腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

テニスボールでのストレッチで膝痛が軽減・改善できる!?その理由や方法とは?

   

Doitsa テニスボール 高弾性 トレーニング 練習 趣味テニス ペット遊び用 ラバー 耐摩擦 1個入り

膝痛の治療法には、薬物療法や運動療法、装具療法や温熱療法などの保存的療法と、手術を行う手術療法などがあります。

そして、それ以外にも、膝の痛みを治すことが期待できる方法があります。

それは、テニスボールを使うストレッチです。

ここでは、テニスボールで行うストレッチのやり方や効果などを紹介していくので、慢性的な膝痛に悩んでいて、この記事に興味があるという方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

テニスボールが膝痛を改善する効果が期待できる理由

膝の痛みには様々な原因があり、病気や加齢、日々の生活習慣などがあります。

そして、スポーツによる膝の使い過ぎや、運動不足も膝痛の原因になる場合があります。

スポーツをして膝を使いすぎることと、運動不足は正反対のことになりますが、どちらもストレッチなどで柔軟性を高めないと筋肉は硬くなります。

柔軟性のない筋肉は硬いため、様々な動きに対応しにくくなります。

そのため、硬い筋肉だと痛めやすくなります。

膝周辺の筋肉は膝を支えているので、膝周辺の筋肉の柔軟性がなくなると、膝にも影響します。

そのようなことから、膝痛を予防、改善するには、膝周辺の筋肉の柔軟性を高め、ほぐすことが大切になります。

そして、筋肉をほぐすのに有効なものがテニスボールになります。

慢性的な膝痛に悩んでいて、テニスボールを持っているという方は、試してみることをおすすめします。

テニスボールでなくても、同じ大きさ同じ形のものならテニスボールでなくても問題ありません。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

テニスボールでのストレッチ方法

Doitsa テニスボール 高弾性 トレーニング 練習 趣味テニス ペット遊び用 ラバー 耐摩擦 1個入り

テニスボールを使った膝の痛みを軽減、改善する方法はとても簡単なので、テニスボールがあれば誰でも簡単に行うことができます。

それでは、その方法を説明していきます。

まずは、仰向けに寝ます。

床が硬いと身体が痛く感じることがあるため、比較的柔らかい絨毯や敷き布団の上で行うと良いです。

そのようなところで行うことにより、リラックスもできるのでおすすめです。

次は、膝の裏にテニスボールを挟みます。

そして、テニスボールを潰すような感じで、両手で膝を抱え込みます。

このような動作を1回30秒、朝と昼と夜に行いましょう。

テニスボールでのストレッチを行うことにより、膝の裏側にある硬くなった筋肉をほぐすことが可能となり、膝の痛みを軽減、改善することが見込めます。

テニスボールでのストレッチを効果的にする方法

テニスボールを膝裏に挟むストレッチだけでも効果がありますが、そのストレッチをする前に他のストレッチをしたり、お風呂から上がった後にテニスボールのストレッチを行うことによって、効果を高めることが可能となります。

他のストレッチで股関節や膝周辺の筋肉を柔軟にしてから、テニスボールでのストレッチを行うことで、より柔軟性は高まり、膝の痛みの軽減や改善が期待できます。

そして、入浴で身体を温めてからテニスボールでのストレッチを行うことにより、筋肉は動きやすくなり、ほぐれやすくなります。

また、ジャージなど動きやすい服装で行うことや、深呼吸をしながらテニスボールでのストレッチを行うことも大切になります。

動きやすい服装で行うことで筋肉をほぐしやすくなり、深呼吸をしながら行うことで、十分な酸素を体内に取り込むことができるため、回復を促すことが可能となります。

これらのことは、テニスボールでのストレッチ効果を高めることが期待できるため、実践することをおすすめします。

テニスボールでのストレッチをしないほうが良いケース

テニスボールでのストレッチをしないほうが良いケースがあります。

そのケースとは、膝に熱を持っている場合・安静にしているのに膝が痛い場合・膝に水が溜まっている場合(関節水腫)・整形外科など病院で診てもらっていない場合などになります。

これらのケースは、テニスボールストレッチを行うことにより、逆に膝痛が悪化してしまう恐れがあります。

そのため、先程説明したケースでは、テニスボールでのストレッチを行わないようにしましょう。

テニスボールでのストレッチが有効なケース

先程の説明とは逆に、テニスボールでのストレッチが有効なケースがあります。

それは、長い時間歩いたことによる膝痛や、階段の上り下りで少し膝が痛む場合、膝が重く感じる場合などはテニスボールでのストレッチが有効になります。

それらの症状は、膝にかかる負荷の影響で、膝が正常に動いていない可能性があります。

テニスボールを膝裏に挟み、ストレッチを行うことで膝痛を改善できる可能性があるので、やってみることをおすすめします。

ですが、基本、専門の医療機関で診てもらってから行うことが重要になります。

テニスボールで膝をストレッチする際の注意点

医師に診てもらってから行うこととやりすぎないこと

先程も話しましたが、医師に診てもらってからテニスボールでのストレッチを行うことが大切になります。

膝痛が起こる原因は、病気や膝の使い過ぎ、加齢や生活習慣など様々あります。

そのため、自分で判断しないで、医師に診てもらってからテニスボールでのストレッチを行うようにしましょう。

それと、テニスボールでのストレッチをやりすぎないことも大切になります。

たくさん行えば、その分効果が出るという訳ではありません。

逆に膝を痛めてしまう可能性があるので、1回30秒までにし、朝と昼と夜の3回行いましょう。

膝痛が悪化したり強い痛みを感じたら中止する

テニスボールを膝裏に挟んで行うストレッチは、効果を実感したという人がたくさんいるため、信頼できるストレッチ方法になります。

ですが、人によっては効果を感じることができない場合や、逆に膝痛が悪化してしまう可能性もあります。

そのため、テニスボールストレッチを行い、逆に膝痛が悪化した場合や、強い痛みが出た場合は、ただちに中止しましょう。

そのような場合は無理に続けても効果がなく、どんどん悪化する恐れがあります。

膝痛の予防法について

太腿などを鍛える

膝周辺の筋力が低下すると膝を痛めやすくなります。

それは、膝周辺の筋力が低下することにより、膝を支える力が弱くなるからです。

膝を支える力が弱くなれば、日常生活や運動によって膝にかかる負荷に対して対応できなくなります。

そのため、膝を痛めやすくなります。

これらのことから、大腿四頭筋やハムストリングなど膝周辺の筋肉を鍛えることは大切になります。

スクワットなどの脚の筋肉トレーニングを適度に行い、膝周辺の筋肉を鍛えると良いでしょう。

また、ウォーキングなどの運動も効果があるのでおすすめです。

栄養バランスの良い食事を心掛ける

膝痛を予防するには食事の内容に注意することも必要です。

膝は本人の体重を支えているため、太れば太るほど膝に負担はかかります。

そのようなことから、肥満の人は膝を痛めやすいと言えます。

膝痛の予防には肥満にならない食生活を送ることが必要になり、カロリーの摂取量に注意する必要があります。

そして、ダイエットなどで食事制限をして、栄養不足になることも膝痛の原因になります。

身体は、普段の食事による栄養素から作られているため、栄養不足になると骨や筋肉は弱くなっていきます。

そして、膝も弱くなり脆くなるため、膝痛を起こしやすくなります。

このようなことから、栄養バランスの良い食生活を心掛けることが大切になります。

まとめ

テニスボールを膝裏に挟んで行うストレッチは、とても簡単であり、膝痛を軽減、改善する効果が期待できます。

そのため、慢性的な膝痛で悩んでいる方にはおすすめですが、必ず医者の診断を受けてから行ってください。

それは、症状によって逆に悪化する恐れがあるためです。

膝を痛めると動くこと自体が面倒になり、精神にも影響するため、膝痛の対策はしっかり行うように心掛けましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ