あなたの欲しい電子辞書はどれ? タイプごとにおすすめできる電子辞書8選

最近の電子辞書は、100を越えるコンテンツを搭載している製品や、学習機能を備えたもの、デザイン性に優れたものや、スキャナー認識、撮影認識などを持つ機種など、様々な製品があります。

値段も製品によって大きく異なり、ある製品の10分の1ほどの値段で買える電子辞書もあり、幅広いラインナップが取り揃えられています。

ここでは、特徴ごとに様々な製品を紹介していますので、あなたに合った最適な一台を見つけましょう。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


カシオ エクスワード XD-G4800

  • 価格 2万5641円
  • 評価 4.91

基礎的な英語からTOEIC、一般的な用途まで幅広い英語学習に対応した売れ筋の電子辞書です。

小学生レベルの英語から学ぶ事ができるので、小学校、中学校、高校とこれひとつで英語学習を広くカバーする事ができ、TOEIC専用の学習機能もあるので、大人になった後も役に立つ、長く使える製品です。

各コンテンツの英語の学習状況を一目で把握する事ができるので、ゲーム感覚で英語の勉強を続けていく事ができる点も、大きなポイントのひとつです。

英語の辞書として、英和辞典を4つ、和英辞典を3つ、英英辞典を2つ搭載しているので、細かい部分まで調べる事が出来ますし、英語の類語辞典、カタカナで調べる事ができるスペリング辞典も備わっています。

国語系では、広辞苑、漢語辞典、類語辞典を備えているので、ほとんど全ての用途に対応しており、その他にも、ことわざ、四字熟語、古語、日本史、世界史、百科事典といった辞書があるので、様々な調べ物をする時にも便利です。

このように、この電子辞書には数多くの辞典が収められていますが、英語系と国語系の辞書のうち国語辞典、英和、和英、英英辞典といった物だけを見繕ってみても、5万円以上の価値があり、その他の物も含めて150コンテンツが収録されているので、大学受験の学習にも、調べ物にも幅広く使用する事ができます。

その他に便利な機能として、タッチパネルと音声機能に対応しているので、手で直感的に操作する事ができますし、自分の発音を採点してくれる機能など、便利な機能が多数搭載されています。

幅広い年代の人が使う事ができますが、センター試験や大学受験の各科目に対応しているので、高校生などの受験生におすすめしたい製品です。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


シャープ Brain PW-SH4

  • 価格 2万4100円
  • 評価 4.35

この電子辞書は、通常の横向き使用の他にも、縦向きに使用する事ができ、表示方向を切り替えられる所が便利な製品です。

この機能を使えば、机に置いて使う時は横向きに使用し、手で持って使う時は縦向きに使用できるなど、用途に合わせて最適な使い方ができます。

収録されている辞書機能も充実していて、小学校、中学校、高校の英語からTOEICや一般英語まで幅広い英語を網羅し、4つの英和辞典、3つの和英辞典、2つの英英辞典を備えています。

国語系の辞書も必要な機能は全て網羅しており、その他にも、ことわざ、四字熟語、古語、手紙、日本史、世界史、百科事典、冠婚葬祭といった辞書を備えており、幅広い用途に使用する事ができます。

専門の辞書ではないのですが、海外旅行に使える例文集を収めたコンテンツも便利で、英語の他に、イタリア語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、韓国語、中国語、タイ語、ベトナム語といった言語の、例文や簡易辞書も搭載されています。

また、有名な英語小説を38タイトル収録。

オペラ座の怪人、オズの魔法使い、ドラキュラ、赤毛のアン、といった作品を読むことができ、画面上の単語をなぞれば簡単に意味を確認する事ができます。

この英語小説は、それぞれ一冊1000円ほどで販売されているので、それが38冊あるだけで、この辞書を購入する金額の元がとれてしまいます。

このように、一般的な用途の他にも、読書、受験、旅行など、様々な使い方ができるので、様々な年代の人におすすめできる製品です。

カシオ エクスワードライズ XDR-A20

  • 価格 1万8593円
  • 評価 3.65

電子辞書では、デザインが重視されない製品も多いのですが、この辞書はおしゃれな優れたデザインをしており、タブレットスタイル、キーボードを使えるフラットスタイル、机に置いて使えるティルトスタイルなど、使い方とデザインにこだわった製品となっています。

辞書機能も、基本はしっかりとおさえていて、英和辞典を2つ、和英辞典と英英辞典を1つずつと英語類語辞典も備えています。

その他にも、百科事典、日本の文化を外国人に紹介する時に助かる、日本の文化・観光・歴史辞典、経済・経営用語辞典など、細かいところまで手の届く優れた辞典を多数取り揃えています。

英語ネイティブの発音を聞く事ができたり、文学作品3000冊を収録している外にも、スマートフォンと連携して英単語の繰り返し学習ができるなど、優れた機能を多数備えている点も特徴です。

実際の英語の発音を録音してアドバイスしてくれる機能もあり、発音の勉強に重点を置きたい人にとって便利な機能も備えています。

ここに収録されている主要な辞典を別個に購入するだけでも、電子辞書の値段をゆうに超えてしまいますので、値段の面でも大変お買い得な製品です。

色々と見てきましたが、この製品の最も優れた特徴はその卓越したデザインであり、デザイン性に優れた電子辞書を探している人におすすめしたい製品です。

シャープ Brain PW-NA1

  • 価格 9980円
  • 評価 4.00

デザインも特に気にせず、様々な使い方のできる多彩な機能を持っていなくても、基本的な性能だけあればいいという人におすすめしたいのが、この製品です。

英和、和英辞典をそれぞれ1つずつ備え、国語辞典として大辞林、百科事典といった辞書を備えており、電子辞書として必要な機能はしっかりとおさえられています。

この他に、鳥の鳴き声や音楽の名曲を聴く事も出来るところが、うれしいポイント。

この電子辞書に収録されているブリタニカ国際大百科事典だけでも1万円以上の値段がしますので、発売から時間が経ち値段の安くなっている今、この電子辞書はとてもお買い得だと思います。

基本的な性能だけでいい、という人や、値段が安くてもしっかりとした辞書が欲しいという人に、おすすめしたい製品です。

キャノン IDP-700G

  • 価格 2233円
  • 評価 3.84

値段の安い辞書が欲しいという人におすすめしたいのが、この製品です。

英語の辞書として、英和辞典、和英辞典を搭載し、その他に英会話辞典も備えています。

国語辞典、漢字辞典、四字熟語も収録されているので、英語と国語の調べ物は、一通り行う事ができます。

その一方で、文章の表示領域が狭いので、画面をスクロールさせないと説明文の全体を見ることが出来ず、その点に難点があるのですが、サイズが小さく軽いので、持ち運びに便利というメリットがあります。

売れ筋商品の10分の1ほどの値段で購入できる点がこの製品最大の魅力であり、2010年の発売と少し古いタイプになりますが、とことん値段の安い電子辞書を探している人に、おすすめしたい製品です。

シャープ ナゾル BN-NZ1E

  • 価格 9150円
  • 評価 3.00

スキャナーで紙に書かれた文字を読み取る事のできるペン型の辞書です。

ペン型のボディーは先端がスキャナーになっていて、読み取った文章の意味が、液晶部分に表示される仕組みです。

液晶には、文章が三行で表示され、中央についている十字キーで文をスクロールさせながら読んでいく事ができます。

英和辞典モデルと和英辞典モデル、国語辞典モデルの3種類があり、ひとつの製品にひとつの辞書機能しか搭載されていませんが、調べたい単語を2秒で調べる事ができる利便性の高さが特徴です。

実際に使った人の意見では、文字の認識率が少し低く、一回で正しく読み込まない事もあるので、その点に不満を感じる人もいますが、いちいち文字入力をする必要がなく、すばやく意味を調べたい時に役に立つ製品です。

幅15.8センチ、奥行き3.6センチと少し大きいですが、重さは86グラムと軽く、ペンケースに入る大きさなので携帯性に優れており、どこにでも持って行ける持ち運びやすさも、メリットのひとつです。

なにより文字をスキャンして意味を調べる事ができるという技術は新しく、このようなスキャナータイプの電子辞書は他に見当たりませんので、このタイプの辞書に興味があるなら、おすすめしたい製品です。

シャープ Brain PW-GX500

  • 価格 8663円
  • 評価 4.77

学習用途に特化したペンタッチタイプの電子辞書です。

2012年の発売で、少し古いタイプの電子辞書ですが、使用者の評価の高い人気のある製品です。

一般的なキーボードのついた電子辞書と異なり、ペン入力とソフトウェアキーボードで辞書を使う事のできるタイプで、英和辞典、和英辞典、英英辞典と、国語辞典、漢語辞典、古語辞典などを備えています。

そして、この製品の特徴といえるのが、優れた学習機能です。

センター試験向けに、英単語、政治・経済、現代社会、現代文、数学といった全ての科目の学習をする事ができ、中でも暗記機能が優秀で、実際の単語帳のように赤、緑シートで項目を隠しながら覚える事ができます。

また、代々木ゼミナールの授業をビデオ形式で視聴できるので、電車の中や空き時間で手軽に勉強する事ができます。

大学受験向けに特化した製品なので、辞書というより学習ツールとした方がいいかもしれません。

しかし、発売から時間が経ち値段が安くなっているため、下手にたくさんの問題集を購入するよりも安上がりにすむ側面もあり、効率よく勉強したい受験生におすすめしたい製品です。

キングジム イミシル RW10

  • 価格 9078円
  • 評価 3.00

知りたい文字を撮影するだけで、単語の意味が分かる電子辞書です。

主に海外旅行中に、レストランのメニューや看板の文字が読めなかったりする時に活躍する製品で、国語、英和、和英、中日、日中、韓日、日韓といった辞書を搭載しています。

中国語や韓国語は、辞書で調べようとしても文字が難しく、どのように入力していいのか分からない事があります。

そのような時は、この製品で単語を撮影すれば自動で翻訳してくれるので、簡単に意味を知る事ができ、様々な場面で重宝します。

注意すべき点として、文字認識率が高くないため撮り直しをしなければならない事もあり、その点に不満を覚える人もいるかもしれません。

また、印刷された文字やパソコン画面上の文字は認識する事ができますが、手書き文字を認識できない所に注意が必要です。

しかし、高性能な機能を小さなサイズに詰め込む事に成功しており、重量も94グラムと軽く、持ち運びに便利なため、海外旅行先でも活躍する事が期待できます。

最近は、撮影する事で単語を調べる事のできるスマートフォン向けのアプリもありますが、このイミシルのように、きちんとした製品として発売されているものは他にありませんので、前述のように文字入力の難しい言語に使用したり、この機能に興味を持った人には、おすすめしたい製品です。

まとめ

このように見てみると、様々な製品があることが分かります。

受験用に適した製品や、資格試験に最適な製品、様々な用途に使える製品など、目的に合わせて欲しい電子辞書を選べるのがいいですね。

スキャナー認識タイプや撮影認識タイプなど、面白い機能を持った製品もありますので、実用性や機能、使い方を考えて、最適な一台を選びましょう。