日本人が英語を身につけられない理由と電子辞書の関係とは

カシオ デジタル英会話学習機 EX-word RISE XDR-A20BK ブラック コンテンツ120

最近、英語学習ツールとして注目されているのは電子辞書です。

英語を学習するツールとしては最高な教材に成長したのが今の電子辞書なのです。

英語学習者、これから英語学習するという人は、ぜひとも購入したいツールの一つです。

それにしても、どうして日本人はここまで英語ができないのでしょうか。

その理由と、日本人特有の欠点を克服するための電子辞書の使い方を探ります。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


英語学習をする前に

テレビやラジオに触れていると、毎日のように「英語」という言葉が出てきます。

昔から日本人は英語学習が不得意でした。

中学生や高校生になると、毎日のように英語の学習を行っているにもかかわらず、全くしゃべれない人がほとんどです。

英語がスラスラ理解できたり、しゃべったりすることのできる人は、人口の1%もいないでしょう。

どうして日本人はここまで英語ができないのでしょうか。

大きな謎です。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


言語体系が違いすぎる

日本語と英語では、言葉の構造が全く違うのです。

英語だと主語、動詞、目的語など、一通り単語の順番は決まっています。

しかし、日本語の場合だとこのような順番がはっきりと定まっていません。

基本的には最後に述語がきて、主語があるかどうかわからない時もあります。

英語というものは必ず自分中心で、主語というものは絶対に必要です。

自分たちを中心に世界が回っているという考えも、主語が絶対にあるということから導き出せるでしょう。

それに対して、日本ではこのような感覚はありません。

話が通じれば何でもいい。

ひどいときには、顔色だけ見て分かってしまう。

イエスかノーもはっきり言わない。

このような文化の違いもあります。

日本語と英語では言葉の体系が全く違うことに加えて、その文化背景も全く違うことに、英語学習の難しさがあるといえるでしょう。

使わなくても生きられる

冷静に考えてみると、英語なんてできなくても誰も困らないのです。

だから誰も真剣に勉強しないのです。

仕事で英語を使わなければいけない人、海外に留学する人、知的好奇心が異常に旺盛な人。

これくらいしか英語をまともに勉強することはないでしょう。

ダイエットと一緒です。

やせたらいいなと思っているけど、やらなくても死ぬわけじゃない。

やせてられる利益よりも、太っていて快適という利益のほうが上なのです。

日本にいれば英語ができたとしても誰も使わず、日本語だけで事足りてしまいます。

逆に、英語ができなければ死んでしまうという状況に身を置いたらどうなるでしょうか。

間違いなくできるようになるでしょう。

アメリカの田舎の山奥に引っ越すことになった。

こうなってしまったら英語ができなければ生きていくことはできません。

このような方々は強制的に英語を覚えてしまうわけです。

日本国内に生活していれば間違いなく英語のお世話になることは少ないでしょう。

これも日本人が英語のできない理由の一つです。

歴史が違いすぎる

日本人のルーツが15000年前から2300年前の縄文時代に求められます。

それに対して英語のルーツは、アングロサクソン人が出てきた5世紀ごろ。

西暦でいうと紀元後400年以降というわけです。

明らかに歴史の深さが違います。

日本人は縄文時代の頃からやっているのです。

そのため、戦争に負けたからといって自民党が無理やり英語を覚えさせようとしても、なかなか頭に入らないのです。

日本人に英語を教え込もうとしても、日本語化されてしまって吸収されてしまうんです。

このせいで日本人はなかなか英語ができません。

このように、遺伝的にも日本人は英語を覚えにくい民族だといえるでしょう。

英語をしゃべっている人はいる

とはいっても、日本人で英語の話せる人がいます。

ということは練習すれば話せるようになるということ。

英語を身につけたいっていう人は、さまざまな方法で英語の実力をアップさせてください。

最近の電子辞書は、英語学習用の教材が充実しています。

よけいな問題集やテキストなど購入しなくても、電子辞書をやりこむだけで相当な力がつくでしょう。

リスニング

リスニングというのは、英語の音声を聞くことです。

英語の音声を聞くことによって、外国語の言葉に慣れるというわけです。

このときのポイントは、どんな言葉が発音されているのかを認識することです。

何をしゃべっているかわからなければ、耳に入ってきても単なる音でしかありません。

たんなる事を言葉のレベルにするために、集中してリスニングを行いましょう。

聞こえた音声を、テキストと見比べます。

これを地道に繰り返すことによって、外国人が話す単語が何なのかがわかるようになってきます。

そして、その単語を聴いて頭の中にイメージが出れば、相手の話を聞いても何をしゃべっているかがわかります。

最近の電子辞書だと、英単語の音声も聴けます。

NHKの英会話の教材が収録されているものもあります。

このような便利なコンテンツを利用して、リスニング能力を高めることができます。

聞き流すとかうまい話はない

勉強しなくても英語ができるというのは大間違い。

聞き流すことによって、口から英語が出てくるというのはうそ。

お母さんの言葉を聞いている赤ちゃんが、日本語をしゃべりだすのは、周囲にいる人の言葉を吸収できる時期だからです。

これが3歳くらいだといわれています。

この3歳を超えると、動物的な本能で覚えるのではなく、知性や理屈によって物を覚え理解しようとします。

英語を学習しようと思っている方は3歳ではありませんよね。

勉強して英文の構造をつかんで、英単語を理解する。

このように、大きくなってしまったら理屈を使って英語学習するしか方法はありません。

子供の時には日本語を大切にすること

勘違いしないでほしいのは、3歳までに英語を覚えなければできなくなってしまうと勘違いしてしまうこと。

確かに3歳は臨界期と呼ばれて、この時期をすぎると、理屈抜きで覚えることはできなくなってしまうでしょう。

しかし、この時期にしっかりすべきは日本語。

赤ちゃんに正しい日本語を読み聞かせてあげてください。

この正しい日本語が土台になって、将来さまざまな英語以外のことを理解できるようになるからです。

早期教育の弊害も

3歳までに無理やり英語をしようとしたり、英単語や漢字の勉強をたくさん覚えたりすると、言葉は記憶しているはずなのに、何の意味だか全くわからない。

このような気持ちの悪い現象すら起こります。

うまい話はありません。

赤ちゃんのうちに大量の記憶をさせようとしても、大人になってから逆に不具合が出てきてしまいます。

日本に住んでいるのなら日本語を大切にしましょう。

英語の学習というものは実は何歳でもできます。

むしろ、母国語がしっかりする中学生・高校生以降のほうが、外国語学習には最適というのは、日本以外の国では常識です。

無理やり勉強させることなく、子供の時には、日本語をしっかりすることを目標にしましょう。

そのためにも電子辞書なら日本語の辞書がたっぷりと収録されていますので、使ってみるといいでしょう。

もちろん紙の辞書を併用しながらがおすすめです。

無理やり早期教育をさせるという無茶な話。

先行逃げ切りなどうまい話には乗らず、コツコツ勉強するのが大切ということを態度をもって示すことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本語の文化と英語の文化は全く違うものです。

その差が大きすぎるので、スムーズに英語ができるようにはなりません。

でもコツコツと学習を重ねることによって間違いなくできるようになります。

そのためのサポートとして電子辞書をフルに使いましょう。

楽してできるうまい話などありません。

楽にできる教材や早期教育には目もくれず、子供の時には日本語を大切にしましょう。

英語学習はそれからでも遅くはありません。