イタリア語を学べる電子辞書を紹介!そのメリットやデメリットとは?

日本人だけではなく、世界中の人々たちから高い人気を集めているのが『イタリア』です。

なぜなら、イタリアには数多くの世界遺産があるだけではなく、ルネサンスの花が開いたフィレンツェという美しい街まであるからです。

しかし、日本語とイタリア語は大きく違うので、日本人は覚えづらいので注意しなければいけません。

所が『EX-word XD-Z7400』という電子辞書にはイタリア語のコンテンツが充実しているので、イタリアを学ぶ事が可能です。

しかし、イタリアに住む場合にはメリットやデメリットもあるので、詳しく紹介しましょう。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


EX-word XD-Z7400の魅力

本製品は、イタリア語を学べるだけではなく、優れた機能がいくつも搭載されています。

そのため、効率よく勉強する事ができるのです。

そこで、この電子辞書を詳しく知りたい方のために、どのような魅力があるのか詳しく紹介するので見ていきましょう。

イタリア語

イタリア語は、日本語と大きく異なりますが、英語とは違って、発音の種類が少ないので覚えやすくなっています。

さらにイタリア人は、イタリア語が少し喋れるだけで、褒めてくれる方はいるのです。

外国へ行った事がない方は分からないかもしれませんが、その国の言語を喋るのが下手な場合では、笑い者にされるケースもあるのです。

そのような事から、多くの方は気軽にイタリア語を学ぶ事ができます。

そして、本製品には『ひとり歩きの会話集 イタリア語』や『伊和中辞典(第2版)』など数多くのイタリア語関連のコンテンツが収録されているので、短期間でイタリア語を喋る事も不可能ではありません。

スペルチェック

イタリア語を学びたい方でも、電子辞書を利用して、様々なものを調べたいと思う時があるでしょう。

本製品では、そのような方でも満足できる機能がいくつも搭載されているのです。

実際に本製品は、英語を検索する事もできて『スペルチェック』という機能を利用したら、スペルが完全に分かっていなくても調べる事が可能です。

さらに『ワイルドカードサーチ』という機能も搭載されていて、スペルが分からない所だけに『?

』を入れて検索したら、いくつか調べたい語句に該当しそうな単語を表示してくれます。

タッチ検索

スペルチェックは、文字を利用して検索しますが、それよりも気軽に検索したい方もいるでしょう。

実際にイタリア語や英語などは文字から検索するしかありませんが、遊びに行く場所であれば、文字を利用しないでも検索できる機能があるのです。

その方法は、遺跡や歴史的な出来事などを、画像や地図からタッチする事によって調べる事ができます。

この方法であれば、文字を入力する必要がないので、気軽に検索できます。

そのため、有名な場所へ海外旅行したい方には、検索機能が優れている本製品は、おすすめです。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


本製品の視認性

電子辞書の機能が優れていたとしても『視認性(見やすさ)』が優れていなければ、目が疲れてしまうので注意しなければいけません。

そして本製品は、検索機能だけではなく、視認性も優れているので、どのような所が優れているのか紹介しましょう。

5.3型タッチパネル

電子辞書はコンパクトなサイズになっているのに、何十冊もの辞書の内容が収録されています。

そのため、数多くの辞書を持ち運ぶ事が面倒な方たちから、高い人気を集めています。

しかし、コンパクトなサイズになっているので、画面も小さくなっていて、画像や文字などが見えづらいという問題点もありました。

そこで本製品は『5.3型タッチパネル(5.0型 528×320ドット TFTカラー液晶)』が搭載されていて、視力が低い方でも見やすくなっているのです。

文字サイズ

本製品のように、大型サイズのカラー液晶を搭載していたら、画像や地図などは見やすくなっています。

しかし、視力が低い方たちの中には、文字だけは見えづらい方もいるでしょう。

本製品は、そのような方でも満足できるように作られていて、文字のサイズを3段階に切り替えられるようになっているのです。

例えば、日本語系コンテンツであれば48ドット・24ドット・16ドットに切り替える事ができるようになっています。

そのため、文字サイズが切り替えられない電子辞書では、文字が見えづらい方には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

イタリアのメリットやデメリット

本製品でイタリア語を学べば、イタリアの方たちと会話する事も十分に可能です。

ただし、イタリアで住む場合には、メリットだけではなくデメリットもあるので注意しなければいけません。

そこで、これからイタリアへ住んでみたいと考えている方のために、どのようなメリットやデメリットがあるのか説明しましょう。

イタリアに住むメリット

日本は国土が統一されているので、日本人には理解しづらいかもしれませんが、イタリアの国の中には、違う国が2つあるのです。

それは『バチカン市国』と『サン・マリノ共和国』です。

この2つは世界遺産になっているので、歴史に興味がある方にとって、イタリアに住むのは大きなメリットがあります。

さらにイタリアは、分断されている時期が短くて、各都市が国家として存在していた時期がありました。

そのため、日本よりも各都市は強い個性があるので、そのような都市に旅行してみるのも大きな楽しみです。

イタリアに住むデメリット

イタリアは、歴史のある遺産や、旅行が好きな方には大きなメリットがありますが、実際に生活しようとしたら、日本よりも辛く感じる事があるので注意しなければいけません。

実際に、イタリアは物価が高い割に、給料が安くなっている企業が多いので、イタリアに住んでから「日本に住んでいるほうが生活は楽だった」と思ってしまう可能性が高いです。

そのため、生活が少し苦しくなっても、歴史のある街並みに住んで見たいと思えなければ、イタリアに住むのか、慎重に検討したほうが良いです。

製品情報の内容

イタリアに住む場合には、メリットだけではなくデメリットもあるので、本製品を購入するべきか悩んでしまった方はいるかもしれません。

しかし、本製品は電子辞書としての品質は高くなっているので、利用してみる価値があります。

そこで、製品情報の内容も紹介するので、確認してみて下さい。

デザイン性

本製品は全体的にホワイトカラーになっているので、ボディだけではなく、多くのキーボードもホワイトになっています(一部のキーボードはグレーカラーになっているので注意)。

このように同じカラーになっていたら、どこまでがキーボードになっているのか、分かりづらく感じてしまうかもしれませんが、キーボードに描かれている文字はブラックになっています。

そのため、全体的に同じカラーになっていても、キーボードの文字は見えやすくなっているので、操作しやすくなっているのです。

タフパワー設計

電子辞書は、コードレスになっているので、指がコードに引っ掛かって落とす心配がありません。

しかし、コードレスという事は電池をセットする必要があるので、電池の寿命が短かかったら、何回も電池を買い換える必要があるので注意しなければいけません。

そこで本製品は『タフパワー設計』になっていて、XD-Zシリーズの単3アルカリ電池2本で、最長で約180時間も稼働できるようになっているのです。

ただし、操作方法によって、稼働時間は変わるので注意して下さい。

コストパフォーマンス

本製品のように、イタリア語に関連するコンテンツが充実している電子辞書は少ないので、高額な電子辞書というイメージを抱いた方は多いかもしれません。

所が、本製品はそれほど値段が高くなくて、楽天市場では税込価格38,180円で購入する事ができるのです(2018年5月30日時点)。

実は、日本で販売されている電子辞書の中には、50,000円を超えてしまう機種はいくつもあります。

そのため、コストパフォーマンスが優れている電子辞書を探している方は、本製品を検討してみる価値があります。

まとめ

本製品はイタリア語関連のコンテンツが充実しているので、イタリア語を学びたい方には、魅力的な電子辞書です。

さらにタフパワー設計になっているので、外出先でも長い間に渡って勉強する事ができます。

そのため、公共交通を利用している時や、美容院やファミリーレストランなどの待ち時間で、イタリア語を勉強する事もできるので購入してみる価値があります。