電子辞書の便利な機能4選

シャープ カラー電子辞書Brain 生活総合モデル ピンク系 PW-SA2-P

電子辞書はどのような機械でしょうか。

まだ使用したことのない人にとっては世の中に様々な電子機器が存在する中では、その特徴を知ることはなかなか難しいのかもしれません。

キーボードを備えていますから、ミニパソコンのようにも見えなくもありません。

そこでここでは電子辞書のごく基本的な特徴がわかるように、使用した経験に基づいて、なるべく多面的に平易に説明していきます。

読んでいただければ電子機器がどのようなものであって、どのような活用ができるかつかめるように書きました。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


ネット上の情報の不確かさ

インターネットが普及して、簡単なことであれば、パソコンやスマートフォン上で検索すれば大まかなことを知り、利用することができます。

しかし、その情報出どころはというと、なかなかたどりつけません。

つまりでどころの情報もとにたどり着くのが容易でありませんし、不確かさがいつまでもつきまといます。

したがってネット情報を利用するには、それなりの注意を払いながら利用する態度を養わないといけないことになります。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


電子辞書上の情報の確かさ

その点、電子辞書に置かれている情報はどうでしょうか。

こちらは内蔵している情報は、ほとんどが辞書や事典類です。

したがって、その道の専門家が監修して編集されたものばかりです。

つまりここに掲載されている情報でどころが明らかです。

事実として明らかな情報を集積したものが電子辞書の情報といえます。

それだけにいつも頼れる右腕です。

紙の辞書ならば到底鞄の中に携えることができないだけの確かな情報を数百グラムの電子辞書は備えているわけです。

この点において電子辞書がおすすめできる機器であり、いかに有用なものかおわかりいただけると考えます。

電子辞書のメリット

仕事に用いる際には必要なものを鞄に入れて持ち歩くこともあります。

したがって重たい紙の辞書を何冊も抱えていくことはなるべく避けたいです。

したがってそういう目的のためには、電子辞書はうってつけの機具といえます。

上述したように物事を正確に把握したい場合にはネット上よりも早く正確な情報にたどり着けます。

したがって迅速に必要な情報が欲しい場合にはとても良いパートナーといえます。

しかも最低限のものしか携えることができないような場面や状況においてさえ、ポケットに入るサイズですから、コンパクトな中にとても優れた頭脳を持ち合わせているといえます。

電子辞書情報の学習への活用

したがって電子辞書に置かれている情報は、学習するうえにおいて上手に活用すれば、それを知識として正確に把握する学習法を達成するうえで、十分使える道具です。

使いこなせるようになれば古今東西の重要な情報はここから引き出すことができますし、知らない語に関してその意味をたちどころに説明してくれます。

この情報をもとにして、さらに広範な情報を引き出して、自分なりに積層していけば充実した教養として身に付けることができますし、正しい文化の理解や、世界の考え方の広がりや多様性なども学ぶこともできます。

電子辞書による文化の形成

電子辞書には他にはなかなか活用しにくい面白い機能を持っている機種があります。

詩や短歌などを作る人にとって、韻を踏むことはよく用いられます。

その際に逆引き辞書や、ある音を持つ言葉を羅列する機能は、電子辞書は大変優れています。

その機能を活用すれば、語尾をそろえたり、同じ音の数の語を探し出したりすることができます。

これは何も日本語だけに限らず、辞書を内蔵していさえすれば、英語でもそのほかの言語でも可能です。

したがって言葉でいろいろと「遊ぶ」こと、創作する文化活動ができます。

これは新しい側面です。

予想だにしない詩の表現が偶然生まれることだってあるわけです。

電子辞書の便利な機能その1

どの電子辞書でもあるような便利な機能に関して紹介します。

たとえば、類推する機能がその一例です。

ある英単語を使おうとして単語の綴りがあいまいだったとします。

大部分の電子辞書は、途中まで単語のスベルを入力しますと、途中であってもその候補を引き出してくれます。

多少あやふやなスペルで入力したとしても、そこから類推してその候補となる単語全体のつづりを表示してくれます。

これは大変有り難い機能です。

特に急いでいる場合には助かります。

紙の辞書ならば、つづりがあやふや(特に語のはじめの部分に関して)な場合にはなかなか目的の単語にたどりつけません。

試行錯誤が必要になります。

電子辞書の便利な機能その2

電子辞書には最近は音声を発するものが現れました。

特に外国語の発音は発音記号があったとしても、アクセントと合わせて発語しようとすると、なかなかうまくいきません。

ましてや一人で学習していたのでは確かめようがありません。

ある語に関して発音を知りたい場合には、この点音声の出る電子辞書ならば、その発音を真似ればよいことになります。

したがって正確な発音やアクセントでその後を覚えることが可能になります。

納得がいかない場合には何度でも同じ語で練習を繰り返すことができる点も、CDなどの教材と違う点です。

電子辞書の便利な機能その3

電子辞書には音声として様々な音が内蔵されている例があります。

鳥の鳴き声については、この外でよく聞こえている鳥の名前がはじめてわかることもあります。

その他にも動画があるものもあります。

動きを示してもらえると理解が容易な言葉や概念などは非常に重宝します。

このように電子辞書は技術の発達により内蔵するメモリが大きくなり、大容量の機器となってきています。

電子辞書の便利な機能その4

学習機能はさまざまあります。

漢字の書き取りを練習させてくれるものはなかなか有用です。

付属のペンを使い、手書きで液晶表面に目的の漢字を書いていくと正解かどうか判別してくれる機能です。

段階やレベルに応じて最適な漢字の書き取り問題を表示して解くことができます。

そして自分の実力の向上がどの程度であるか知ることができます。

こうした点は電子機器ならではという部分です。

そのほかにも英単語や暗記科目の履修に役立つコンテンツがある機種もあります。

電子辞書を生かしたコミュニケーション

電子辞書が進化したら、例えば電子翻訳機などとよばれる時代が来るかもしれません。

つまり、今は人が同時通訳を行ってコミュニケーションをとりますが、それに代わって、電子機器がお互いの言語を適切に訳して伝え合うという時代が、もうそこまで来つつあるといってよいでしょう。

もうモデルとなる機器はあるようですが、本格的なものはこれからのようです。

そうなると電子辞書の進化形の機器として皆が携える道具になるかもしれません。

成熟した電子辞書

電子辞書を使うことで仕事がはかどります。

そしてそのぶん、他に時間を費やすことができれば充実した生活を送ることができます。

いまや電子辞書はかなり成熟した便利な道具といえます。

したがって今後も形やほかのものと複合するかもしれませんが、生き残る可能性のある機器と考えられます。

それがわずか数枚の1万円札で得られるわけです。

今後は子どもから大人まで、それぞれがもっと使いやすい道具としてさらに進化してほしいものです。

まとめ

電子辞書は今や成熟しつつある機器のひとつといえるでしょう。

私が持っている15年ものの辞書でさえ、未だに不自由なく使えるぐらいの完成度の高さです。

日本人が日本語を使い、英語を道具に世界で活躍する時代はすでに到来しています。

電子辞書はそれをなしえる人々をサポートする道具として、進化を続け、21世紀から22世紀に向けて、さまざま形を変えつつ活躍すしつづけることになるでしょう。