腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

もっと高く売りたい?マットレスの買取で少しでも高く売るためのコツ

   

マットレスは、売ることもできるものになります。

それは確かに、使用感が満載のものでは、衛生的に売るのが難しくなるものになりますが、ある程度状態がよければ、マットレスを売ることは可能です。

でもどうせ売るならば高く売りたいですよね?

そこでここでは、マットレス買取で少しでも高く売る為のコツについて紹介していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

少しでも早く売る

マットレスの買取で、マットレスを高く売りたいのであれば、少しでも早く売るという事がポイントになります。

少しでも早く売れば、その分だけそれが販売されてから日がたっていない状態で売ることができます。

どんなものでも基本的には、それが販売されてから日がたっていると、その分だけ買い取り金額もやすくなってしまいます。

やはり販売されてからしばらくたっているということは、それだけ機能的にも魅力がすくないという事になります。

また、当然その分だけ使用感なども出てくるでしょう。

たとえ見た目的に使用感がないとしても、販売されてからしばらくたつくらいには、それが個人宅にあったことは間違いないわけになります。

そうすると、どうしてもその数字から使用感を感じてしまうのです。

そうなったらやはりそれに高い値をつけることは出来なくなるでしょう。

なので、マットレス買取でマットレスを少しでも高く売りたいと思ったら、少しでも早く売りに出すのがポイントになります。

合わないと思ったら無理して使わないこと

その為には、もしかしたらこのマットレスは合わないかもしれないと思ったら、そこから無理してしばらく使用して様子を見ようとしないことが大切になります。

よほどの高級ブランドのマットレスでもない限り、1ヶ月2ヶ月の差でも値段が下がってしまうこともあります。

たとえばカバンでいうところのバーキンのようなものであれば、早く売っても後で売っても値段はあまり変わりません。

でも、そうでは普通のブランドのバッグなどは、本当に1ヶ月2ヶ月で値段は大きく変わるのです。

そしてそれはマットレスにおいてもおなじことなのです。

なので無理して様子を見てみても良いことはありません。

だいたい最初に微妙だと思ったら、それからそれを使用し続けても微妙なものですし。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

説明書や保証があると吉

マットレスを少しでも高く売りたいのであれば、説明書や保証書があると吉になります。

基本的にはマットレスには、説明書や保証書がついてくるようなものが多いでしょう。

そして、それがあるのであれば、それも付けた方が高く売れるのです。

というのも、やはり付属品と言うのは、きちんとそろっておくべきなのです。

そうであれば、売る方も、新品に近い形で売れますから。

新品に近い形で売ることが出来るということは、その分だけ売り値を上げることが出来るということになります。

売り値を上げることができるということはつまり、買取金額も高くなるということになります。

だから、マットレスを売る際には、説明書や保証書は揃えて売りに出すべきなのです。

基本的にはそういうものはとっておこう

保証書はまだしも、説明書なんてすぐに捨ててしまうという方もたくさんいることでしょう。

ですが、説明書であっても、こういう時にはあるとないでは全然違ってきてしまいます。

なので、もし今既に売ろうとしているマットレスの説明書を捨ててしまったという方は、これから買うマットレスでは、そういう説明書などもきちんととっておくようにしていきましょう。

そうすれば、これから先にまたマットレスを買い取りに出す際には、多少高く売れるようになるはずです。

一度マットレスを買取にだして買い替えたのに、またマットレスを買取に出すだろうか?

と思う方もいるかもしれませんが、何が起こるか分からないのが人生ですから、それをとっておいて損をすることや後悔することはないでしょう。

捨ててしまって損をすることや後悔をすることはありますが。

ある程度の汚れを落としてからウリに出す

マットレスに限った話ではありませんが、何かの買取を依頼する時と言うのは、それの今の見た目の状態がすごく重要になります。

つまりそれに汚れがついていたとしたら、それが落ちる汚れであろうが、それとも落ちない汚れであろうが関係がないのです。

どっちにしても、汚れがついているということで買い取り価格が下がってしまうことになります。

それは仕方がないところがあるでしょう。

買取する側だって、まだ買取をしていないものの汚れを落としてみるわけにはいきません。

落ちないどころか汚れが広がってしまったりしたら大変ですから。

実際に落としてみることが出来ないのですから、それが落ちる落ちないかは関係がないのです。

大事なのは、今そのマットレスに、汚れがついているのか、それともついていないのかということだけになります。

もし落ちる汚れを落とさないで持っていって、そのせいで買取価格が下がってしまったら、それはすごく勿体ないです。

なので、マットレスを少しでも高く売りたいと思うのであれば、買取に持っていく前に、汚れを落としてから行くようにしてください。

意外と汚れは落ちるもの

落ちないと思うようなマットレスの汚れでも、意外と落とそうと思えば落ちるものです。

なので、試してみる価値はあるでしょう。

確かに場合によっては汚れが広がってしまうこともあります。

でも、そもそも汚れがついている時点で、もう買取価格は下がることは予想できるわけなのですから。

それはあまり気にする必要はないでしょう。

湿度を抜いてへたりを無くしてから売る

また、そうした汚れだけではなく、へたりも、マットレスの買取価格に影響を与えてしまうものになります。

へたっているマットレスは、たとえ中古ですごく安く買えたとしても、買いたいと思う方が少ないでしょう。

それを買いたいと思う方が少ないという事は、たとえそれを買い取ったとしても、売れ残って赤字になってしまう可能性があるということになります。

そうなったらやはり困るので、買い取る方も、へたりが見られるマットレスにはあまり大きな金額は提示できないでしょう。

よほど人気のあるブランドのマットレスでないと厳しいです。

でもそんなマットレスを使っている方も、それを売ろうと思う方もあまりいないでしょうから、やはりへたっているマットレスを売る際には、へたりをなるべく無くしてから売る必要があります。

ではどうすればへたりは改善できるでしょうか?

それはやはり、湿度を抜くことです。

立てかけてしばらく様子を見る

湿度を抜くためには、マットレスを立てかけるのがおすすめです。

そうすることで設置面積が狭くなるので、その分湿度は抜けて行きやすくなります。

そうして湿度が抜けていけば、次第にマットレスは弾力性を取り戻していきます。

弾力性を取り戻すことができれば、それによってマットレスのへたりもだんだんと改善されていくと言えるでしょう。

だから、マットレスのへたりを改善したいと思ったら、しばらくたてかけておきましょう。

まとめ

マットレスを少しでも高く買取してもらおうと思ったら、是非これらのことを参考にしてみてください。

そもそもあまり高い値段での買取は期待できないのがマットレスですが、こうして少しでも状態を良く出来るように工夫していけば、その中では比較的に満足できる金額を提示してもらえる可能性も高くなります。

なので是非、参考にしてみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団