高校生におすすめの電子辞書『Brain PW-SH4』を紹介!

シャープ カラ―電子辞書 Brain 高校生モデル グリーン系 PW-SH4-G

高校生たちにとって電子辞書は勉強するためのものと思っている方は多いでしょう。

所が、SHARPの電子辞書『Brain PW-SH4』は、勉強するためのコンテンツだけではなくて高校生にとって嬉しい機能が数多く搭載されているのです。

そのため高校生の方であれば、Brain PW-SH4について詳しく知りたいと思うので、この電子辞書について紹介するので見ていきましょう。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


高校生にとって嬉しい機能

Brain PW-SH4は、高校生にとって嬉しい機能がいくつも搭載されています。

そこで高校生でも利用しやすい電子辞書を探している方のために、どのような機能が搭載されているのか紹介しましょう。

電卓機能

Brain PW-SH4には電卓機能が搭載されているので、数学の問題を解いた後に、自分が解答したものが合っているのか確認をする事ができます。

さらに電卓機能はその他にも利用する事ができて、例えばプライベードで欲しい買い物を購入するためには、どこまでお金を貯めたら良いのか分かる事もできます。

そのため電卓機能が搭載されていれば、勉強だけではなくてプライベートでも利用する事ができるのです。

スケジュール

高校生たちの中には、勉強だけではなくて部活の練習や、アルバイトなど様々な事を行わなくてはいけない方は多いでしょう。

そのため毎日のスケジュール管理が上手くいかなければ、勉強できない日々が続き、所属している部活でレギュラーを勝ち取る事も難しいでしょう。

そこでBrain PW-SH4には『カレンダー』機能や『時間割表』機能などが搭載されているのです。

この2つの機能を利用すれば、スケジュール管理が上手くいくようになるので、充実した高校生活を送れるようになるでしょう。

タイマー

Brain PW-SH4には『タイマー』機能が搭載されていて、3時間59分まで計る事ができます。

このタイマー機能を計れば、問題を解くのに何分までかかるのか計れるようになります。

そうすればテストを時間内で解答する事が苦手な方でも、時間内で解答する事ができるでしょう。

さらに、高校生の方でダイエットをしている方の場合は、ストレッチや筋力トレーニングの時間を計る時にも利用する事ができます。

>>人気の電子辞書おすすめランキングはこちら


注目すべき3つのポイント

Brain PW-SH4は勉強をするためのコンテンツや機能が充実しているので、勉強をするために電子辞書を購入したい高校生にとって興味深い所だと思うので、詳しく紹介しましょう。

充実した英語コンテンツ

Brain PW-SH4に搭載されている英語のコンテンツが充実していて、その中でも注目すべきコンテンツが『Brain English』です。

このBrain Englishでは、書く&話す・聞く&読む・覚える・試すなどのボタンが用意されていて、英語を効率的に勉強する事が可能になっています。

このコンテンツでは『暗記ツール』というものが用意されていて、カラーシートで単語や意味を隠す事ができます。

そのため覚えたい単語を暗記する時には、このカラーシートを上手に利用すれば、効率的に覚えていく事ができるでしょう。

検定対策

高校生たちの中には、進学を考えている方もいるかと思いますが、高校を卒業したら就職したい方もいるでしょう。

しかし日本の経済はまだデフレなので、簡単に就職できるような時代ではありません(2017年6月時点)。

そのため就職活動を有利に進めるためにも、1つでも多く検定試験に合格しておく事が重要です。

このBrain PW-SH4には『検定対策』がアプリで搭載されていて、ゲーム感覚で勉強する事ができるのです。

そのため勉強をする事が苦手な高校生でも、楽しみながら検定対策を講じる事ができます。

6教科に対応

Brain PW-SH4は6教科に対応したコンテンツを用意しているので、あなたが勉強したいコンテンツが収録されている可能性が高いです。

そのコンテンツの種類は英語・国語・数学・理科・社会(日本史・世界史)などがあります。

この中でも充実しているコンテンツが英語や国語で、様々な辞書が搭載されているのです。

そのため分からない言葉を検索する事ができるので、英語や国語を特に勉強したい高校生には、Brain PW-SH4はおすすめです。

Brain PW-SH4の基本情報

Brain PW-SH4に搭載されている機能やコンテンツを分かった方たちの中には、この電子辞書を購入しようか悩んでいる方は多いでしょう。

しかしBrain PW-SH4の基本情報も知らなければ、購入してからイメージしていたものと違って後悔する事もあるので、この電子辞書の基本情報について紹介しましょう。

見やすい電子辞書

Brain PW-SH4は大画面の『5.5型高精細液晶(854×480ドット)』になっています。

そのため小さい液晶画面の電子辞書を使用している方で目が疲れてしまう方は、Brain PW-SH4を検討してみる価値があるでしょう。

さらにBrain PW-SH4は『なめらかフォント』を採用しているので、画数の多い漢字でも綺麗に表示されているのです。

そのため画数の多い漢字を1つでも多く勉強したい高校生にも、Brain PW-SH4はおすすめです。

キー操作

電子辞書の操作性を左右するのが『キーボード』です。

このキーボードが小さければ押し間違えてしまって、効率的に勉強する事が難しいのです。

そこでSHARPは、Brain PW-SH3に比べて、Brain PW-SH4のキーボードが1.7倍の大きさにしています。

そのためBrain PW-SH4であれば、押し間違える回数が少なくなるでしょう。

さらに、使用スタイルやシーンに合わせて画面上のボタンを縦と横に切り替えられる『フレキシブルタッチキー』を採用しています。

そのため画面上のボタンの位置に不満がある場合でも、この機能を利用すれば、ボタンの位置に不満を抱く事もなく利用できるでしょう。

カラーバリエーション

日本で販売されている電子辞書の中には、カラーバリエーションが1種類しかない機種があります。

そのような電子辞書を購入しようとしたら、自分の好みのカラーがなくて困ってしまう高校生は多いでしょう。

所が、Brain PW-SH4には5種類もカラーバリエーションが用意されているのです。

その種類は、ホワイト系・ブラック系・グリーン系・ネイビー系・レッド系などがあります。

ここまでカラーバリエーションが豊富に揃っていれば、自分の好みのカラーを見つけられる可能性が高いでしょう。

利用者たちの満足度

様々な機能を搭載しているBrain PW-SH4ですが、実際に利用している方達が満足しているのか知りたい方は多いでしょう。

実際にBrain PW-SH4を利用している方達の中には、大きな液晶画面になっている電子辞書なので、見やすくなっている所を満足している方がいました。

そしてカバーを360°回転させてパッドの様に使用できる所を満足している方もいたので、スマホのように操作できる電子辞書を探している方にも、Brain PW-SH4はおすすめです。

まとめ

Brain PW-SH4は勉強するためのコンテンツだけではなくて、タイマー機能やカレンダー機能なども搭載されているので、充実した高校生活を送る事ができます。

そのため勉強するための道具だけで、様々な事が行えるものを探している方であれば、満足できる電子辞書と言えます。

さらに、この電子辞書は大画面の液晶を採用しているので、目が疲れにくくなっているので視力が低下しづらいのも嬉しいポイントでしょう。