腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ヘルスケア座布団 クッションは腰痛でも利用しやすい?

   

IKSTAR 第四世代 ヘルスケア座布団 低反発クッション ブラック

腰痛になってから、座るだけでも腰が痛くなったので、クッションを利用するようになった方は多いでしょう。

しかし、クッションは形状によって、底つき感を緩和するだけで、腰痛対策をあまり講じられない物もあるので注意する必要があります。

ところが『ヘルスケア座布団 クッション』は特殊な形状で作られているので、腰痛対策を講じやすくなっているので、詳しく解説しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

ヘルスケア座布団 クッションの形状

IKSTAR 第四世代 ヘルスケア座布団 低反発クッション ブラック

形状が少し変わっているだけで、本当に腰痛でも利用しやすくなっているのだろうかと半信半疑の方は多いかもしれません。

しかし、本製品の形状によって得られる効果を知れば、腰痛でも利用しやすい理由が分かるはずです。

そこで、本製品の形状について紹介するので確認してみて下さい。

ドーナツ形状

腰痛は様々な症状がありますが、その中でも、尾てい骨を強打した場合には、お尻の近くの骨が痛く感じてしまいます。

この骨は『尾てい骨』と言われる部分で、座る際には椅子や床に当たってしまうので、クッションを利用しても痛く感じてしまうのです。

ところが、本製品は『ドーナツ形状』になっていて、中央部分が空洞になっているのです。

この空洞部分に尾てい骨を重ねるようにして座れば、尾てい骨が痛く感じる場合でも、利用しやすいクッションになっています。

滑らかなカーブ

本製品は、なめらかな『カーブ形状』になっているので、足やお尻がクッションにフィットしやすくなっています。

そのため、足腰があまり揺れないようになっているので、お尻があまり前のほうへズレません。

もしも、椅子の背もたれに寄りかかっている状態で、お尻が前の方へズレてしまえば、上半身の体重の負担は腰に集中してしまいます。

そのような事になれば、腰痛が悪化してしまうので、猫背になっている方には、本製品はおすすめのクッションです。

メッシュ構造

涼しい春や秋の季節にクッションを利用している時には快適でも、夏場の季節になったら、クッションが蒸れてしまって、腰を動かしたくなる方は多いでしょう。

実際に、腰痛の方は少しでも腰を動かしたら、痛く感じてしまいます。

そのため、夏の季節に腰が蒸れてしまって、腰を動かしたら激痛が走りやすいので注意しなければいけません。

ところが、本製品は『メッシュ構造』を採用しているので、通気性が優れています。

そのため、夏の季節でも、あまりクッションが蒸れないので、安定した姿勢をキープしやすいです。

滑り止め

安定した姿勢でクッションを利用していても、クッションが椅子や床からズレてしまえば、腰に衝撃を与えてしまいます。

健康体の方であれば、クッションが少しズレても、あまり問題にはなりませんが、腰痛の方にとっては大きな問題です。

なぜなら、クッションがズレてしまえば、腰に激痛が走ってしまうからです。

ところが、本製品の裏側には『滑り止め』加工が施された形状をしているので、椅子や床からズレづらくなっています。

そのため、本製品を利用していれば、あまり腰に衝撃が加わりづらいので、利用しやすくなっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

本製品の利用法

本製品が腰痛でも利用しやすいクッションである事が理解できても、利用法を知らなければ意味がありません。

そこで、本製品の利用法を説明するので、参考にしてみて下さい。

洗濯の方法

クッションを利用していたら、体温によってクッションには熱がこもりやすくなっていきます。

そのため、通気性が優れている本製品でも、洗濯をしていなければ、湿気がたまるようになって、ダニが繁殖するケースもあるので注意しなければいけません。

ところが、本製品のカバーは取り外す事によって、カバーを洗濯する事が可能です。

クッションの中のフォームまで洗う事はできませんが、カバーを洗濯すれば、ダニ対策や湿気対策を講じる事ができます。

利用できるケース

自宅で、本製品を利用できても、外出中に硬い椅子に座っていたら、腰痛が悪化してしまいます。

本製品は、そのような事が起きないようなクッションになっていて、車のシート・車椅子などにも利用できるようになっているのです。

特に、車を運転する際には、車の振動によって腰には衝撃が加わりやすくなってしまいます。

そのため、車のシートに座った時に腰が痛く感じやすい場合には、車のシートにも利用できる本製品は、おすすめです。

製品情報の内容

本製品の形状や利用法などを理解できたところで、次に製品情報の内容も紹介するので、このクッションを購入するべきか悩んでいる方は、参考にしてみて下さい。

本製品のサイズ

腰痛でも利用しやすくなっているクッションでも、自宅に設置している椅子に合うサイズでなければ、利用する事は難しいです。

そのため、本製品を購入する前に、自宅の椅子と本製品のサイズを把握する必要があります。

そして、本製品のサイズは、幅45×奥行38cmになっています。

もしも、このサイズと自宅に設置している椅子のサイズが合わなければ、クッションがズレやすくなるので注意したほうが良いです。

そのような注意点はありますが、本製品の厚みは、約8cmもあります。

実は、クッションの厚みが足りなければ底つき感が出てしまって、腰に負担をかけやすくなってしまうのです。

そのため、クッションの厚みが8cm以下の物を使っていて、腰が痛く感じてしまう場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

コストパフォーマンス

本製品は、特殊な形状をする事によって、腰痛対策を講じられる事から、多くの方たちは「高額なクッションではないのか」と思ってしまったかもしれません。

ところが、本製品は意外にも高額なクッションではなくて、楽天市場では送料無料で税込価格3,888円で購入する事ができるのです(2018年10月24日時点)。

実際に、日本国内で販売されているクッションの中には、10,000円以上になっている物もあるので、それを考えたら本製品のコストパフォーマンスの高さがよく分かるでしょう。

利用者たちの口コミ

今まで腰痛でも利用しやすいクッションを探している方たちの中には、本製品の使用感についても知りたい方もいるでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品は、特殊な形状をしている事から、体がクッションにフィットしやすくなっている所を気に入っている方がいました。

そのため、姿勢を安定させる事ができなくて、腰が痛くなりやすい方は本製品を購入してみる価値があります。

さらに、姿勢を安定させる事によって、姿勢をよくできる方までいました。

そのため、猫背になってから腰痛になった場合でも、本製品を利用する事によって、腰痛対策を講じる事は十分に可能です。

悪い口コミ

本製品を利用している方たちの中には座り心地がよくても、少しクッションが大きく感じてしまう方がいました。

そのため、本製品を購入する前に、椅子に合うサイズなのか確認するだけではなく、自分の体に合うサイズなのか確認したほうが良いです。

さらに、生地によっては、本製品でも滑りやすくなっているケースもあったので、服の生地や椅子の素材などの相性も重要になるので気を付けて下さい。

まとめ

本製品は、特殊な形状をしている事から、姿勢を安定させやすいクッションです。

そのため、姿勢を崩してから腰痛になってしまった方は、本製品を利用してみる価値があります。

ただし本製品の効果を過信してしまえば、油断をして姿勢を安定させる事もできないので、ある程度は正しい姿勢をキープできるように意識する事も重要です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション