電子辞書、さて幾ら位の物を買えばいいのでしょう?

価格

今までは英語さえ押さえておけば何とかなる、と仕事上も思っていたのですが世の中そんなに甘くはありませんでした、やはり各国の言葉を最低限訳せるようでないと今の世の中、中々難しいものがあります。

かと言って普通の辞書ではデスクの上が辞書だけで山積みになってしまいます、これは電子辞書が必要だと思い立ったのはいいのですが、一体幾らぐらいのものが実用的なんでしょうか。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


まず売れ筋を検索してみる

まああまり安いものを購入して「安物買いの何とやら」になるのも問題ですので、大体の売れ筋から調べてみることにしました。

今やありがたいことに、比較サイトさんが山のようにあり情報はいくらでも取れますので、よく売れている電子辞書はどのメーカーなのか、そしてどれくらいの値段なのかを調べてみたんですが。

やはりどの検索サイトさんでも目立つのが、カシオの電子辞書ですね。

さすがにトップメーカーだけのことはあります、上位はカシオが抑えていると言うかトップ10もカシオ勢が優勢です。

電子辞書の歴史を作ったと言って過言ではないメーカーさんなので、やはり私もこちらのメーカーさんでの検索を第一にしてみました。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


値段を見てみる

さて肝心の値段はと言いますと、勿論ピンキリです。

売れ筋としては2万円台が多いようですが、この値段の品は学生向けが多いようですね。

ビジネス向けだとやはり、4万円台のものになってくるようです、これは仕方のないことだと思われます、情報量イコールお値段と言うことになりますので。

でも実はこのお値段のものだと、子供の学習用にも使えますし親の仕事にもつかえますので、ある意味2万円台の物を購入するよりお得かもしれません、ご家族のいる方にはちょっと高い買い物ですが結構おすすめになりそうです。

1万円を切るような品もあるだろう顔と思って、これも調べてみたんですが結構あります。

基本的な能力は入っていますので、お子さん専用とか海外旅行のお供にするなら、この手の物を購入するのも実は一つの手であるかもしれません。

他の言語の電子辞書はどの程度の値段なのか

私の場合英語は勿論ですが、スペイン語に接する機会も多いのでこちらの電子辞書の値段がどうなのかも、一応調べてみました。

まあ接すると言っても、使用回数は英語より格段に落ちますので、別に新品でなくてもかまわないかと中古も含めてチェックしてみましたが、やはり英語の辞書よりちょっとだけ高めでしょうか。

中古でビジネスに使えるようなスペックのもので、大体3万円弱と言ったところです。

中古でもきちんとした商品なら長く使えますので、それほど頻繁に使用しない場合は中古も考慮に入れても良いかもしれません。

つまり大体の所としてはこんな値段で

英語とスペイン語は外せませんが、後簡単な韓国語も翻訳できると便利だと思いましたので、こちらも適度な品を中古で調べて見ましたら、大体2万円台です。

と言うことは私の場合、英語の辞書のみ新品で購入するとして予算的には10万円と言ったところでしょうか。

値段だけ見ると、紙の辞書の方がずっと割安だし何もわざわざ電子辞書にしなくても、と思ってしまうところですが、これがですね。

それぞれの紙の辞書を簡単に数えると、6冊です。

仕事用の大きな辞書ですので、デスクの上が大変なことになってしまいます、加えてこの紙の辞書の字の細かさが年齢とともに辛くなってきたのも事実です。

まあ液晶画面でも目が疲れるんですが、あの細かい文字を探して行くのに比べると格段に楽なのは言うまでもありません。

まとめ

一昔前だと電子辞書は、使いづらいし重いと言われたものですが、今や使い勝手も良く自重も軽くなってくれましたので、若い人よりちょっと年のいった人におすすめの品になったようです。

お値段的にも、海外旅行程度なら1万円弱の品もありますし、音声機能も付いていますので安心なものが殆どです。

勿論仕事に使うのにも、ちょっと支出を覚悟すればその後の仕事がはかどりますので、一種投資と考えることも出来そうです。

私の場合3か国語で10万くらいでの予算になりました、如何な物でしょう。