腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ブレスエアー 高反発 敷き布団は腰痛でも利用しやすい?

   

【日本製】東洋紡 ブレスエアー 洗える敷き布団 オールシーズン通気性抜群 100cm×200cm シングル 三層敷布団 体圧分散 360度全周全開ファスナー

腰痛になってしまった方が、敷き布団を購入する際には、腰痛でも寝心地がよく感じられる商品を選びがちです。

確かに寝心地は重要なポイントですが、利便性の悪い敷き布団であれば、腰痛が悪化する恐れがあるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『ブレスエアー 高反発 敷き布団』です。

このブレスエアー 高反発 敷き布団は、寝心地がよく感じられるだけではなく、利便性も高くなっているので、詳しく紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ブレスエアー 高反発 敷き布団の魅力

ブレスエアー 高反発 敷き布団は、腰痛でも利用しやすいポイントが3つあって、それが専用綿シーツ・ダブルラッセル・3つ折り可能です。

そこでブレスエアー 高反発 敷き布団を詳しく知らない方のために、この3つのポイントについて紹介するので、確認してみて下さい。

専用綿シーツ

ブレスエアー 高反発 敷き布団は『専用綿シーツ』を採用している事によって、吸湿性が優れています。

実際に、私たち人間は一晩の間に、寝汗をコップ一杯分もかいてしまうので、吸湿性が優れているのは重要なポイントです。

もしも吸湿性が優れていなければ、多くの寝汗を染み込んだ敷き布団は、湿っぽくなってしまいます。

そのような湿っぽくなった敷き布団を利用していたら、寝心地が悪くなってしまうので、必要以上に寝返りを打つ可能性が高くなるので腰にかかる負担が大きくなります。

そのため、腰にかかる負担を軽減できる敷き布団を探している方には、吸湿性が優れているブレスエアー 高反発 敷き布団はおすすめです。

ダブルラッセル

ブレスエアー 高反発 敷き布団は、専用綿シーツだけではなく『ダブルラッセル』という側カバーを採用しています。

このダブルラッセルとは、通気性が優れているので、湿気が溜まりづらくなっているのです。

実際に湿気が溜まりやすい敷き布団はダニが繁殖しやすいので、敷き布団を何回も押入れに上げなくてはいけません。

所が通気性の優れているブレスエアー 高反発 敷き布団であれば、湿気の対策を講じる回数が少なく済むので、腰にかかる負担を軽減できます。

3つ折り可能

通気性が優れているブレスエアー 高反発 敷き布団でも、定期的に押入れに上げなくては、湿気が溜まりやすくなります。

しかし腰痛の方にとって、敷き布団を押入れにあげる事は簡単でありません。

そこでブレスエアー 高反発 敷き布団は、腰痛でも利用しやすく作られているのに、3つに折りたたむ事が可能になっています。

そのため、コンパクトなサイズにする事ができるので、腰痛の方でも押入れに上げやすくなっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛の方が注意すべき寝方

ブレスエアー 高反発 敷き布団は腰痛でも利用しやすくなっていますが、腰痛の方はいくつか注意すべきポイントがあります。

そこで腰痛の方が、どのようなポイントに注意すれば良いのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

良質な睡眠

腰痛の方は敷き布団で横になるだけで、腰が痛く感じやすいので、お酒の力を借りて寝ようとする方は多いかもしれません。

所が、お酒を飲んで酔っ払ってしまった状態で寝るという行為は、寝るというよりは気絶に近い状態です。

そのような状態では寝返りを打ちづらくなるので、同じ身体の部分が下のほうになってしまうので、身体にかかる負担は大きくなります。

そのため、仰向けになっている時間が長引いてしまえば、腰にかかる負担が大きくなるので注意して下さい。

仰向けが重要

仰向けになっている時間が長引く事は問題が大きいのですが、横向きになっている時間が長くなっても注意しなければいけません。

なぜなら横向きで寝ている時間が長引いたら、身体の半分の部分が下のほうになっているので、姿勢が崩れやすいのです。

姿勢が崩れてしまえば、その歪みが腰に大きな影響を与えてしまうので、腰痛が悪化する恐れがあります。

そのため、仰向けを意識して眠った状態で、適度に寝返りを打つ事も重要です。

商品の情報

ブレスエアー 高反発 敷き布団の魅力や注意すべきポイントを分かってもらえた所で、次に商品情報も紹介するので、この敷き布団を利用したい方は確認してみて下さい。

幅広ファスナー

敷き布団は湿気が溜まりやすい寝具なので、定期的に敷き布団のカバーを洗わなければ、ダニが繁殖しやすくなります。

しかし腰痛の方にとって、カバーを外すだけでも重労働になります。

所が、ブレスエアー 高反発 敷き布団のカバーは『幅広ファスナー』になっているので、腰痛の方でもカバーを外しやすくなっているのです。

そのため、カバーを外しやすい敷き布団を探している方にも、ブレスエアー 高反発 敷き布団はおすすめです。

カラーバリエーション

ブレスエアー 高反発 敷き布団のシーツには、3種類のカラーバリエーションが用意されていて、ピンク・スカイブルー・アイボリーなどが用意されています。

ピンクやアイボリーなどは、可愛らしくて清潔感のあるデザインなので、女性におすすめのカラーです。

そしてスカイブルーは清涼感のあるデザインなので、爽やかなデザインの敷き布団を探している方に、おすすめのデザインです。

ただし男性が好むブラックは用意されていないので、注意して下さい。

コストパフォーマンス

多くの方たちは敷き布団と言えば、マットレスほど値段が高くないようなイメージを抱いているかもしれません。

所が、ブレスエアー 高反発 敷き布団は寝心地がよく感じられるように作られているので、コストをかけているので値段が高くなっているのです。

実際にブレスエアー 高反発 敷き布団は、楽天市場では、送料無料ですが税込価格44,928円もします(2017年12月9日時点)。

そのため、値段が安くなっている敷き布団を探している方は、ブレスエアー 高反発 敷き布団を購入するべきか、慎重に検討してみて下さい。

利用者たちの口コミ

ブレスエアー 高反発 敷き布団は寝心地が良い商品ですが、値段が高くなっているので、この敷き布団を購入するべきか悩んでしまったかもしれません。

そこでブレスエアー 高反発 敷き布団を利用している方たちの口コミを紹介するので、この敷き布団を購入するべきか、参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

ブレスエアー 高反発 敷き布団を利用している方で、少し硬めになっている所を気にしてしまうケースがありました。

実際に硬くなっている敷き布団であれば、腰が沈み込みづらいので、腰に体圧があまり集中しません。

しかし、敷き布団が硬すぎたら、腰に刺激を与えてしまうので、硬めの敷き布団が苦手な方は、注意して下さい。

良い口コミ

ブレスエアー 高反発 敷き布団を利用している方で、あまりへたらない所を気に入っている方がいました。

実際に敷き布団がへたってしまえば、腰が沈み込みやすいので、腰痛が悪化する恐れがあります。

そのため、へたりづらくなっているのは、ブレスエアー 高反発 敷き布団の大きな魅力です。

そしてブレスエアー 高反発 敷き布団は、通気性が優れている所から、暑い夏場の季節でも利用しやすいケースがありました。

まとめ

ブレスエアー 高反発 敷き布団は寝心地がよくなっているだけではなく、敷き布団を押入れに上げやすくなっています。

そのため腰痛の方でも湿気の対策を講じやすいので、ダニが繁殖しづらくなっているのです。

そのような魅力がある敷き布団なので、値段が高くなっていても、腰痛に悩んでいる方には、ブレスエアー 高反発 敷き布団はおすすめです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団