ランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!

このサイトはランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズなどランニンググッズに関する情報提供を行っています。

*

あえてしないのはなぜ?ランニングタイツを使わない派の意見とは

   

(シーダブリューエックス)CW-X スポーツタイツ エキスパートモデル 吸汗速乾 UVカット HXO509 BE M [メンズ]

ランニングタイツは、走りやすくしてくれたり、身体を安定させてくれたりするすごく便利なものです。

でも、あえてそれを使わないという方たちもいます。

そういう方たちは、何故あえてランニングタイツを使わないのでしょうか?

ここではそんな、あえてランニングタイツを使わない派の人たちの意見について紹介していきます。



私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

長き距離を走らないから必要がない

ランニングタイツを使わない派の多くは、そもそも長い距離を走るわけではないから使わないと言います。

もちろん長い距離を走るわけではなくても、身体にはそれなりの負担が来ます。

固いアスファルトの上を走る人がほとんどでしょうから、まずその点で足や膝に大きく負担がかかりますし、そもそも慣れない運動をしている時点で、筋肉への負担はかなりのものになると言えます。

だから、本来であれば、怪我防止のためには、ランニングタイツははいた方が良いと言えるでしょう。

でも、確かに長い距離を走るわけで無ければその負担は最小限に抑えることができます。

それならば、はかなくてもあまり大きな問題にはならないかもしれません。

頻度もそんなに多くなければなおさら

たとえ短い距離しか走らないのであっても、その短い距離を毎日走るのであれば、走行距離は自然と長くなるので、その分疲労やダメージも積み重なると言えるでしょう。

ですが、そもそも短い距離しか走らないという方は、走る頻度もそんなに多くないという方が多いです。

走る頻度も多くないのであれば、ランニングタイツが要らないというのも理解できる走るです。

走る長さも短くて、走る頻度も月に一回程度となると、足や膝、筋肉への負担はほとんどないと言えるでしょう。

それなのに、10000円くらいするランニングタイツをするというのは、明らかにコスパが悪いように見えます。

だから、しないという選択肢もアリでしょう。

もし、今ランニングタイツを買うかどうか迷っていて、自分の走るペースが月に一回くらいで、距離も長くない予定なのであれば、最初は買わないというのも正解です。

そこからランニングにはまったりして、距離を長くしたくなったら買えば良いだけの話です。



私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

ない方が走りやすいと感じるから

ランニングタイツは、足の動きをサポートしてくれたりするものですが、窮屈に足を締め付けるものではあります。

だから、中にはそれが合わないという人もいるでしょう。

なので、あえてランニングタイツを履かない方が走りやすいから履かないという方もいます。

確かにそれに慣れないうちは、多くの方がそれを履くことへの違和感のようなものを感じるでしょう。

違和感に気をとられてしまい、気持ちよく走ることができないということもあるかもしれません。

でもなれればその違和感はなくなっていきます。

おそらく、ランニングタイツが無い方が走りやすいという方たちも、慣れるまで履いていれば次第にそれに慣れて、ランニングタイツがあった方が走りやすくなっていったのでしょう。

だから、もしランニングタイツを履いていて、違和感を感じたとしても、しばらくは履き続けてみる事をおすすめします。

そもそもサイズが合っていない可能性もある

ランニングタイツを履いていた方が走りづらく、履いていない方がタイムが上がると言うのであれば、それは、そもそもランニングタイツのサイズが合っていなかった可能性もあります。

サイズが合っていないのであれば、当然その分だけ締め付けもきつくなります。

しめつけがきつくなれば、走っていて違和感を感じてしまう事もあるでしょう。

だから、タイムも伸びなくなってくるのです。

もしランニングタイツを履いていた方が走りづらいと感じて、しばらく履いていてもそれが解消されないのであれば、もうワンサイズ上の物を購入してみると良いでしょう。

自分の力で走りたいから

そもそも自分の力で走りたいから、ランニングタイツを履かないという方々もいます。

ランニングタイツは、足をサポートしてくれるものです。

ですが、マラソン、ランニングというのは、ある意味では自分との戦いでもあります。

自分がどこまでいけるかという戦いのさなか、なにかにサポートされることを快く思わない人がいるというのも納得できる話です。

たとえば、もしランニングタイツをかえてタイミングで、自分のランニングのタイムが速くなったとします。

そうしてタイムが速くなった時に、もし何もサポートを受けていなければ、それは自分の限界を超えたのだと、スムーズに自分を褒めることに繋がります。

でも、もしランニングタイツを履いていたら、ランニングタイツのおかげでタイムが上がったという可能性もあるので、素直に自分を褒めることができなくなるのです。

いうなればそれは、金にものを言わしてタイムを縮めたということになるかもしれないのです。

自分の限界にチャレンジしている人にとっては、それは間違いなく嫌なことでしょう。

だからあえてランニングタイツを履かないという方もいます。

はしっているうちにそうなることも多い

それは、走っているうちにそうなることも多いです。

最初はダイエットや健康の為に走っていたので、足をサポートされることにも何とも思わなかった人も、走っているうちにタイムを縮めたいと思いだすのです。

そしてタイムを縮めたいと思って縮め始めたら、自分の実力にもプライドが出てきます。

だから、ランニングタイツのおかげでタイムが速くなっているのか、自分の実力があがっているのかがはっきりしない状況が嫌になってくるのです。

もちろんタイムを縮めるのは素晴らしいことですし、自分との戦いをするのは素敵な事ではありますが、のめり込みすぎないようには注意が必要かもしれません。

高いからしないという人もいる

ランニングをダイエット目体でやっている人は、すごく多いです。

そうしたダイエット目的でランニングをしている人の中には、ランニングタイツをあえて履かない人は多いです。

その理由はすごくシンプルで、高いからです。

高いとは言っても、ランニングタイツは10000円位です。

決して安くはないですが、それでも言うほど高くはないでしょう。

ではなぜそれを高いと感じるのでしょうか?

それは間違いなく、ダイエット目的だからです。

ダイエットにはお金をかけたくない人が多い

ダイエットの為に、まず道具に10000円かけないとならないのです。

高いと感じても仕方がないでしょう。

さらに言えば、ランニングタイツを買う前におそらくランニングシューズをかっているでしょうから、もう10000円くらいはかかります。

そうなると合計20000円です。

20000円払う上に、それから日々走るという努力もしないと痩せません。

努力はお金に換算することはできませんが、お金を払った上にさらに自分の時間を削って努力もしないといけないというのは、なかなかツラいものです。

だから、ダイエットにお金がかかると、それがそこまで高くなくても、すごく高いと感じてしまうようになるのです。

結果、ランニングタイツを使わないようになります。

まとめ

ランニングタイツを使わない派の意見については、以上の通りになります。

たしかにそこには理由があるのですが、こうした理由を見てみると、やはり基本的にはランニングタイツはした方が良いと言えます。

自分の力でタイムを縮めることが目標であれば仕方がないですが、そういう人はあまりいないでしょうから、基本的には購入した方が良いでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングタイツ