腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛をやわらげる寝方とは?どんな寝方があるの?

      2016/10/23

寝る

普段から腰痛を抱えていると寝方が気になる人は多いと思います。

でも実際にその寝方のメリットをよく知らずにやっている人は多いのではないでしょうか?腰痛を緩和するためには寝方を改善することはとっても大切なことです。

今回は腰痛のメカニズムと寝方の解説を行っています。

腰痛に悩む貴方に合った寝方を見つけましょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛がひどいのに寝方を気を付けないとどうなるの?

すでに腰痛がひどい状態になっているにも関わらず寝方を気を付けない方がいらっしゃいます。

でもこれって本当に危険!貴方の腰痛の原因は、普段の生活で蓄積された腰への圧迫である可能性があるからです。

腰への圧迫が日常的に繰り返されることによって、腰の血流が不良を起こして腰痛を生み出します。

この腰への圧迫は簡単に起こり、例えば仕事で椅子に長時間座ることが多い人であれば、本人でも気づかないうちに腰を悪くしてしまっている可能性があります。

デスクワークの人だけではなく、普段中腰で作業をしている人でも不自然な姿勢をしていることによって日常的に腰に圧迫がかかることになります。

せめて寝ているときだけでもラクな姿勢になることで、腰への圧迫を減らすことができます。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

うつぶせで寝る

腰痛を緩和する寝方の一つにうつぶせ寝があります。

うつ伏せ状態の時におなかの部分に枕などを置くことで、姿勢を一定に保ち腰をラクにすることができます。

でも本格的に寝る際はあまりこの方法は向きません。

うつ伏せで寝続けると胸が圧迫されて苦しいですし、寝返りをうまくとることができません。

でも寝る前にちょっとした作業をする分には効率的なので、寝る前に何かをしなくてはいけない人はぜひ取り入れましょう。

腰痛持ちにとっては椅子に座っているよりも作業の効率が上がります。

横向きで寝る

横向きは痛む箇所が当たらないように調整しやすいので、痛む個所がはっきりしている方におすすめの寝方です。

特に抱き枕を抱きながら眠ると体に負担をかけにくく安眠効果もあります。

昔と違って今は様々な形や色の抱き枕が増えてきたので、選ぶ楽しさがありますよね。

実は安眠は腰痛にとっても関係していて、腰痛の原因は多くが血行不良によるものです。

睡眠不足が続くと新陳代謝が悪くなり結果的に血行も悪くなります。

血行をよくするには普段からの心掛けが大切なんですね。

こういった状態を避けるためには毎日の安眠が不可欠です。

人は母親のおなかにいたときの恰好で眠ると安眠をしやすくなるといいます。

抱き枕を抱くことで、自然とその頃の恰好を維持できるのでとってもおすすめです。

仰向けで寝る

仰向けで寝るのは人体にとって1番ラクな姿勢です。

人にとって1番自然な姿勢は立っている状態とされていて、仰向けで寝ることは自然な状態をキープし続けることができます。

普段あまり仰向けで寝ることがない人にとっては、なんだか違和感を感じて落ち着かないでしょう。

でも大丈夫です。

寝方は慣れるものなので違和感はすぐになくなりますよ。

それに翌日腰痛が緩和されていることを体が実感すると、自然と嫌悪感がなくなります。

これは私の経験から言っても確かです。

腰に対する負担も出にくく、体に無理な圧迫も生じないので最適な寝方といえるでしょう。

それでも腰痛を感じる人はタオルを腰に巻くことによって、腰への負担をやわらげることができますよ。

まとめ

腰痛をやわらげるには夜の寝方がとっても重要!それぞれの寝方の特徴を分かっていただけたと思います。

長時間同じ姿勢を維持し続ける寝方を改善することで貴方の腰痛は驚くほどよくなります。

しかも貴方に合った寝方を続けることで、安眠効果ももたらします。

なるべく腰への圧迫を減らしながら貴方に合った寝方をしていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 全件, 腰痛全般