バッシュ(バスケットシューズ)の選び方

このサイトは、バッシュ・テニシュなどスポーツシューズを中心に情報提供を行っています。

*

バッシュの臭いはどうやって防ぐ?  消臭のための5つのポイント

   

バッシュは、バスケットボールを楽しむための重要なアイテムですが、使い方には注意が必要です。

適当に使っていると、臭いがひどくなってしまいます。

スポーツ用のシューズは多量の汗が染みこむため、きちんと対策をしておかないと、快適に使うことができません。

では、臭いを防ぐためのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

僕が絶対おすすめするバッシュ(バスケットシューズ)ランキングはこちら

スポンサーリンク

洗えるものは洗う

嫌な臭いを防ぐためには、なるべく清潔な状態にしておくことが大切です。

汗まみれのまま何もせずに放置していると、どうしても臭いが強くなってしまいます。

これは、雑菌が増えるためです。

汗は雑菌の栄養になるので、運動のあとは活発に繁殖することになります。

そうした雑菌だらけの状態が、臭いの原因です。

雑菌を取り除くためには、バッシュをしっかり洗うようにしましょう。

洗って臭いの原因を排除してしまえば、快適に使えるようになります。

素材に注意

洗って臭いを防ぐといっても、バッシュの素材によっては、簡単に洗えないことがあります。

天然皮革や人工皮革の製品は、洗うことで寿命を縮めてしまう可能性が高いのです。

そうした素材を無理に洗ってしまうと、割れたり縮んだりするため、すぐに使えなくなってしまいます。

いくら臭いを防ぐためとはいえ、劣化がひどくなるような方法は避けなければなりません。

お気に入りのバッシュを長く使うためには、本当に洗濯可能な製品かどうか、きちんと確かめるようにしてください。

洗えないタイプだった場合は、強引に水につけたりせず、別の方法で対策をしていきましょう。

洗う方法は効果が高い

洗うことによる劣化を確実に防ぎたいときは、「とにかく洗わない」といった極端な対策を考えることもあります。

確かに、洗うという選択肢をあらかじめ排除しておけば、間違えて洗うようなことは起こりません。

しかし、臭いを防ぐには、あまりおすすめできない方法です。

洗って汗や雑菌を取り除くことは、最も効果的な臭い対策になります。

そのため、洗えるタイプのバッシュなら、怖がらずにできるだけ洗うようにしてください。

徹底的に洗わない方が確実なように思えますが、せっかく洗えるタイプを使っているなら、そのメリットを無駄にするのはもったいないことです。

説明書などをしっかり見ておけばミスは回避できるので、洗えるものは積極的に洗い、清潔な状態を維持していきましょう。

一部だけ洗う

なるべく洗った方が臭いは防ぎやすくなりますが、洗濯NGな素材だった場合は、絶対に洗ってはいけません。

ただし、例外になる部分はあります。

それが、靴紐と中敷きです。

ほとんどの素材が洗えない場合でも、靴紐と中敷きなら大抵は洗うことができます。

臭い対策をするなら、それらを取り外して洗い、少しでも汗と雑菌を少なくしておきましょう。

靴紐と中敷きの臭いも、ひどくなるとかなり気になるものです。

洗えない部分は他の対策で対応するとしても、そうでない部分は、しっかり洗っておくことをおすすめします。

僕が絶対おすすめするバッシュ(バスケットシューズ)ランキングはこちら

スポンサーリンク

使ったあとに乾かす

洗えない素材のバッシュで臭い対策をするには、なんといっても乾燥させることが重要になります。

湿気の多さは、雑菌の繁殖を助ける要素です。

そのため、汗で湿った状態のまま放置するのはよくありません。

汗まみれの衣類などは、時間がたつと臭くなってしまうものです。

これはバッシュも同じで、雑菌の繁殖が臭いを強くしてしまいます。

洗って雑菌を除去できないなら、せめて湿気を少なくして、臭いの原因を増やさないようにしましょう。

日光はNG

バッシュを乾かすといっても、日当たりのよい場所に置くのは避けてください。

普通の洗濯物と違い、バッシュを天日干しにすると、傷んでしまう可能性が高いのです。

それでは、洗うことを避けた意味がありません。

素材の傷みが激しくなれば、長持ちさせるのは難しくなってしまうため、買い替えの回数が増えることになります。

そのような事態を防ぐためには、安易に日光に晒したりせず、必ず陰干しにしてください。

陰干しは、風通しのよい日陰を利用する干し方なので、日光による劣化は起こりません。

風通しがよく、しっかり空気の流れがある環境なら、日の光がなくても、十分に湿気をとばすことができます。

メッシュ素材

きちんと乾かして臭いを防ぐためには、乾きやすい製品を選ぶことも大切です。

速乾性の高いものだと、短い時間で湿気をとばすことができます。

それなら、「なかなか乾かない」「使おうとしたら湿っていた」といった失敗を回避することができます。

この点に注目して選ぶときは、メッシュの製品を探してみましょう。

メッシュはとても乾きやすい素材なので、陰干しですぐに乾燥させることができます。

雑菌が繁殖しにくい状態にして、臭いをしっかり防いでいきましょう。

同じものばかり使わない

同じバッシュをずっと使い続けていると、どうしても臭いが強くなってしまうものです。

例えば、汗でじっとり湿ったバッシュを、生乾きのまま何日も使ったりすると、ただでさえ気になる臭いが、さらにひどくなってしまいます。

臭いを抑えるためには、そのように連続して使うのではなく、いったん完全に乾かすことが大切です。

きちんと乾燥させておけば、臭いの原因となる雑菌の繁殖を防ぐことができます。

そのためには、バッシュを2足以上しておいてください。

1足しかない場合は、たとえ乾ききっていなくても、また同じものを使うことになってしまいます。

しかし、他にも履くものがあれば、乾かすための時間をしっかり確保することができるのです。

 

消臭剤を使う

臭いを防ぐためには、便利なアイテムを利用する方法もあります。

バッシュの中に、除菌効果のある消臭剤をスプレーしておくと、臭いを発生させる雑菌の繁殖を抑えることができるのです。

ただし、ファブリーズには注意してください。

ファブリーズは、消臭のためによく利用されるアイテムですが、選び方を間違えると、うまくいかないことがあります。

バッシュの臭いとファブリーズの香りがミックスされてしまい、なんともいえない独特の臭気を発することがあるのです。

臭いを悪化させないためには、香りが残らない無香タイプか、バッシュ専用の消臭スプレーを選ぶようにしましょう。

足の臭いを軽減する

バッシュの臭いを防ぐためには、自分の足をケアすることも大切です。

洗ったり乾かしたりしていても、そこに入る足の臭いが強いと、対策の効果を妨げる可能性があります。

入浴時に足を丁寧に洗い、少しでも臭いを押さえるようにしましょう。

適当に洗って済ませてしまうと、なかなか臭いがとれず、バッシュにも移ってしまうことが多くなります。

たくさん汗をかいた後は、指と指の間まできちんと洗い、汚れを落としておきましょう。

雑菌などを極力少なくしておけば、臭いがひどくなることはありません。

また、爪にも注意してください。

あまり伸ばしていると、爪の間に汚れや雑菌がたまり、臭いが強くなりがちです。

臭いの原因が蓄積されないように、こまめに切って短くしておきましょう。

まとめ

激しい運動をしたあとは、バッシュが汗をたっぷり吸っています。

それをただ放置していると、臭いが強くなり、気持ちよく使えなくなってしまいます。

余計なストレスを防ぎ、思う存分スポーツを楽しむためには、ここで紹介したポイントをしっかり押さえておいてください。

臭いを軽減するための対策を行っていれば、臭いに悩まされることはなくなります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バスケットシューズ