腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

タイニー 事務椅子はコンパクトで高機能?腰痛の方におすすめ!

   

学生時代の時は部活動で身体を動かしていた方が、社会人になってデスクワークをするようになってから腰痛に悩まされてしまう事があります。

なぜなら私たち人間は立っている時よりも座っている時のほうが、腰にかかる負担が大きいからです。

そこで、おすすめなのが『タイニー 事務椅子』です。

この椅子は腰にかかる負担を軽減する事ができるので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

そこで腰痛に悩んでいる方のために、タイニー 事務椅子について詳しく紹介するので、見ていきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛の方に嬉しいポイント

タイニー 事務椅子、腰痛の方にとって嬉しいポイントが3つあります。

そこで腰痛でも利用しやすい椅子を探している方のために、この3つのポイントについて紹介するので確認してみて下さい。

ロッキング機能

腰痛の方に利用しづらい椅子を探している場合には、注目すべきポイントが『ロッキング機能』になります。

タイニー 事務椅子には、このロッキング機能が搭載されています。

ロッキング機能とは、背もたれが倒れやすくする機能です。

本来であれば、椅子の背もたれは背中を支える役割があるので、倒れないように固定されています。

しかし背もたれが固定されていたら、背筋は真っ直ぐにしている状態と前のほうへ曲げる事しかできなくなるのです。

実は背筋を真っ直ぐにしている状態を続けていたら、上半身の体重は腰にかかってしまいます。

さらに背筋を前のほうへ曲げていけば、お尻が前のほうへズレてしまうので、この場合でも腰に大きな負担をかけてしまうのです。

そのためロッキング機能を利用して、定期的に背もたれを倒して、腰にかかる負担を軽減する事は重要です。

厚みがある座面

タイニー 事務椅子は座面に厚みがあって、腰にかかる負担を軽減しています。

実は座面が薄ければ底付き感があるので、腰が痛く感じてしまう事があるのです。

所が、タイニー 事務椅子の座面は厚みが約10.5cmもあります。

そのため他の椅子を使用している方で、座面の厚みが足りなくて腰が痛い場合には、タイニー 事務椅子はおすすめです。

昇降レバー

腰痛に悩んでいる方には意外に思うかもしれませんが、首にかかる負担が、腰に悪影響を与える場合があります。

そのためデスクワークの時は首にかかる負担を軽減する事が重要になります。

もしも椅子の座面が高い位置にある場合は、パソコンを少しだけ見下ろすような姿勢になってしまうのです。

このような姿勢を続けていたら、首まで真っ直ぐになってしまうので『ストレートネック』と呼ばれる首になってしまいます。

所がタイニー 事務椅子には『昇降レバー』が付いているので、座面の高さを床から42~50cmの間まで調整可能です。

そのためパソコンの位置と同じ高さまで調整しやすくなっているので、ストレーネットク対策におすすめです(パソコンデスクの高さによります)。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛になる原因を把握

腰痛の原因がストレートネックにも関係している事に、意外に思った方は多いかもしれませんが、実は筋力低下も腰痛と関係しています。

この2つのポイントを把握しておかなければタイニー 事務椅子を利用しても、腰痛に悩まされてしまう可能性が高いので、詳しく紹介しましょう。

ストレートネック

首と腰は大きく離れた位置にありますが、背骨と筋肉で繋がっているので、首に異常が出た場合には迅速に対応する事が重要になります。

実際にストレートネックに悩んでいる方が、ストレートネックを放置していたら、背中の神経痛に悩まされるようになったのです。

その神経痛によって、筋肉の緊張が続いて、首と背骨が上手く機能しなくなって腰に大きな負担をかけるようになっていきました。

その結果、腰痛に悩まされしまうケースもあるのです。

そのためタイニー 事務椅子を利用しても、スマホを長い時間に渡って使用していたら、同じようにストレートネックになるので注意しなければいけません。

筋力低下

タイニー 事務椅子は腰にかかる負担を軽減できる椅子ですが、長い時間に渡って、座り続ける事は控えて下さい。

なぜなら長い間に渡って座っていれば、腰にかかる負担は大きくなってしまいますし、足腰の筋力が低下してしまいます。

そのためデスクワークでやむを得ない場合には、仕事以外の時間でウォーキングやストレッチなどを行なって大腰筋(だいようきん)を鍛えるようにしましょう。

大腰筋は腰回りの筋肉なので、腰痛を抑えるためには重要なポイントです。

タイニー 事務椅子の製品情報

タイニー 事務椅子が腰痛の方でも利用しやすいポイントを分かった方たちの中には、この椅子を購入しようと考え始めた方もいるでしょう。

そこで、タイニー 事務椅子を更に知ってもらうために、製品情報も説明するので確認してみて下さい。

アームレスト

タイニー 事務椅子はアームレスト(肘掛け)が備えられているので、デスクワークをしている時はアームレストに肘を乗せられるので、肩や腕にかかる負担を軽減できます。

しかしアームレストが付いていれば、パソコンデスクと接触する事によって、奥まで収納できないという問題点があるのです。

そこでタイニー 事務椅子のアームレストは、真上に回転させる事が可能なので、パソコンデスクの奥まで収納する事が可能になっています。

デザイン

タイニー 事務椅子にはカラーバリエーションが4種類も用意されているので、多くの方の好みに合うデザインが揃えられています。

そのカラーバリエーションの種類は、ブラック・ブラウン・オレンジ・ピンクなどです。

ブラックやブラウンは高級感のあるデザインで、男性やご年配の方たちに好まれやすいデザインをしています。

そしてオレンジは華やかなデザインで、ピンクは可愛らしいデザインをしているので、女性たちにおすすめのカラーです。

利用者たちの口コミ

タイニー 事務椅子は腰痛の方でも利用しやすい特徴がありますが、実際に利用している方たちの中には、満足している方もいれば不満を抱いている方もいます。

そこでタイニー 事務椅子を購入してから後悔する事がないように、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

タイニー 事務椅子はロッキング機能が備えられていますが、利用者たちの中には背もたれの伸びが悪いように感じてしまうケースがありました。

そのため背もたれを倒す事はできても、それほど動きはスムーズではないので、注意して下さい。

そしてタイニー 事務椅子を注文している方たちの中には、商品が届いた時に必要な部品が欠品している方が何名もいたのです。

そのためタイニー 事務椅子を注文した時には、最初に部品がしっかり揃っているのか確認しておきましょう。

良い口コミ

タイニー 事務椅子は座面にボリュームがあるので、座り心地が良くて満足している方がいました。

そのため座り心地の悪い椅子を利用している場合は、座面に厚みがあるタイニー 事務椅子を検討してみる価値があるでしょう。

そしてアームレストが真上に回転させる事ができる事から、収納する事ができる所を気に入っている方もいました。

そのため収納できない椅子が邪魔に思ってしまう場合には、タイニー 事務椅子はおすすめです。

まとめ

タイニー 事務椅子は腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛の方にはおすすめの椅子です。

ただし腰痛になってしまう原因は様々なケースがあるので、姿勢や筋力の低下だけではありません。

そのため腰痛に悩んでいる方は、腰痛になってしまった原因を把握する事が重要になります。

その原因を把握する事ができたら、腰痛対策を講じながら、腰にかかる負担を軽減できるタイニー 事務椅子を利用してみるのも良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子