散 快適睡眠 腰楽 底付なし 140x200x3cm コンパクトに畳んで収納できる 持ち運び便利 通気性抜群 防ダニ 抗菌 おりたたみ 洗える 高密度30D 硬め200N

敷き布団は、マットレスに比べたらボリュームが足りない製品が多いので、腰痛の方には利用しづらいイメージを抱いている方は多いでしょう。

所が、数多くある敷き布団の中には『MyeFoam 高反発 敷き布団』のように、ボリュームの足りなさをカバーして、腰痛でも利用しやすくなっている製品もあるのです。

そこで、本製品が腰痛でも利用しやすくなっている秘密について紹介するので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

MyeFoam 高反発 敷き布団の寝心地

本製品が腰痛でも利用しやすくなっているのは、こだわりのある生地を採用している上に、ボリュームがあまりないからです。

腰痛の方たちは「ボリュームがないから、腰が痛くなるのではないか」と思ってしまうかもしれませんが、これにはある仕掛けがあるので、詳しく紹介しましょう。

高反発フォーム

本製品はボリュームがあまりない敷き布団ですが『高反発フォーム』を採用していて、高い反発力を誇っているのです。

そのため、身体があまり沈み込まないようになっているので、腰に体圧が集中しづらくなっているのです。

そのような特徴があるので、ボリュームが足りない敷き布団を利用して腰が痛く感じる方でも、本製品であれば高反発によって寝心地がよくなります。

そのため、腰痛で睡眠の質をキープする事が難しい方は、本製品を試してみる事をおすすめします。

軽量タイプ

ボリュームのあるマットレスや敷き布団を利用したら、底つき感を緩和する事はできます。

そのため、腰痛の方はボリュームのあるマットレスや敷き布団を利用するメリットは大きいです。

ただし、敷き布団は体温や寝汗によって、湿気が溜まりやすくなってしまうので、押入れへ上げて湿気対策を講じる必要があります。

その時に、ボリュームのある敷き布団を利用していたら、重くなっている事から押入れへ上げようとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうのです。

マットレスでも、湿気対策のために立てかけようとしたら、同じように腰に負担をかけてしまいます。

所が、本製品は3cmしか厚みがない事から、重さが3.0kgしかないので、あまり腰に負担をかけないで湿気対策を講じる事が可能です。

他の寝具と併用

本製品のように軽量タイプであれば、湿気対策を講じやすいのですが、多くの方たちが心配してしまうのは寝心地でしょう。

実は、本製品は薄いタイプなので、他の寝具と併用する事が可能です。

そのため、今まで利用している寝具が薄い場合でも、本製品を併用する事によって、ボリュームアップできます。

さらに、2つの寝具を併用する事によって、重さを二分できるので、湿気対策を講じる時も身体にあまり負担をかけないで済むのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

身体の沈み込みを抑えるメリット

本製品は高反発フォームを採用している事から、身体の沈み込みを抑える事ができるので、いくつかメリットを得る事ができます。

そのメリットは腰痛の方には魅力的なポイントになるので、詳しく紹介しましょう。

寝返りの打ちやすさ

身体があまり沈み込まなければ、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなるので、腰にかかる負担を軽減できます。

自転車の運転を思い出せば分かりやすいかと思いますが、平坦な道に比べて坂道でペダルをこいだほうが、辛く感じてしまうでしょう。

それは敷き布団でも同じ事が言えて、隣が高くなっていないほうが寝返りを打っても腰にかかる負担を軽減できるのです。

腰にかかる負担を軽減

寝返りを打ちづらい敷き布団を利用していたら、同じ姿勢を続ける事になってしまいます。

そのような敷き布団を利用していたら、仰向けになっている時間が長引きやすいので、腰が圧迫されてしまうのです。

腰が圧迫されている時間が長引いたら、腰痛が悪化する可能性が高くなるので、注意しなければいけません。

そのため、腰痛の方は身体があまり沈み込まない敷き布団を利用するメリットは大きいです。

製品情報の内容

本製品は、腰痛とは関係のない所でも、魅力的なポイントがいくつかあります。

そこで、この敷き布団を購入するべきか悩んでいる方のために、どのような所が魅力的なのか紹介するので見ていきましょう。

湿気対策

本製品は、湿気対策を講じやすいので、暑い夏場の季節でも、あまり敷き布団が湿っぽくなりません。

実際に私たち人間は眠っている時に、寝汗をコップ一杯分もかいてしまいます。

そのような事になれば、寝苦しく感じてしまうので、睡眠の質が低下する恐れがあります。

睡眠の質が低下してしまえば、睡眠時間を確保しても、睡眠不足に陥ってしまう可能性があるのです。

実際に睡眠の質をキープしていれば、脳の疲れを軽減する事ができる事から、集中力をキープしやすくなるので、会社の仕事に打ち込みやすくなります(個人差があるので注意)。

洗濯可能なカバー

本製品の『カバー』はチャックが付いていて、簡単にカバーを外す事が可能になっています。

さらに本製品のカバーは洗濯する事ができるのです。

実は敷き布団に湿気が溜まっていけば、ダニが繁殖しやすくなるので、肌を刺されてしまう事があります。

そのような事になれば、睡眠の質が低下してしまいますが、カバーを洗濯する事によってダニをある程度まで洗い流す事が可能です。

低価格な敷き布団

本製品が高反発フォームを採用していても、ボリュームがあまりないので、それほど値段は高くなっていません。

実際にAmazonでは、送料無料、税込価格8,900円で購入する事ができるのです(2018年4月24日時点)。

実は日本で販売されている敷き布団の中には、10,000円を超えてしまう製品もあります。

そのため、値段が安くなっている敷き布団を探している方にも、本製品はおすすめです。

本製品のレビュー

本製品は高反発フォームを採用していても、ボリュームがあまりないので、利用するべきか悩んでいる方もいるかもしれません。

そこで、本製品のレビューを紹介するので、この敷き布団を購入するべきか、参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品はボリュームがあまりないのですが、反発力が高くなっているので、しっかりと身体を支えてくれて、満足している方がいました。

さらに本製品の重さは3.0kgしかなかったので、押入れへ上げやすくなっている所を気に入っているケースもありました。

そのため、ボリュームのある敷き布団を利用していて、重くて押入れへ上げづらい場合には、本製品に買い換えてみる価値があります。

そして、本製品のカバーを洗える所を気に入っているケースもあったので、清潔な状態で利用したい方には、魅力的なポイントです。

否定的なレビュー

本製品を40日ほど利用していたら、寝心地が悪く感じてしまう方がいました。

実際に敷き布団を利用していたら、そのうちへたってしまうので、定期的に敷き布団の向きを変える事が重要です。

そうすれば、重くなっている腰を支える部分を変える事ができるので、敷き布団のへたりをある程度まで抑える事ができます。

さらに、本製品が硬すぎて、腰が浮いてしまう方もいました。

そのため、体重が軽い方は、本製品の上に薄い毛布を敷いて対応したほうが良いです。

まとめ

本製品は他の敷き布団と同じように、ボリュームがあまりない製品です。

所が、その薄さを本製品は利用していて、他の寝具と併用できるので、ボリュームアップする事ができます。

そのため、今まで利用していたマットレスまたは敷き布団のボリュームが足りなくて、腰が痛く感じやすい方は、本製品を試してみる価値があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団