電子辞書『EX-word XD-Z9800』は社会人におすすめ!

カシオ 電子辞書 エクスワード 実践英語モデル XD-Y9800WE ホワイト コンテンツ170

電子辞書は、学生が受験勉強をするために利用する物と思っている方は多いでしょう。

ところが、日本で販売されている電子辞書の中には『EX-word XD-Z9800』のように、社会人になっても活用できる機種もあります。

実際に社会人になっても、いくつか勉強しなければいけない事があって、それを知らなければ恥をかいたり失敗したりする事があります。

そこで社会人になっても電子辞書を利用する意味があるのか、半信半疑の方のために、本製品の特徴やメリットなどを紹介するので、参考にしてみて下さい。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


EX-word XD-Z9800の特徴

カシオ 電子辞書 エクスワード 実践英語モデル XD-Y9800WE ホワイト コンテンツ170

本製品は、視認性や利便性が優れている上に、豊富なコンテンツが収録されています。

そこで本製品を詳しく知らない方のために、本製品の特徴について紹介するので、見ていきましょう。

視認性

電子辞書はコンパクトなサイズの家電製品ですが、多くの辞書の内容が収録されているので、何冊もの辞書を用意する必要がありません。

しかしコンパクトなサイズになっている事から、画面が小さくなっている事から、文字や画像が見えづらい電子辞書もあるので、注意する必要があります。

ところが、本製品は『5.3型タッチパネル(TFTカラー液晶)』を搭載している事から、文字や画像が見やすくなっているのです。

そのため、視力が低い方でも見やすくなっているので、視認性の優れている電子辞書を探している方には、本製品はおすすめです。

利便性

電子辞書はコードを接続しなくても利用する事ができるので、公共交通を利用している最中でも、使用する事が可能です。

しかしバッテリーの残量が少なければ、コードを接続していない時は気軽に電子辞書を利用できなくなるので、注意しなければいけません。

ところが、本製品は単3形アルカリ乾電池LR6(AM3)を利用した場合は、約180時間も利用できます(使用方法によって時間が変わるので注意)。

そのため、充電する回数も少なく済むので、本製品は利便性が優れています。

コンテンツ

本製品は豊富なコンテンツが収録されていて、国語系が14コンテンツ・英語系が21コンテンツ・英会話&トラベルが64コンテンツ・学習が27コンテンツ・生活&実用が19コンテンツ・実務&情報が16コンテンツ・その他が4コンテンツもあります。

このように本製品は、国語系・英語系・学習系などの学生にとって必要なコンテンツだけではなく、プライベートやビジネスでも活用できる生活&実用や実務&情報などのコンテンツもあるのです。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


国語を勉強するメリット

本製品には国語系のコンテンツが多く収録されていますが、社会人が国語系を勉強する重要性を分からない方は意外と多いです。

そこで国語系を勉強する重要性について紹介するので、参考にしてみて下さい。

交渉術

社会人になってビジネスで活躍するためには、職種にもよりますが、相手を説得させるために、交渉術が必要になります。

その時に国語力がなければ、相手を説得させる事は難しいのです。

実際に国語力のない方はボキャブラリーがないので、相手を説得させられない上に、相手から信用されない場合もあります。

そのような事になれば、交渉に失敗しただけではなく、次から交渉さえしてもらえない可能性があるのです。

そのため、次も一緒に仕事をしてもらえるように、社会人になっても国語を勉強する事をおすすめします。

コミュニケーション能力

国語力がない方は、顧客と交渉する時だけではなく、社内でも信用されない可能性があります。

なぜなら国語力がない方は文章を理解する能力が低いので、社内のメールを受信した時に、その内容を理解できない場合もあるのです。

さらに日本語は漢字を利用するので、国語を勉強しておかなければ、その漢字を読めない場合もあるので、気を付ける必要があります。

そのため、学生の時に国語力が低い方は、社会人になっても国語を勉強したほうが良いです。

本から得られる知識

日本では活字離れが進んでいて、国語力が低い方がいます。

実際に興味がある書籍があったとしても、国語力が低くて、本を読む経験がない方は、読む気がおきないでしょう。

しかし書籍から得られる知識は多いので、書籍を読まなければ、自分が成長する機会を逃してしまいます。

実際に仕事でコミュニケーションを取る事が苦手な場合でも、相手と上手くコミュニケーションを取る書籍は数多く販売されています。

そのため、国語力を上げて、読書するクセを身に付けるメリットは大きいです。

英語を勉強するメリット

英語は、日本国内で住んでいるので、メリットがないように思うかもしれません。

ところが、世界はグローバリズムが進んでいるので、日本国内に住んでいても英語を勉強しておけば、様々なメリットを得る事ができるのです。

そこで、英語を勉強した場合のメリットを紹介するので、確認してみて下さい。

就職活動の範囲

日本には様々な職種があって、年収が低い職種もあれば、年収が高い職種もあります。

一概には言えませんが、年収の少ない企業では英語をあまり必要としない企業が多いのですが、年収の高い企業では英語力を必要とされている場合が多いのです。

特に、外資系企業の場合には英語力が必要とされる場合が多くあります。

そして日本の職種の中には、年収が200~300万円ほどの職種が多いのに、外資系企業の場合には1000万円を超える企業が多くあります。

そのため、年収の高い企業で働きたい場合には、英語力はあったほうが有利な場合は多いです。

海外出張が容易

英語力が必要ではない企業に就職した場合でも、海外出張した場合では、英語力が必要になる場合があります。

実際に海外出張を楽しみにしている社員が、海外出張した時に、思うように仕事ができなくて、落胆して帰国するケースがあるのです。

そのような時は、次回の海外出張までに英語力を上げようと思っても、企業によっては、何回もチャンスを与える事がないケースもあります。

そのため、最初の海外出張の時から失敗しないように英語を学んでおく事は重要です。

文化や観光を学ぶメリット

本製品には、文化や観光を学べるコンテンツもあります。

このコンテンツを学べば、ビジネスだけではなく、プライベートにも活用できます。

そこで、文化や観光のコンテンツを学ぶメリットを紹介するので、参考にしてみて下さい。

国際交流

海外出張の時には、滞在日数にもよりますが、祖国の文化を知らなければ、外国の方とコミュニケーションを取る事は難しいです。

逆の立場で考えたら分かりやすいかと思いますが、もしも社内で外国から海外出張に来ている社員がいたら、その方の国の事を聴きたくなるでしょう。

そのような時に、祖国の文化について明確に話せなかったら、コミュニケーションを取る気がないと思われてしまいます。

そのため、海外出張に備えるためにも、日本の文化を勉強しておく事も重要です。

プライベートが充実

本製品には『世界文学1,000作品』や『クラシック明色1000フレーズ』などが収録していて、様々な文学や音楽を学ぶ事ができます。

実際に、文学や音楽の知識を身につければ、同じ趣味のある異性の方と交流を深める事もできます。

日本では晩婚化が進んでいて、結婚できない方が増えていますが、婚活や合コンで同じ趣味を持つ方であれば、会話がはずみやすいです。

そのため、文学や音楽などを勉強しておけば、婚活の時に活かす事も可能です。

まとめ

学生の時に勉強する毎日で疲れた方は、社会人になったら、勉強をする必要がないと思って、肩の荷が下りたように感じてしまうかもしれません。

しかし学校を卒業しても、常に勉強する必要があるので、社会人になっても勉強していく事が重要です。

そして社会人になってから、恥をかいたり失敗したりする可能性を少しでも低くしたい場合には、本製品のように社会人として必要な情報が収録されている電子辞書を利用してみる価値があります。