腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

サータのマットレスを紹介!腰痛と睡眠は関連性がある?

   

サータ マットレス iSeries ファームピローソフト 1トップ セミダブル

腰痛になった場合には、腰にかかる負担を軽減するマットレスを選ぶ必要があります。

さらに、寝方にも注意して、腰痛対策を講じる事が重要です。

『サータ』のマットレスであれば、腰痛の方でも利用しやすくなっているので、購入してみる価値があります。

そこで、サータのマットレスや、腰痛でも眠りやすい姿勢などについて解説するので、参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

サータのマットレス

腰痛でも利用しやすいサータのマットレスは、いくつもあります。

そこで、数多くあるサータのマットレスの中でも、おすすめの製品を3種類まで紹介するので、確認してみて下さい(製品の値段は2019年6月26日時点の情報)。

iSeries ファームピローソフト 1トップ

サータ マットレス iSeries ファームピローソフト 1トップ セミダブル

『iSeries ファームピローソフト 1トップ』は、3列の『ヘルシーエアーレット』を採用する事によって、寝返りを打つ際に、マットレスのこもった熱を放出できます。

寝具に熱がこもりやすい製品を利用していたら、暑い夏場の季節には、不快感を抱いてしまって、寝返りを打つ回数が多くなってしまうので、注意しなければいけません。

そのような事になれば、腰にかかる負担は大きくなってしまうので、熱を放出できるのは魅力的なポイントです。

本製品は、5種類ものカラーバリエーションを用意していて、ブラウン・モノグラム・ニット・ホワイト・鳳凰柄などがあります。

ただし、本製品(セミダブルサイズ)は高額なマットレスになっていて、Amazonでは、税込価格178,000円で販売されています。

PSシングルサイズ

サータ(SERTA)のホテル市場流通ベッド/マットレスをご家庭向けに特別販売「PSシングルサイズ」

『PSシングルサイズ』は、一流のホテルで、利用されている寝具と同じ仕様で作られたマットレスです。

実は、マットレスの厚みが22cmもあるので、底つき感を緩和しやすくなっています。

もし、厚みが足りなかったら、底つき感が出てしまって、仰向けになっている時に腰が痛く感じやすいので注意しなければいけません。

ボリュームの足りないマットレスを利用していて、腰痛が悪化しそうな場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

本製品は、サータのマットレスの中では値段が安いほうで、Amazonでは税込価格62,000円で販売されています。

iseries ノーマルBOX-TOP

サータ マットレス iseries ノーマルBOX-TOP シングル

『iseries ノーマルBOX-TOP』は、ポケットコイルを採用する事によって、腰にかかる負担を軽減できます。

ポケットコイルとは、コイル(スプリング)が1本ずつ独立しているので、体を面ではなく点で支える事が可能です。

実は、体を面で支えるマットレスの場合には、重くなっている腰が寝具に沈み込みやすくなってしまうので、腰痛が悪化する場合があります。

そのような事を考えたら、腰痛に悩んでいる方には、ポケットコイルを採用している本製品は、おすすめです。

カラーバリエーションは、iSeries ファームピローソフト 1トップと同じように5種類まで用意されています。

本製品(セミダブルサイズ)は、Amazonでは税込価格137,900円で販売されています。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

睡眠と腰痛の関連性

サータのマットレスを紹介してきましたが、本当に寝具で、腰痛対策を講じる事ができるのか、半信半疑の方もいるでしょう。

そこで、睡眠と腰痛の関連性について解説するので、みていきましょう。

腰の疲労を軽減

私たち人間は、眠る事によって、体の疲れを取っています。

つまり、睡眠不足に陥ってしまえば、腰の疲労がたまっていくので、腰痛が悪化する恐れがあるのです。

睡眠時間を確保しているので、大丈夫と思っている方は多いかもしれませんが、実は睡眠の質をキープできなかったら睡眠不足に陥りやすくなってしまいます。

良質な睡眠をキープするためには、電気や音をシャットアウトする事が重要なので、電気やテレビを消してから眠ったほうが良いです。

ストレス

会社の勤務時間が長くなって、睡眠不足に陥ってしまって、うつ病になってしまうケースが多くあります。

実際に、うつ病になってしまう原因は、ハッキリと分かっていませんが『ストレス』がたまっている事が、関係している場合もあります。

睡眠時間を確保しておけば、体の疲れだけではなく、脳の疲れまで取る事ができるので、良質な睡眠を確保する事が重要です。

ストレスがたまってしまえば『ドーパミンシステム』が乱れてしまって、腰痛が悪化する恐れがあるので、日頃から良質な睡眠を確保するようにしましょう。

寝返りの重要性

寝返りを打ちづらいマットレスを利用していたら、腰痛が悪化するケースがあります。

実は、寝返りを打つ回数が少なくなっていたら、同じ姿勢で眠る時間が長くなってしまうので、仰向けになっている時間まで長くなる恐れがあるのです。

仰向けの時間が長くなっていたら、腰が下のほうになっている時間が長い事を意味しているので、腰痛が悪化しやすくなります。

マットレスがへたってしまった場合には、腰が沈み込みやすくなってしまうので、寝返りを打つ事が難しくなるのです。

そのため、マットレスがへたってしまった場合には、新しい寝具に買い換えて、寝返りを打ちやすくする事が重要です。

睡眠では対応できないケース

睡眠と腰痛は大きな関連性がありますが、良質な睡眠を確保するだけでは、対応できないケースがあります。

そこで、睡眠で対応できないケースには、どのような対処法があるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

デスクワーク

デスクワークをするようになってから、腰痛に悩まされる方は多くいます。

立ち仕事よりも、楽そうな仕事なのに、腰痛が悪化する事について理解できない方は多いかもしれません。

実は、立っている時は上半身の体重の負担が両足で分散されていますが、座っている時は上半身の体重の負担が腰に集中しやすくなってしまうのです。

そのため、デスクワークをする際に、可能であれば1時間に1回は椅子から立ち上がって、腰にかかる負担を軽減しましょう。

筋力の低下

デスクワークをしていたら、腰にかかる負担が大きくなるだけではなくて、筋力まで低下してしまいます。

腰の筋肉は、腰を支える働きがあるので、筋力が低下したら腰痛が悪化してしまうのです。

しかし、腰痛になった場合には、運動しようとしたら腰が痛く感じてしまう場合もあります。

そのため、腰にあまり負担をかけないで済む『ウォーキング』をしたほうが良いでしょう。

ウォーキングでも腰が痛い場合には、プールで水中ウォーキングしてみましょう。

水中ウォーキングであれば、腰にかかる負担を少なくできるので、おすすめです。

腰にかかる負担を軽減する寝方

腰痛になった場合には、眠るだけでも腰が痛く感じてしまうので、腰痛対策に使える寝方について解説しましょう。

膝を立てる方法

仰向けで眠る際に、膝を真っ直ぐにしていたら、骨盤が引っ張られてしまいます。

骨盤が引っ張られていたら、その力が腰に伝わってしまうので、腰痛が悪化するので注意しなければいけません。

そのため、膝を少し立てて眠る事が重要ですが、眠っているうちに膝は真っ直ぐになってしまう可能性が高いです。

膝が真っ直ぐにならないようにするためには、足の下にタオルを何枚も重ねて、膝を立てておきましょう。

横向きで寝る方法

仰向けで眠っている時に、腰が痛く感じる場合には、横向きになって、背筋を少し丸くしてみましょう。

そうすれば、腰が下のほうにならないですし、骨盤が引っ張られる事もありません。

ただし、後方に体が倒れてしまえば、腰に衝撃が走ってしまうので注意しなければいけません。

寝相が悪い場合には、壁際にベッドを設置して、壁に向かって腰を近づけて眠っておけば、後方に倒れないで済みます。

まとめ

サータのマットレスは、値段が高い製品が多いので、購入するべきか悩んでしまったかもしれません。

しかし、腰に負担をかけてしまうマットレスを利用していたら、腰痛が悪化して、治療費が増えてしまう事もあるのです。

そのため、腰痛が悪化しないうちに、腰にかかる負担を軽減できるマットレスを検討してみる価値はあります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%…
https://www.amazon.co.jp/FS-6000-%E…
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%…
https://www.bauhutte.jp/bauhutte-li…


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団