ランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!

このサイトはランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズなどランニンググッズに関する情報提供を行っています。

*

ランニングによる故障や病気を避けるために役に立つランニングタイツの機能とは

   

S シルバー (ジーステーション) G-Station バックラインデザイン アスレチックパンツ メンズ スポーツウェア ジムウェア トレーニングウェア ランニング ストレッチ スポーツスパッツ メンズタイツ

これからランニングを始める人。

普段からランニングの練習をしている人は、ランニングタイツをぜひとも使ってださい。

ランニングをすれば、ストレス解消ができ、運動不足の解消にもなります。

だけど練習をしすぎたり、体を壊してしまったら何の意味もありません。

ランニングタイツという、体をサポートしてくれるアイテムを使いながら、故障しないで長距離走を楽しみましょう。



私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

体調には気をつけて

最近急激にその競技人口が増えているマラソン・ジョギング・ランニング。

走ればカロリーを消費することができるし、体の筋肉もつけられます。

心肺機能を強くできて、運動不足解消には有効だともいえます。

しかし、いいところばかりでなく、注意するポイントもあります。

それは運動強度が高いこと。

体に負担がかかるのです。

中学生や高校生の時に部活で走らされた人もいるでしょう。

体力をつけるには、まずランニング。

こんな感じで。

軽い気持ちで始めてしまったり、走ることくらい朝飯前といった思い込みができてしまいます。

それでも運動をしばらくしていなかった20代や30代でも、それ以降の年代ならなおさら体に負担がかかってしまいます。

ランニングをするときにどのような、体調不良や病気、けがなどがあるのでしょうか。



私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

筋肉痛・疲労骨折

最もよくあることは、ランニングをしたことによる筋肉痛や疲労骨折。

筋肉痛に関しては大した問題ではいません。

運動不足の人は間違いなく筋肉痛を起こします。

足だけでなく、肩や腕なども、普段から運動していない人は急にランニングをすることによって体が痛くなります。

この筋肉痛自体は、体がダメージを負っていますが、これが回復すると超回復といって、前よりも立派な筋肉に変わっていくのです。

というわけでトレーニングに避けられないのが筋肉痛なのです。

あまり運動をしたことのない人は筋肉痛を病気だと勘違いしてしまいますが、筋肉痛はほうっておいても大丈夫。

むしろ中途半端にシップなど貼らないで、練習を継続した方がいいでしょう。

疲労骨折は、骨に長期間強い衝撃が加わることによって、いつの間にか骨折をしてしまうことです。

普段からマラソンやランニングをしている人によく見られます。

オリンピックでメダルを取るような選手でも、疲労骨折には悩まされています。

走りすぎには注意をしたいもの。

走れば間違いなく体は痛んでしまいます。

そんな時にはランニングタイツを使ってください。

体を守ることができます。

少しぴったりしてイメージがありますが、筋肉がよけいな動きをするのを防ぎ、けがをしにくくなります。

血流も整えてくれるので、ランニングタイツを履いて練習して回復力も高まります。

筋肉痛や疲労骨折を経験したいと思ったら、ランニングの際にはランニングタイツを履いて練習してください。

風邪・インフルエンザ

風邪やインフルエンザもランニングにはつきもの。

走ることによって体が弱り抵抗力も下がってしまいます。

あまりに練習しすぎると体力を失ってしまうのはランニングの悪い点です。

そのため、あまり練習ばかりするのは健康に良くないともいえるでしょう。

箱根駅伝の選手でも、練習をしすぎているため筋肉量が減ってしまい、抵抗力が落ちています。

そのため一流と言われる選手でも、試合前にインフルエンザに簡単にかかってしまうのです。

練習する際には暖かい格好で行ってください。

ランニングタイツを履くのも有効です。

ネックウォーマーなどで、首周りを温めてください。

特に冬は寒く体調も崩しやすいですから、暖かい格好で練習を行ってください。

心臓疾患

ランニングをすると心臓に負担がかかります。

心臓に自信がない人はランニングを避けるのが好ましいです。

マラソンのレース中に心肺停止状態・意識不明になってしまう人も出てきていますが、あまり表ざたにはなっていません。

それくらいランニングというものは体に大きな負担がかかっているのです。

体に血液を送り出してくれる心臓に大きな負担がかかってしまいます。

心臓に自信がない人や、不安を抱えている人は無理せずランニングをしない方がいいでしょう。

持病がなくても、急に調子を悪くすることもありますので要注意です。

早く寝よう

ランニングをしている人は早く寝ることをおすすめします。

寝るのは夜10時頃までにしましょう。

そして出来ることなら、6時間以上眠ってください。

夏なら夜の10時から2時まではゴールデンタイムと言われていて、この時間帯に眠っていると細胞分裂が活性化します。

そのため回復力が高まります。

夜ふかししても得することはありません。

むしろ体力回復が遅れて、老化も進んでしまいます。

短時間睡眠のショートスリーパーなる言葉もありますが、これも危険ですのでやめましょう。

寝る時間というのは人によっても個人差があります。

そして、若い時には夜ふかしするのも楽しいのかもしれません。

ランニングしている人は、練習の疲れを癒すためにも早く眠りましょう。

休みを取ろう

ランニングの練習をしていると、ついつい休みたくなくなってしまうもの。

体がウズウズしてしまって、休みなのに練習をしてしまう。

これは危険な兆候です。

オーバーワークになりかねません。

上に紹介したような疲労骨折などを起こしてしまいます。

というわけで休みの日を決めたら絶対に電子をしないこと。

大切な体を休ませてあげてください。

休むことも仕事のうちだということも覚えておきましょう。

栄養をたっぷり取ろう

そしてランニングで病気にならないためには栄養をたっぷりとること。

ビタミンやミネラルもしっかり取ってください。

タンパク質は植物性の食品を摂るのがおすすめ。

動物性のものだと血管を悪くしやすいです。

そして、ランニングの練習による骨折を防ぐためには、マグネシウムを取ることが大切。

意外に注目されていない成分ですが、カルシウムよりも大切です。

大豆製品には、マグネシウムが豊富に含まれているので、ランニングの練習後にはしっかりと補給しましょう。

強靱な骨になってくれて、けがをしにくい体をつくれます。

もちろん筋肉の回復にも役に立ちます。

どうせ取るなら動物性のタンパク質よりも、植物性のタンパク質のほうが体にはやさしいです。

このようにランニングをしている人は、食べるものには気をつけましょう。

私たちの体は食べ物でできているのですから、練習メニューや練習ツールだけでなく、食べるものへの興味を持ってください。

一生の宝物になるでしょう。

ムリなら参加しない

「明日、マラソンのレースがあるけど、何だか体調が悪い」「休んだ方がいいのかもしれないけどもったいないな」このように考えるかもしれません。

しかし、体調の悪い時には無理しないでレースを欠場しましょう。

体調が悪いのに無理に走ってしまうと、レース中に体調を崩しかねません。

上にも説明しましたが、マラソンのレース中に体調崩して心肺停止になってしまう人や、亡くなってしまう人もいます。

趣味のランニングで、このような悲しいことにならないためにも無理はしないこと。

体調の悪さを感じたら無理しないで走るのをやめましょう。

体を壊してしまったら何にもなりません。

まとめ

ランニングの練習には体調不良がつきものです。

ランニングタイツなどを使い、けがを防ぎながら練習しましょう。

ランニングタイツなら温度調節も行えるので、寒いときにも安心です。

普段からの食べるものにも気をつけて、練習しすぎには気をつけましょう。

体調が悪い時には練習をしたり、レースに出ることも思い切って控えてください。

健康が第一です。

タイムや距離にこだわらず、体に負担がかからない程度にランニングを楽しみましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングタイツ