腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

まくら無しで眠るとどうなるの? 長年の悩みが改善することがあるかも!?

      2017/09/08

大多数の人は眠る時にまくらは必須だと考えていますが、実はまくらナシで眠っている人も結構います。

まくらを使わずに眠ることで、さまざまなメリットを享受することができる可能性があります。

一度、眠る時にまくらは必須だという概念をすててみませんか?

簡単に試すことができる健康法です。

とはいえ、全員にあてはまるわけではありません。

まくらを使わないという選択肢

まくらは敷布団や掛布団と同じくらい寝具のレギュラーメンバーです。

なぜ使うのか、どんな役割があるのか、本当に枕は眠るのに必要なのかと改めて考えた人は少ないのではないでしょうか?

しかし、枕は必ずしも必要とは限りません。

むしろ、枕を使わずに眠ることでメリットすらある場合もあります。

全員にあてはまるわけではありませんが、以下に記述する種類の悩みを抱えている人にはおすすめです。

試してみましょう。

一方で、枕を使わないことでデメリットも生じることがあるので、注意をしましょう。

すぐに出来ることなので、まずは試してみましょう。

まくら無しだと首にシワができにくい

枕を使って眠ると首にシワができます。

そして、毎日の積み重ねで首にシワが深く刻まれてしまいがちです。

枕を使わないで眠ると首の皮膚が伸びてシワを作らずにすみます。

なので、首にシワができにくくなります。

首は年齢が出やすい部分です。

女優さんなど、見られる仕事をしている人の中には枕無しで眠っている人も多いです。

出来ます。

まくら無しだとストレートネックを改善できる

ストレートネックとはパソコンをのぞき込んでいる時の前屈みの首の状態のことです。

首がまっすぐに伸びてしまい、頭の重さを支えるのに無理がでてしまいます。

毎日、パソコンを長時間覗き込んでいるような生活を続けえていると、首の骨がその状態で固まってしまいます。

そうなると、頭を支えるのが難しくなってしまい、首や肩が凝ってしまいやすくなります。

本来、首は少し湾曲しているものなのです。

枕無しで眠ることで、昼間伸びっぱなしだった首の湾曲を取り戻しやすくなります。

まくら無しで偏頭痛を軽減

偏頭痛の原因にはさまざまなものがあります。

その1つは心臓より頭が高い位置にあることでうっ血してしまうことだと言われています。

枕無しで眠ることで心臓と頭の高さを同じにすることができます。

編頭痛の原因によっては効果が無い場合もありますが、簡単にできるので、編頭痛に悩んでいる人は試してみるのがおすすめです。

枕無しでいびきが改善

いびきの原因にはさまざまなものがあります。

その1つは枕によって首が傾き過ぎてしまって気道が狭くなってしまっていることだと言われています。

枕を使わないことで気道が開きやすくなり、いびきが改善する場合があります。

枕無しで猫背が改善

枕無しで眠ることで、背中が伸びて、猫背の改善も期待できます。

しかし、猫背の人が枕無しで眠ると、顎が常時上を向いていることになってしまうので、帰って肩凝りや腰の痛みを覚えることになってしまうかもしれません。

無理はしないようにしましょう。

枕無しで眠ることのデメリット

枕無しで眠るとさまざまなメリットを期待することができますが、デメリットもあります。

大多数の人が枕を使って眠っていることからもそれは証明されています。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

枕無しだと寝付きにくい

ずっと枕を使って眠っていた人が急に枕無しで眠ろうとすると寝付きにくくなってしまいます。

そのうち慣れてくることもあるかもしれませんが、睡眠不足が続くことになってしまうかもしれません。

もともと寝付きが悪い人はなおさらです。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

枕無しだと浮腫みやすい

枕無しだと頭の方に血が集まってしまいやすくなり、起きた後顔が浮腫んでしまいやすくなります。

むくみの原因にもさまざまなものがありますが、寝起きに上半身のむくみが気になるという人は枕を使った方が良いでしょう。

枕無しだと寝がえりをしにくい

枕無しで寝ているということは常に首が緊張している状態です。

この状態だと寝がえりが打てません。

枕がある状態だと健全な眠りならば一晩に30回程寝がえりをすると言われています。

しかし、枕無しだと寝がえりがしにくくなり、起きた時に身体が痛かったり、疲れが取れにくくなってしまったりすることがあります。

枕無しだと横向きで眠りにくい

枕無しだと横向きで眠りにくくなってしまいます。

肩に負担が強くなってしまうので、仰向け以外の寝方では熟睡しにくくなってしまうのです。

また、無意識にした寝がえりで首を痛めてしまうようなこともあるかもしれません。

枕無しだと口呼吸になりやすい

枕無しで仰向けにナムってしまうと、首の皮膚や筋肉があごを引っ張ってしまい、口が空きやすくなってしまいます。

口呼吸になってしまうと、熟睡できなかったり、風邪をひきやすくなったりしてしまいます。

いきなり枕無しは悪影響も

枕無しで眠るこのメリットもたくさんありますが、デメリットもたくさんあります。

普段枕を使っている人はいきなり枕無しで眠ると、寝付きにくさや疲れのとれにくさなど、デメリットの方を多く感じるかもしれません。

そのようなときにはいきなり枕無しにするのではなく、以下のような方法を試してみるのがおすすめです。

畳んだタオルで枕の代用

枕無しで寝ると頭が低すぎるという場合は畳んだタオルで枕の代用をすることがおすすめです。

ある程度高さが出せますが、高過ぎない枕を作ることができます。

また、枕よりも簡単に洗濯ができるので、衛生的です。

低めの枕を使う

タオルでも具合が悪いという人は低めの枕を試してみましょう。

肩凝り防止やいびき防止のために低めの枕が販売されています。

あまり安くはありませんが、相性が良ければ眠りやすく、そして悩みの症状も軽減させることができるでしょう。

腰の下にタオルを敷く

腰の下に畳んでボリュームを出したタオルをあてがうことで、背骨を自然な湾曲した形に保つことができます。

枕と睡眠と健康はとても結びつきが強い

枕と睡眠と健康の結びつきはとても強いです。

枕無しで眠ることでいびきが防止されたり、ストレートネックが改善したり、首にシワができにくくなったり、猫背が矯正されやすくなったりすることが期待できますが、それ以上に熟睡しにくくなってしまう可能性が高いです。

枕無しで眠ることは簡単にできるので、翌日に運転をしたり、大事な仕事やイベントがなかったりする日に試してみましょう。

そのときにタオルなどで補助をすると眠りやすくなります。

しかし、なかなか寝付けなかったり、目覚めた時に肩や背中が痛かったりするならば、あまりあなたは枕無しで眠るのには向いていないのかもしれません。

睡眠不足は美容にも健康にも悪影響を与えてしまいます。

首のシワも猫背もいびきもむくみも枕無し以外の方法でも予防や改善をすることはできます。

また、枕無しという極端な方法をとらなくても、今使っているよりも少し低い枕に代えるだけでも、悩みが解消したり、改善したりする可能性もあります。

まとめ

いびきやストレートネック、偏頭痛、猫背などに悩まされている人は1度、まくらナシで寝てみるのがおすすめです。

まくらによって眠りの質や健康を阻害されていることがあるかもしれません。

しかし人によっては返って疲れがとれにくかったり、背中や肩がいたくなってしまったり、眠れなくなってしまったりするので、無理はしないようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら