腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

どこを見ておくべき? ダブルサイズマットレスを自分で運ぶ際の確認ポイント

   

ダブルサイズのマットレスを買う際には、大体の場合で配送をしてもらうことになるでしょう。

でも、車でマットレスを買いに行っている場合には、早く使いたいから自分で持って行こうと考えることもあるかもしれません。

ですがそうして自分で持っていく際には、確認しておいた方が良いことがいくつかあります。

その幾つかの確認ポイントを、ここでは紹介していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

エレベーターにのせることができるかどうか

家が一軒屋なのであれば、このポイントは全く関係がありません。

だから無視してしまって全く問題ないでしょう。

しかし、もし家がマンションなのであれば、このポイントは避けては通れません。

それが、エレベーターに乗せることが出来るのかというポイントです。

ダブルサイズのマットレスは、すごく大きいです。

だから、エレベーターがあまり大きくない場合、そのダブルサイズのマットレスをエレベーターに乗せることが出来ない事も出てくるのです。

エレベーターに乗せることが出来ない場合、階段で運んだりしないとならなくなります。

たとえばそれが二階とか三階くらいなのであれば、別に階段も問題はないでしょう。

でもダブルサイズのマットレスを持って五階くらいまで行かないとならなくなると、それはすごくしんどいでしょう。

なので、そうならないように、きちんとエレベーターに乗せることが出来るかどうかは、事前に調べておくべきなのです。

ダブルサイズの大きさは140×200センチ

ダブルサイズのマットレスの大きさは、だいたい140センチ×200センチになります。

でもエレベーターの中には100センチ×100センチくらいの小さなエレベーターも意外にたくさんあります。

特に、昔のエレベーターにそういうものが多いでしょう。

これがたとえば、最近出来たマンションに住んでいるとかいうことであれば、いちいちエレベーターの確認をしなくてもきちんとダブルサイズのマットレスを乗せることが出来ることがほとんどでしょう。

最近できたマンションのエレベーターは、大体の場合で大きいですから。

でも、昔からある年季の入ったところに住んでいる場合は、しっかりとエレベーターの中やエレベーターのドアの寸法を測っておくべきだと言えます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

階段の寸法も確認しておくべき

もしエレベーターにのせることが出来ないという、小さなエレベーターを使用しているマンションに住んでいた場合には、階段の寸法をしっかりと確認しておかないとなりません。

そうでないと、最悪階段ですらダブルサイズのマットレスを運ぶことが出来なくなってしまうでしょう。

ダブルサイズのマットレスは、寝かさないで、一番細い面を上向きにして運ぼうとすれば、割かしスリムになります。

だから、だいたいの階段は通るでしょう。

しかし、場所によってはそういう持ち方をすると、階段を曲がりきれないことがあります。

入らないという事はないでしょうが、曲がりきれない可能性が出てくるのです。

曲がりきれないとなると、当然階段から上げることもできなくなります。

そうなったらもはや万事休すになります。

だから、もしエレベーターにダブルサイズのマットレスを乗せることが出来なかったという場合には、しっかりと階段の寸法を確認して、特に階段を曲がりきることができるのかと言う事をチェックしておきましょう。

階段の場合は手伝ってくれる人も必要

階段の場合は、手伝ってくれる人も必要だと言えます。

これがエレベーターの場合であれば、最悪一人でもなんとか運ぶことは出来るかもしれません。

しかし、ダブルサイズのマットレスはすごく重たいです。

それを一人で階段で運んでいこうというのは、間違いなく至難の業になります。

あるいは、一人でないにしても、例えば夫婦やカップルでソレを運ぶのも難しいと言えるでしょう。

男性二人くらいでも、それなりにしんどいものですから。

なので、階段で運ばないとならない際には、手伝ってもらえる人がいるかどうかということもきちんと確認しておくべきでしょう。

そもそも車に乗せることができるのか

ダブルサイズのマットレスを自分で持ちかえる際には、車に乗せることが出来ないとなりません。

なのでそもそも、そのダブルサイズのマットレスは車に乗せることができるかどうかという事をしっかりと確認しておかないとならないでしょう。

もし乗らなかったら、持って帰ることもできませんから。

ある程度大きめの車でないと厳しい

ダブルサイズのマットレスを車に乗せるには、やはりある程度大きめの車でないと厳しいといえるでしょう。

先述の通り、ダブルサイズマットレスは、140センチかける200センチになります。

つまり、最低でも縦に140センチ、横に200センチか、あるいは横に200センチ、そして縦に140センチの余裕がないとダメになります。

それにはやはり、ある程度大きな車が必要になるのです。

もし自分が使用している車が軽自動車のようなコンパクトな車なのであれば、ダブルサイズのマットレスを乗せることが出来る車を借りることができるのかと言うことも、しっかりと確認しておかないとならないでしょう。

それはたとえば、ダブルサイズのマットレスを売っているようなところで貸し出してくれる場合もあるので、それもあわせて見ておくと良いでしょう。

そういうところで貸し出してくれる場合には、だいたいの場合で無料で貸してくれるでしょうから、使えるのであればそれを使うに越したことはありません。

家の中の通路を通すことが出来るか

ダブルサイズのマットレスを買う際に確認しておかないとならない点は、もう一つあります。

それが、家の中の通路を通すことが出来るかどうかという点です。

ダブルサイズのマットレスを家の前まで運ぶことが出来たら、後は気にすることはそれだけです。

ダブルサイズのマットレスは、ここまで何度も述べてきた通りに、すごく大きいと言えます。

でも、ドアを通すことが出来ないという事はまずないでしょう。

ドアくらいは、問題なく通すことが出来るはずです。

でも、家の中の通路を問題なく通ることが出来るかと言われたらそれが、一つの問題になるのです。

日本のマンションは狭いことも多いです。

なので、たとえば家の中にすでにものがたくさんある状態では、ダブルサイズのマットレスを通していくことが出来ないという事も、ざらにあるのです。

そうして中を通していく事が出来ないとなると、せっかく持って帰ってきても、直ぐには使う事が出来なくなるでしょう。

そうなったらただただ労力をかけた分だけ損することになってしまいます。

なのでそうならないようにするためにも、家の中を通路は今の状態で問題なくダブルサイズのマットレスを通すことができるのかという事を確認しておかないとなりません。

先に片づけておくのがおすすめ

そういうことがあるので、ダブルサイズのマットレスを買うのであれば、先に片づけておくのがおすすめになります。

先に片づけておけば、大体の場合でダブルサイズのマットレスでもきちんと通していけるようになるはずですから。

まとめ

ダブルサイズのマットレスを自分で持って帰ってくる際に確認しておきたいポイントは以上の通りになります。

これらの点をしっかりと確認しておかないと、苦労した持って帰ってきたダブルサイズのマットレスを持って待ちぼうけになってしまう事があるでしょう。

そんなに悲しいことはないので、そうならないように、しっかりと確認しておいてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団