腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

むくみにはこう使う!むくみを取りたいときの入浴剤の選び方と使い方

      2017/09/08

日野製薬 【木曽御嶽山 入浴剤 14包】 自然の生薬100% 薬湯 (医薬部外品)

入浴剤を使う目的は人それぞれではありますが、中には頑固なむくみをとりたいから入浴剤を使うという方もたくさんいるのではないでしょうか?

でもむくみをとるために入浴剤を使うのであれば、当然ながらむくみに適した入浴剤を使わないとなりません。

そこでここでは、むくみをとりたいの入浴剤の選び方と使い方について紹介していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

むくみにはバスソルトタイプの入浴剤が吉

ラグゼ デッドシーバスソルト

むくみをとりたいのであれば、まずはバスソルトタイプの入浴剤を選ぶことをおすすめします。

というのも、やはりむくみの原因としてあげられるのは、過剰に撮り過ぎてしまった塩分になるでしょう。

では、どうしたらそうした過剰に摂り過ぎた塩分が排出されるでしょうか?

それはやはり汗をかいて排出するのが有効だと言えるでしょう。

そうなるとやはりむくみをとるために使うべき入浴剤も、汗をしっかりと出してくれる入浴剤になるでしょう。

では、汗をしっかりと出してくれる入浴剤とはどのような入浴剤になるでしょうか?

それは、やはりバスソルトタイプの入浴剤だと言えるでしょう。

バスソルトで何故汗をかくのか

でも、そうしてバスソルトタイプの入浴剤が良いと言われても、ひとつ疑問は残るでしょう。

それが、何故バスソルトで汗をかくのかということです。

そのあたりを半信半疑で使うよりも、やはりしっかりと意識して使用した方がより効果は高くなるでしょう。

では、実際問題バスソルトで汗をかきやすくなる理由はどこにあるのでしょうか?

それは、バスソルトをお風呂に入れることで、塩分濃度の濃いお湯が完成します。

人の身体にも当然もともと塩分はあります。

では、塩分濃度の濃いものの中に塩分濃度が薄いものを入れるとどうなるでしょうか?

それは、塩分濃度の薄いものから水分を出して、塩分濃度を薄めようとすることになるのです。

だから、バスソルトタイプの入浴剤を入れたお風呂に入ると、人はたくさん汗をかくようになるのです。

そして汗とともに塩分や老廃物を代謝して、むくみを解消していけるのです。

それが、バスソルトタイプの入浴剤のしくみだと言えます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

炭酸タイプの入浴剤も効果的

ホットアルバム プレミアム ホットタブ 重炭酸湯 30錠入り ブルー

むくみ対策の入浴剤として効果的なのは、何もバスソルトタイプの入浴剤だけではありません。

炭酸タイプの入浴剤も、むくみ対策としては効果的だと言えるでしょう。

でも、なぜ炭酸タイプの入浴剤がむくみ対策の入浴剤として効果的かわかりますでしょうか?

それは、炭酸タイプの入浴剤は、血行を促進する効果が高いからです。

むくみの原因は塩分だけではない

当然ながらむくみの原因は、塩分だけではありません。

それだけではなく、血行が悪くなってしまうこともむくみの原因としてあげられることなのです。

血行が悪くなると、当然老廃物なども代謝されづらくなるのです。

だから、むくみがおこってしまうわけです。

でもそれは逆に言えば、しっかりと血行を促進することが出来たら、それによってしっかりと老廃物が代謝されるようになり、むくみが解消されるということになります。

そういうことがあるので、炭酸タイプの入浴剤もおすすめなのです。

炭酸タイプの入浴剤で何故血行が良くなるか

炭酸タイプの入浴剤で何故血行が良くなるのかということも、もちろん知っておいた方が良いでしょう。

炭酸タイプの入浴剤で血行が良くなる理由は、血管が拡張されるからです。

炭酸ガスというのは、二酸化炭素になります。

二酸化炭素が発生しているお風呂に使っていると、当然身体の中に二酸化炭素が入ることになります。

するとそれは身体にとって異物となるので、それを排除しようと、しっかりと酸素を取り込もうとするようになります。

そのために、血管を拡張していくのです。

実際そうして血管が拡張されたら、血が通りやすくなるわけですから、血行が良くなるのも当然だと言えるのです。

そんな風にして、血行を良くしてくれるのが、炭酸タイプの入浴剤になります。

温めのお湯に入浴剤を入れるのが吉

むくみ対策に効果的な入浴剤は以上の二つになりますが、これらの二つをより効果的に使うためには、その入浴剤の使い方もすごく大切になります。

まず大切なのは、お湯の温度です。

入浴剤を入れる時には、あえて熱めのお湯に入れた方が良い時と、温めのお湯に入れるのが良い時がありますが、むくみ対策としての入浴剤を使う場合には、温めのお湯に入浴剤を入れるのがおすすめになります。

温めのお湯に入浴剤を入れた方が、よりしっかりとじんわりと血管を拡張していけますし、よりしっかりじんわりと汗をかくことが出来るようになります。

熱めのお湯に入ると、トータルでのお風呂に入る時間はどうしても短くなるので、血管を拡張する時間も短くなりますし、汗の量もそこまで多くの量にはならないでしょう。

だから、あまりむくみ対策としては効果が出づらくなってしまうのです。

それでは勿体ないので、むくみ対策に入浴剤を使う場合には、温めのお湯に使うようにしてください。

温めと言うのはどのくらいか

ただ、一口に温めのお湯とはいっても、それがどれくらいか分からないという方もいるでしょう。

温めのお湯というのは具体的に言うと、だいたい40度くらいだと言えます。

あまり冷たすぎるとそもそも汗すらもかからないという可能性もでてきますし、血行を促進する効果もあまりでなくなる可能性があります。

だからそうならないように、40度くらいにはしておきたいところです。

それくらいであれば、ある程度は汗もかくでしょうし、すごく効果的です。

たっぷり目のお湯に入れること

あともう一つ、むくみ対策として入浴剤を使う時のポイントがあります。

それが、たっぷり目のお湯に入浴剤を入れるということです。

なんとなくお風呂は半身浴位の方が効果的なのではないかと思っている方も多いかもしれませんが、ことむくみ対策として入浴剤を使う場合には、半身浴よりもたっぷり目のお湯につかった方が良いのです。

それは、たっぷり目のお湯につかった方が水圧が強くなるからです。

水圧も血行を促進する

実は、そもそもお風呂に入ると、その水圧で血行が促進されるのです。

ということは、基本ただお風呂に入るだけでも本当はむくみ対策の効果があったりするのです。

そのお風呂の水圧というのは、高ければ高いほどに血行促進効果も高くなると言えるでしょう。

では、半身浴位の浅めのお湯と、しっかりたっぷり入ったお湯、どちらの方が水圧が高くなるでしょうか?

それは明らかに後者です。

だから、しっかりたっぷりお湯を入れた方が、むくみ対策には効果的なのです。

その水圧のむくみ解消効果と、入浴剤のむくみ解消効果、それらは当然どちらも併用できるものです。

だったらそれらは併用した方がよりむくみ解消には効果的になるでしょう。

なので、むくみ対策として入浴剤を入れる時には、しっかりたっぷりお湯を入れることがおすすめなのです。

そうしたからといって、入浴剤の濃度が薄まるということは、あまり大した問題にならないので特に心配することはありません。

まとめ

薬用長湯ホットタブ Hot Tab 45錠入り 重炭酸入浴剤

入浴剤をむくみ解消のために使うのであれば、お湯の量と温度に注意しつつ、炭酸ガスタイプの入浴剤か、あるいはバスソルトタイプの入浴剤を選んでいくと良いでしょう。

そうすればきっとにっくきむくみにもスムーズに対応していけるようになるはずです。

どうせ入浴剤を使うのであれば、それに合ったものをしっかりと効果的な使い方でつかっていってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤