腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

いつも腰が痛くなってしまう?ソファで寝ると腰痛になってしまう理由とその対策方法

      2017/09/08

【 空気 で 膨らむ ソファ 】 体に フィット する SOFA ボトル スタンド オットマン 付属 セット おしゃれ 大人 MI-LISOFA

ソファで寝ていると、腰痛になりやすくなります。

でもそれを知らずに日々ソファで寝ているという方も多いでしょう。

そして、いつしか腰痛になってしまい、なぜこんなに腰が痛いのかと困ってしまうようになるのです。

しかし、なぜソファで寝ると腰痛になってしまうのでしょうか?

ここではその理由と対策方法について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

ソファで腰痛になるのは寝返りが出来ないから

まずソファで腰痛になるというその理由から見ていきます。

ソファで寝ると、まず基本的には寝返りが出来ないでしょう。

一般的にソファにはそれほどの広さがあるわけではありませんから、寝返りをしようとしても、それだけのスペースがないのです。

ということは、寝返りが出来るはずもありません。

もちろん中には、すごく大きなソファで寝ていて、寝返りをするスペースもなんとかありそうだという方もいるかもしれません。

でも、たとえそういう方であっても、寝返りは出来ないのです。

では、そういう方は何故寝返りが出来ないのでしょうか?

ソファでは柔らかすぎる事が多い

ソファというのは、えてして柔らかいものです。

もちろん中にはある程度固いソファもあります。

でも、寝返りが出来るくらい大きなソファでは、基本的にはお尻がある程度沈み込むくらい柔らかいことがほとんどでしょう。

たとえそこまで柔らかくなかったとしても、固めのマットレス等に比べると、やはりソファははるかに柔らかくなります。

そうしてある程度やわらかいものともなると、寝返りを打てなくなるのです。

寝返りを打とうとしても、その寝返りの為の力を吸収されてしまいますから、上手く寝返りができなくなるのです。

だから、ある程度大きいソファでも寝返りは打てないと言えるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

寝返りが出来ないとなぜ腰痛に?

でもそもそも寝返りが出来ないと何故腰痛になってしまうと言えるのでしょうか?

寝返りが出来ないくらいで腰に痛みがくるなんて、なかなか考えられないという方も多いかもしれません。

しかし、それは残念ながら真実であり、寝返りが出来ないと腰痛になってしまうのです。

その理由は、筋肉のこりにあります。

寝返りというのは実は、寝相が悪いからしていることではなく、動かさないせいで固まりかけた筋肉をほぐすためにしているものなのです。

そうして寝返りで身体を動かしてあげるということは、筋肉を動かすことになります。

ひいてはそれは、筋肉のコリは解消することに繋がるのです。

筋肉のコリが解消できないと、そのせいで身体はドンドン固くなっていきます。

すると次には、血流が悪くなっていきます。

血流が悪くなると、その血流が悪い個所に痛みが生じてくるのです。

それが腰に起こるのが、腰痛なのです。

腰のあたりは特にこりやすい

そして腰のあたりは特にこりやすい個所だと言えます。

基本的にはやはり、動かさないだけではなく、体重などの負荷がかかった方がこりやすくはなります。

肩こりを想像すればそれは分かるのではないでしょうか?

肩こりは、肩をたくさん動かしていないだけではなく、たとえばデスクワークなどでほんのり肩に力が入り、肩に負荷がかかっているから起こることが多いです。

そんな風に、動かさない上に負荷がかかることが、痛みの原因になるのです。

腰には、特に体重の負荷がかかりやすいです。

丁度身体の中心のあたりにありますから、それも仕方ないと言えるでしょう。

そして腕や足であれば、寝返りを打たなくても動かすことはあるかもしれませんが、腰は寝返りを打たないとまず動かしません。

だから、寝返りを打たないと腰のあたりは特に傷みやすいと言えるのです。

ソファしか寝る場所がない場合はどうしたら

そういうことがあるので、出来ればソファで寝ることは避けた方が良いでしょう。

ただそうはいっても、そもそもソファ以外には寝る場所がないという方もたくさんいるのではないでしょうか?

そんな風にソファしかない場合には、ソファで寝るしかなくなります。

では、ソファしかない方は、常に腰の痛みを抱えながら生きるしかないのでしょうか?

もちろんそんなことはありません。

たとえソファしかないとしても、それに対しての対策方法はあるものです。

横向きで寝るようにする

まず一つ言えるのは、横向きで寝るようにするという方法です。

ソファであっても、やはり寝る時には仰向けで寝たいという方はたくさんいるのではないでしょうか?

しかし、ソファの場合仰向けで寝るというのは、あまりおすすめできる事ではありません。

本来であれば仰向けで寝るのは一番良い体勢のはずなのですが、ソファのような腰のあたりがしずみやすいもので寝ている場合、やはりそれは避けるべきなのです。

しっかりと腰のあたりに負荷がかかるようになってしまいますから。

なので、ソファで寝るのであれば、基本的には横向きで寝るようにしてください。

もちろん横向きで寝てもスペース的には寝返りは出来ないでしょうから、完全に身体が楽になるわけではありません。

しかし、体重の重みが腰に強くかかってしまうということはなくなるでしょう。

ということはつまり、仰向け寝ている時よりは腰がこらなくなることが考えられるのです。

だから、多少は腰も楽になるでしょう。

適度に起きて体勢を変えるのもアリ

また、適度に起きて体勢を変えるというのもアリでしょう。

中にはわざわざ自分で起きようとしなくても、そもそも勝手に夜中に尿意などで目が覚めてしまうという方もたくさんいるでしょう。

そういう方は、その尿意で目を覚ましたままの勢いで、一旦軽いストレッチなどを挟み、寝る体勢を多少変えて寝るようにするのです。

たとえば、右側が下の横向きで寝ていたのであれば、そうして一度起きた後には、左側が下の横向きで寝るようにするのです。

そうして体を動かして寝る向きを変えていけば、それは寝返りをしているのと同じようなことになります。

寝返りとは違い、無意識で出来るわけではないので、睡眠の質は若干低下するかもしれませんが、それでもただただずっと同じ体勢でソファの上で寝ているよりははるかに腰の痛みは軽減されるでしょう。

最悪布団を購入する

もし、どうしてもソファで寝ていて腰痛が軽減されないようであれば、布団を買う事をおすすめします。

ソファで寝ている人は、部屋にベッドを置くと狭くなるけど、布団は見た目が嫌だなどと、こだわりが強い人も多いでしょう。

でも布団の見た目がいやなのであれば、その布団はおきたらすぐに干せばよいのです。

そうすればそれはみえなくなりますし、スペースを奪う事もありません。

そして、布団であれば問題なく寝返りも打てるようになるでしょう。

だから、それが一番の腰痛対策になるはずです。

もちろんその分手間にはなりますが、その手間も慣れてしまえば歯磨きや洗顔と同じくらいの手間にしか感じなくなるはずです。

布団であれば、安ければ2000円とか3000円くらいで購入できますから資金的な心配もありません。

実はこれは、すごく効果的な対策方法なのです。

まとめ

ソファで寝ていると腰痛になるのは、寝返りが打てないからで、その対策として言えるのは、基本的に横向きで寝つつ途中で体勢を変えるか、あるいはソファ以外の寝どことして布団を導入するという方法でした。

是非これらのことを参考に、睡眠環境を上手く改善していってください。

そして、寝て起きたら腰痛と言う気分の悪い目覚めから卒業していきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ