ランナーのウエアでは欠かせないランニングタイツ、特に夏場のお手入れは気をつけて

ランニングタイツを履いて走ることは、今や当たり前の事となっています。

保温は勿論、紫外線から身を守ってもくれますし、脚にかいた汗をサクッと吸収してもくれます。

程よい締めつけ感で、脚の疲れの軽減にも役立ってくれます。

季節かかわらずランニングタイツは、ランナーのウエアとして認知されているのですね。

でもこのランニングタイツ、やはりお手入れは大事です。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)

私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら




ランニングタイツはランナーの友

ランニングタイツを履いて走ると、本当に疲れが少ないのか、脚にとっていいのかという議論は、ネット上でもよく見かけます。

実際、役に立つ立たないというのはいささか水掛け論になってきた感もありますね。

しかし疲れとか筋肉の問題云々はともかく、脚の保温や汗の吸収、紫外線から肌を守ってくれる機能は、明らかに優れています。

履いて走った場合と履かないで走った場合、その差は明らかです。

大事な脚を守るために、1枚履いて走りたいものですね。

それが勿論、暑い時期でも同じことです。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)

私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら




暑い時期は寒い時期よりも役立つかも

寒い時期の保温という問題はわかるけど、暑い時期に何もわざわざ1枚着るものを増やさなくても、と考える人がいるもの当然です。

紫外線対策として

まずはこの時期の紫外線です。

顔や腕に対する紫外線対策は誰でもするものですが、意外と脚に関しては忘れている人が多いのですね。

普段の洋服でも、暑いのでストッキングなしの女性は多いです。

男性の場合も、休みの日には半ズボンで外出という人も多いはずです。

紫外線に脚を晒している人、意外と多いのですよ。

とは言っても普通の外出なら、長時間日に当てるということはまずありません。

しかしランニングの場合は、これはかなりの時間日光に脚を晒すことになりかねません。

ランニングタイツ1枚で、これを軽減出来るのですね。

汗の吸収として

また、これは運動をあまりしない人には自覚がないかもしれませんが、意外と脚全体には汗をかくものです。

普通にしていても汗をかくのですから、外を走ったら勿論かなりの量の汗をかくことになります。

そのままにしておいたら流れた汗が靴の中まで、ということになります。

これを途中で吸収してくれるのが、ランニングタイツなのです。

筋肉サポートとして

夏場の筋肉や関節は、寒い時期に比べて柔らかくなった感じがします。

実際、滑りが良くなっているという感じですね。

これが時として、緩みすぎて不安定と感じることがあります。

そんな時にランニングタイツのサポート機能はお役立ちです。

いきなり気温が上がった時などに、着用をおすすめしたいですね。

そんな夏場のランニングタイツは注意も必要

このランニングタイツというのは、本物の機能性タイツを購入した場合結構お財布に厳しいものがあります。

なのでここは、しっかりと使用法に注意をして使用後のケアも充分にしておきたいですね。

焦らず慌てずの着脱を

まず着用時です。

コンプレッション機能のあるランニングタイツの場合、普通のタイツのように適当に履くわけには行きません。

しっかりと自分の脚、関節部に合わせて履く必要があります。

しかし夏場の脚は汗を薄っすらとかいているものです。

家の中で履く時でも、何となく肌は汗ばんでいるものです。

加えて湿度が高ければ、余計にベタつきますね。

ゆっくりと時間をかけて、履くようにしてください。

また脱ぐ時も同じです。

と言うより脱ぐときのほうが、注意が必要ですね。

かなり汗をかいているので、なかなか脱げないこともあります。

ここで焦ってしまうと、ストレッチを駄目にしてしまうこともあります。

最悪の場合、穴が空いてしまったりすることも、無いではありません。

新品のランニングタイツを、あっという間に駄目にしてしまわないように、暑くても我慢してきちんと着脱してくださいね。

脱いだらでいるだけ早く洗いたい

汗には勿論塩分が含まれています。

これが布地を悪くする一つの原因になります。

特に染料は、結構汗で落ちたりしますね。

Tシャツなどの脇の部分だけ、色落ちしたりということはありませんか。

ランニングタイツもですが、この塩分をできるだけ早くとってしまいたいものです。

ストレッチにも問題が出てきますので、出来たら水で流すだけでも構いませんので、すぐにやっておきましょう。

シャワーを浴びる時に一緒に、流してしまうのがおすすめです。

後でまたしっかりと洗濯したい時には、バスルームにでもとりあえず干しておくといいですね。

またどうしてもすぐに洗濯ができない場合、とりあえず風通しのいい場所に干しておいてください。

洗濯は洗濯機でそれとも手洗いで

丈夫にできているランニングタイツですが、それでも機能性の問題からすれば、結構繊細です。

出来るだけ手洗いが推奨ですね。

実際、お手入れ方法にも手洗いでと明記されています。

ただ幸い、今の洗濯機の場合ソフト水流と言った感じの機能があります。

おしゃれ着洗いとか短時間洗濯とかですね。

ネットに入れてこの手の洗濯機の機能を使用すれば、それほど傷むことなく洗濯ができます。

まあそれでも、多くの洗濯物と一緒に洗うのは、避けたほうが賢明ですね。

他の洗濯物との摩擦が起きると、どうしても生地が痛みやすくなります。

来ていたランニングウエアと一緒に、サクッと洗濯機に入れて回してしまいましょう。

シャワーを浴びている間に洗濯終了という、手間が省けて大変に便利です。

裏返して洗ったほうがいいそれとも

これに関しては、そのランニングタイツの作りいかんと言ったところです。

裏起毛のついたランニングタイツなら、裏返しての洗濯のほうが汗も充分に取れますしおすすめです。

裏起毛が傷むのではと思うのも当然ですが、手洗いなら問題はありません。

普通のランにニグタイツの場合は、それほど表裏気にしなくても大丈夫です。

ただ干す時に、色落ちなどが心配なら予め裏返しておくのが、手間がかかりませんね。

ちなみに筆者の場合、脱ぐ時に裏返すようにして脚から剥がしていきますので、自然に裏返しになります。

なのでそのまま洗っていますが、今の所トラブルはありません。

夏場だけでなくランニングタイツというものは

いくら丁寧にお手入れをしても、何時かは寿命が来るものです。

と言うより、ある意味こういったウエアというのは消耗品でもあります。

ストレッチがあまり効かなくなった、布地が薄くなってきた、脚の合わなくなってきたなどの兆候が現れたら、買い替えも考えてください。

丁寧なお手入れは何によらずその品物の寿命は伸ばしてくれます。

しかしそれでも何時かは使えなくなる時が来るのです。

普通の洋服なら使い回しも出来ますし、もしくは仕立て直しも可能です。

しかし機能をメインにして使用するこういったウエアの場合、その機能が働かなくなったら、残念ながら諦めるしかありません。

ランニングタイツの機能を享受したい場合、第一にお手入れ、次に寿命を察知することも、忘れないようにしてください。

お気に入りのランニングタイツをそれでも、できるだけ長く使用するために、特に夏場のお手入れと使用は気をつけてやっていってくださいね。

まとめ

ランニングタイツの効用は、使用している人には本当に身にしみているはずです。

ついでにそのお値段についても、充分に確認できているはずです。

良いランニングタイツは、身体にもいいのですがそのお値段はお財布にいいとは言えません。

何によらず夏場に使用するウエアは、どうしても使用が荒くなってしまうものです。

暑いからと雑にならないように、しっかりとお手入れ使用をしていってください。