電子辞書を購入するにはどれがいいのか?迷わない選びかた

電子辞書を購入するにはどれがいいのか?迷わない選びかた

「子供が電子辞書を欲しいというので」ということで電気屋さんに足を運んだお父さんやお母さんは多いはず。

しかし、いざ電位辞書コーナーへ足を運ぶとタテュタようなカラフルな電子辞書が並んでいて、どんな違いがあるのか?

今は小学生だけどどのモデルを購入すると良いのだろうと迷う気持ちもわかります。

現在の電子辞書市場と、発売されているモデルをひもときながら自分にあった辞書選びをご紹介します。
>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


小学生におすすめの電子辞書

今や中学生以上が持つものではなくなっている電子辞書。

小学生でも英語授業が義務化された影響で各社小学生でも使用できる電子辞書として小学生モデルを販売するようになりました。

ここで心配になるのは、今小学生だけど最も辞書を使うのは中学生や高校生だから高校生モデルを購入した方がいいのか?

という質問ですが、ズバリ小学生には小学生モデルを購入しましょう。

高校生モデルになると搭載されているコンテンツを見ると、古典や日本史、世界史など小学生にはまだ習っていない内容のコンテンツが搭載されています、ましてや小学

生モデルになると小学生にあった国語、算数、社会などのコンテンツが含まれているので、授業でわからない言葉や気になった問題には、電子辞書が参考書代わりとして

対応してくれます。

このことから、今の年代にあった電子辞書を購入することが最適といえます。

やがて高校生になった時に、高校生モデルを購入した方が、その時の最新モデルが同梱されているので、より今の勉強に寄り添った内容になっているので勉強をサポート

してくれます。
>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


目的に合わせて購入すること

電子辞書を購入する時に、迷うのがシャープかカシオかどちらが良いのかという点です。

ズバリ含まれているコンテンツは大きく変わりませんので、利用する本人がどのようなコンテンツに興味があるのかという点で選ぶことが失敗のない電子辞書選びとなる

でしょう。

たとえば、英語の試験を受けるという目的の場合、カシオには、英検の過去問やTOIECのリスニングデータが搭載されているので、まさに資格試験を目指すという人には

うってつけのコンテンツです。

また、シャープには動画機能も付いていることが特徴の1つであり、暗記というのが苦手な人に動画の反復練習を行うことで頭の中に深く記憶を残すことができるように

なります。

このように電子辞書を購入する場合は、自分にあった機種を決めることが重要でありそのためにもまずは店頭で操作をして面白いと思ったコンテンツと出会うことが大切

です。

シャープもカシオもその他の機種も全て良いところがたくさん詰まっているので、ぜひ触って体感してみてください。

熟語&音声機能の充実した英語強化モデル

最近の辞書の大きなポイントとなるリスニング。

英語以外にも、朗読をしてくれるなどリスニングのあり方も多様化しているという特徴もあります。

また、英語の勉強で一番厄介なのが、熟語の登場です。

熟語は辞書でもなかなかうまく検索に掛かりにくいという特徴があります。

カシオでも熟語を入れる場合、単語と単語の間に&という記号を1ついれる手間があるのですが、シャープは単語の間位にスペースを1つ打つだけでそのまま熟語の意味

を拾って解説をしてくれます。

このように同じ英語の辞書でも使い方は若干異なります。

購入する前に辞書をつかって自分は何をするのか?

特にどのコンテンツを使用するのかということ理解しておきましょう。

まとめ

電子辞書は値段も2万円以上が相場と決してお安いとは言えない商品です。

だからこそ購入する際には失敗したくないもの。

失敗しないためにも利用者が特に電子辞書に期待しているものというのを整理し、実際に操作してみることで違いを知るということが失敗することのない電子辞書選びに

つながると言えそうです。

ぜひメーカー名だけでなく機種本体を触ってみてください。