様々な電子辞書の使用方法と注意点

シャープ 電子辞書 Papyrus パピルス PW-AT760-B ブラック 選べる手書きパッド/100コンテンツ収録 音声・カードスロット対応

昨今、PCやスマートフォンの普及に伴い電子辞書の必要性が薄れている事は、時代の流れとも言えます。

電子辞書が発売されたのは、日本で初めて1971年にシャープからポケット電訳機IQ-3000が有名です。

当時は電訳機とも呼ばれ、とても人気な機種です。

電子辞書の歴史も踏まえつつ、現在も押さえつつ全体を概観します。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


電子辞書とは

電子辞書は、日本の第一号としてシャープより1979年にポケット電訳機IQ–3000という機種が、発売されています。

その特徴も日本訳では、カタカナで訳され、価格も¥39800で、お値段もお手頃で一般大衆に向けたもので、とても有名です。

現在においても電子辞書とはインターネットが普及する中でも、生活する上で欠かせない道具として重要です。

現在は、年間出荷台数も1位はカシオ計算機、次にシャープ、キャノンの順でカシオ計算機については58%と独占した人気です。

また歴史的にも2007年が全体の出荷台数と出荷額ともに、一番高く、現在と比較すると半分以上の数字になる事は、幅広い層に浸透しているPCやスマートフォンの影響は特に大きいと言えますが、まだまだ用途豊富な電子辞書は魅力がある道具としておすすめです。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


電子辞書の使う場所

電子辞書は、主に小学生から大学生などの学生の使用も多く、また社会人に至るまで、様々な層に、それぞれの使い方があります。

学校での国語の授業で言葉の意味を調べたり、英和の授業の時間に単語や熟語を調べたり、英語の発音をネイティヴで聞いてみたり、英語を和訳してみたりとその使い方は多種多様です。

また最近では、学校でも電子辞書の使用を許可しているところは多いです。

社会人においても書類作成や会議などの際に、漢字や意味を検索したりと、言葉の意味を調べたりと、その用途は色々です。

また、毎日、電子辞書を持ち運ぶ場合は、とても軽くて、コンパクトなので、バッグの中でも、幅を取らずに持ち運べて邪魔にならないサイズです。

携帯が可能な事は大きなメリットとも言えます。

授業や公園や出先での簡単に手軽に使える事は特徴でおすすめです。

電子辞書の便利なところ

メーカーのそれぞれの機種によっても、内蔵されている機能によっても、便利な部分とは異なりますが、特に電子辞書の全体の便利なところをいくつか取り挙げると、まず、たくさんの色々な国の辞書が収録されていて便利です。

日本語、英語、中国語、ロシア語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語などがあります。

その場で直ぐに意味を知ることが出来たり、またシャープのPW-AM700は、スピーカーが付いていて、ネイティヴ発音が聞くことが出来るようになっていて、正しい発音が、簡単、手軽にチェックすることが出来きるので便利です。

カシオのXDーK9800WEでは、TOECに対応した、単語集、問題集が豊富に収録されているので、TOECのスコアを伸ばす事にも便利に活用出来ます。

セイコーインツルのX7000では、カラータッチパネルが今流行っているスマートフォンにも近いため、常に毎日、日頃から、スマートフォンを使われている人であれば、違和感なくスムーズに使えてとても便利です。

一つあれば、辞書をたくさん持ち歩いている事と同じなので安心と便利が一緒に手に入れられる意味でもおすすめです。

電子辞書の今後

PCやスマートフォンのほうがインターネットに接続されているため、検索のスピードは電子辞書にも今後期待する事柄とも言え、辞書において、それぞれの深い意味や内容を知りたい場合は、電子辞書のほうが収録されている内容は奥深く丁寧に掲載されているので、とても良いです。

またデジタルの機械にあまり慣れていない方は、操作方法を覚える必要があるので、作業としても、快適に使用出来る事が理想のため、より簡単な方法の操作が期待されます。

またスペルの入力についても、意味を知りたいスペルを全て入力しなくても、直ぐに色々なパターンが出てくるので、単語を覚えるといった意味では、便利な部分ですが、こちらも今後期待されます。

電子辞書の人気機種

カシオ 電子辞書 エクスワード 実践英語モデル XD-K9800WE ホワイト

カシオ計算機の電子辞書は常に人気な機種が多いです。

カシオのエクスワードXD−Y4800は¥24800は、このお手頃な価格で、国語辞書が10個、英語辞書も10個、その他7つ以上収録されていて、TOECにも対応なので、人気の機種です。

カシオエクスワードXD−Y2000¥38900は価格も勿論お手頃で魅力的ですが、辞書の収録の他に冠婚葬祭、家庭の医学、法律、料理まで生活における必要な内容までも、幅広く収録されているため人気です。

シャープBrain PWーSH3¥21480は、この価格で必要なものが収録されていて、色も5色揃っています。

またピンクの色は可愛いく、とても人気です。

カシオ計算機は電子辞書にていて全体的に色々な価格や機種を揃えていることは特徴でおすすめです。

電子辞書の購入方法

昨今、色々な場所や方法で、商品の購入は簡単に可能になっています。

買い物の方法も買い手に様々な提案かなされ、対面して説明を直接聞きながら、商品も手に取りながら色々選ぶことが出来る足を運ぶお店は、ヤマダ電気店、ビックカメラ、コジマ店などがあります。

電化製品が置いてあるお店です。

またデパートやスーパーなどの電化製品が置いてある場所でも購入は可能です。

そしてインターネットでも購入は可能です。

インターネットの購入の場合は、商品の情報をインターネットだけでは、色や形、風合いなど商品が直接家に届くまで、便利な方法ではありますが、手に取れない分、写真と違うなどの場合もあります。

様々な特徴を知った上で、よく考慮して購入する事が良いです。

電子辞書の使用方法

CASIO Ex-word 電子辞書 XD-A6500GD シャンパンゴールド 多辞書総合モデル ツインタッチパネル 音声対応 100コンテンツ 日本文学300作品/世界文学100作品収録 Blanview (ブランビュー) カラー液晶搭載

それぞれのメーカーや機種にも違いがありますが、カシオのXD-N6500については、まずメインパネルを開きます。

電源のスイッチを入れると、開いたメインパネルに様々な表示が見えてきます。

一通り配置などを覚えておくと便利です。

そしてキーボードという、手前の部分の近くにあるサブパネルは、手書きで入力出来たり、タッチペンを使える画面になります。

様々な辞書を選ぶ時は、メニューキーを押して、それぞれの必要な辞書をタッチして選びます。

英熟語を調べるには、好みの英和辞書タッチして、成句検索を選び、入力して、訳の決定キーを押します。

などまだ色々な調べたい内容について使用方法は異なりますが、タッチペンなども使用したりと、比較的、操作は簡単おすすめです。

電子辞書の注意点

キングジム AL20専用 ACアダプタ AS0625J

紙の辞書とは全く異なるため、常に充電することは忘れずに気をつける必要があります。

若し充電が切れてしまうと、電源が入らず、使用出来なくなるので、注意が必要です。

メーカーによっても様々な使い方が異なるために、使いこなせるようになるまで、使用する電子辞書の操作方法を覚えてスムーズになりように、練習が必要になります。

色々な表示をタッチし押し過ぎないように、注意が必要です。

まとめ

電子辞書はまだ新しい道具として日本人が手にした年数は浅いですが、活気的なスピードで内容は日進月歩、変化しながら存在しています。

人にとって手にするべき重要位置を確立している事も、また特徴です。

年々減少傾向にありますが、ここでまた人は、何が必要で重要なのかを改めて認識する必要な時期であるとも言えます。

人としての豊富な知識は財産であるため電子辞書の素晴らしさをおすすめします。