小学生に電子辞書をプレゼントすることにはどんなメリットがある?

小学生にプレゼントするアイテムとして、最近では電子辞書が人気になってきています。

電子辞書を小学生にプレゼントするのは、それを学校で使うからというよりは、それにメリットがあるからになります。

では実際、小学生に電子辞書をプレゼントすることにはどんなメリットがあるのか。

ここではそれを見ていきたいと思います。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


自発的な学習を促せる

小学生に電子辞書をプレゼントすることの一番のメリットは、自発的な学習を促すことができるという点です。

電子辞書は、あくまでも辞書ではありますが、ゲーム感覚で勉強をすることができるような機能が搭載されているものもあります。

そういうものをプレゼントしていけば、小学生はそれをどんどんこなしていきます。

結果、自発的にどんどん勉強しているような状況を作り出すことができるのです。

ほかのゲームをやられるリスクもない

電子辞書でそうしたゲームをするということにポイントがあります。

たとえば勉強のゲームなんて、別にスマートフォンでもタブレット端末でもなんでもできます。

でもスマートフォンやタブレット端末の場合は、まだまだほかにやれることがあるのです。

たとえばネットだって自由に見れてしまいますし、ほかのゲームアプリだってできます。

一番厄介なのは、ほかのゲームアプリをやられてしまうことです。

勉強しているように見えて遊んでいることになりますから。

ネットの閲覧であれば、多少なりとも勉強になることもあるかもしれませんが、ゲームの場合は普通にゲームです。

なのでそれをやられるのは困ります。

電子辞書であればまずそうやってほかのゲームをやられてしまうことはありません。

なぜならできないからです。

なので、安心してそれを渡すことができます。

触っているだけでも勉強になる

別にゲーム機能をしなくても、それを持っていれば、触ることに楽しさを感じる子もいます。

そうしてそれを触ることに楽しさを覚えてくれれば、いろいろと目に入った単語などを調べる子も出てきます。

そんなふうにいちいち何かを調べなくても、触っているだけでいろいろな言葉を目にするものです。

つまり電子辞書は、触っているだけでも勉強になるアイテムなのです。

そんなアイテムは、そうそうありません。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


辞書の使い方に早めになれる

電子辞書は、これから中学生高校生となっていった時に、授業で使わないとならないものになります。

だから、早めに電子辞書に触れておいて、早めにその使い方を覚えておくというのは、間違いなく良いことです。

スピーディーに調べることができるようになれば、その分しっかりと勉強していけます。

なので、頭がよくなりやすくなります。

誰だって子供には、ある程度頭がよくなってほしいと思うものです。

あまりに頭がよくなられると厄介だなと思う方はいるかもしれませんが、基本的には頭は良いに越したことはありません。

だから、早めに電子辞書に慣れておくことができるのであれば、それに越したこともないのです。

色々な使い方ができるのが電子辞書

電子辞書は、いろいろな使い方ができるものになります。

特に最近のものは。

たとえば、直接書き込めるような電子辞書も出ているのです。

直接メモを書き込んだりすれば、次にそれを調べた時に、そのメモを見て何かを思い出して、記憶に定着しやすくなります。

そんな風な意外な便利機能がたくさんあるものなのです。

でもそれは、実際にはあまり活かされないことも多いです。

なぜなら、それをどう使うのが効果的なのかということをわかっていない方が多いからです。

でも、早いうちから電子辞書に触れていれば、そういう電子辞書のいろいろな機能も発見できますし、そして実際にそれをどう使うのが効果的なのかということも、理解しやすくなります。

そういう意味でも、早めに電子辞書を与えておくことにはメリットがあります。

調べるくせをつけることができる

電子辞書は何かを調べる道具になります。

それを小さいうちから与えておけば、何かわからない言葉等が出てきた際に、すぐに調べる癖をつけることができます。

わからないことをわからないままにしていたら、やはりいつまでも成長はしていきません。

しかし、わからないことが出て来たら、その都度調べるようにしておけば、それによってその都度成長していくことができます。

そして、わからないことが出てきたときには、調べればよいのだという癖も付きます。

そういう癖がついていけば、これから先にもいろいろなものを吸収していくようになります。

つまり、より成長しやすくなるということです。

調べるのが面倒だと調べないまま終わることも多い

電子辞書は、調べることに特化したアイテムになります。

だから、何かを調べるスピードは速いです。

そして当然スピードが速いだけではなく、簡単に調べることもできます。

なので、何かを調べる際に電子辞書があれば、面倒だと思ってしまうことはそうそうありません。

しかし、もし電子辞書がなければ調べるのは面倒だと思ってしまうことも出てきます。

それは確かに、スマートフォンがあればいつでもどこでもすぐに、そして簡単に調べることもできます。

でもスマートフォンは、ネット環境が必要です。

そしてそのスマートフォンのネット環境は、すぐに容量を超えたりして、重たくなりがちです。

だから調べたいときにスムーズに調べることができなくなったりします。

そうしたら、調べるのは面倒になり、結果調べないまま終わることになります。

それが癖になると、全然成長できません。

そうならないために、電子辞書を早めに与えておくのです。

電子辞書であればネット環境もいりませんし、まさにいつでもどこでも簡単に調べることができますから。

興味の幅を広げることができる

電子辞書があれば、興味の幅を広げることも可能です。

特に小さいうちは、興味の幅も広がりやすいので、このメリットはすごく効果的になります。

電子辞書には、たとえば英語などの外国語の辞書も当然入れられています。

それは、たとえ子供用であっても同じことです。

本来であれば、そんな英語などの言語は、もっと大きくならないと触れることはないです。

英会話に行ったりして触れさせることはできますが、基本的には触れることはありません。

しかし、こうして電子辞書にそれが搭載されていれば、それによって触れることができます。

そしていざそれに触れてみたら、興味を持つこともあるのです。

興味をもてば、自発的に勉強をしたり、あるいは英会話に行ってみたいと思ったりしてくれるようになることもあります。

それはやはり電子辞書ならではのメリットです。

意外なものに興味を持つことも

もちろんそうして興味を持つのが英語とは限りません。

もっと医学的な興味を持つ可能性もありますし、あるいは中国語などの、ちょっと意外な言語に興味を持つこともあります。

何に興味を持つかは人それぞれですが、そうして何かに興味を持つことがすごく良いことであることは間違いありません。

だから、小学生のうちに電子辞書を持たせることはおすすめです。

まとめ

小学生に電子辞書をプレゼントすることのメリットは、以上のとおりになります。

小学生に電子辞書なんてもったいないと思うこともあるかもしれませんが、このように将来の成長の為にすごくメリットがあるのですから、もったいないということなんて全然ありません。

そして当然早すぎるということもありません。

是非小学生のうちに与えてあげてください。