腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ベッドとマットレスを粗大ごみで捨てようとしたらいくらかかるの?

   

フランスベッド ラクネスーパープレミアム シングルサイズ 31867100 31741

ベッドとマットレスは、粗大ゴミで捨てることが出来るアイテムになります。

でも実際、ベッドとマットレスを粗大ゴミで捨てようと思ったら、いくら程度かかることになるのでしょうか?

ベッドもマットレスも、サイジング的にはすごく大きなものになりますから、それが不安だという方もたくさんいるものです。

そこでここでは、ベッドとマットレスを粗大ごみで捨てる際の料金について見ていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ベッドとマットレスもシングルならば1200円

ベッドを粗大ごみとして出す料金と、マットレスを粗大ごみとして出す料金は、なんとなく違うのではないかと思うものです。

でも実は、ベッドを粗大ごみとして出す料金も、マットレスを粗大ごみとして出す料金も同じになります。

だから、ベッドの料金か、あるいはマットレスの料金、どちらかの料金だけ覚えておけばそれで問題ないということになるのです。

では、実際、ベッドとマットレスはいくらになるのでしょうか?

ベッドもマットレスも、それがシングルサイズであれば、1200円になります。

勿論すべての地域でそうだというわけではありませんが、1200円で捨てるという地域が多いです。

1200円で粗大ごみとして捨てることが出来るわけなのですから、そこまで高いというわけではありません。

しかし、これでも粗大ごみとしてベッドやマットレスを捨てる際の料金は、高くなっているのです。

今後高くなる可能性が高い

ちょっと前まで、マットレスやベッドを粗大ごみとして捨てる際の費用は1000円でした。

しかし最近では1200円になってしまっているところが多いです。

このように、だんだんとゴミを処理する値段はあがっていく傾向にあります。

最近では、ごみを捨てるためのスペースも、再処理のための施設も不足気味になっています。

ということは当然ながら、その分だけ粗大ごみを捨てる際の費用も高くなってしまうのです。

今はまだ1200円で処理できる状態ですが、今後はますます高くなってしまう可能性が高いです。

なので、ベッドにせよマットレスにせよ、処理したいと考えている大きなものがあるのであれば、少しでも早くそれを処理してしまうことをおすすめします。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ダブルから高くなる

ベッドやマットレスにはサイズがあります。

たとえばシングルサイズだったり、あるいはダブルサイズだったり、セミダブルサイズだったり、いろいろなサイズ感があるものです。

そんな風にいろいろなサイズがあるということは、当然すごく大きなサイズのマットレスやベッドもあるということになります。

大きなサイズのマットレスやベッドと、小さなサイズのマットレスやベッドでは、やはり粗大ごみとしての料金も違ってきます。

その料金が違ってくるのは、ダブルサイズからであるということが多いです。

つまり、シングルサイズのベッドやマットレスと、セミダブルサイズのベッドやマットレスであれば、1200円で処理することが出来るということです。

では、ダブルサイズからのマットレスやベッドの料金は、いくらになるのでしょうか?

ダブルサイズからは2000円になる

ダブルサイズのマットレスやベッドの粗大ごみとしての料金は2000円になるという地域が多いです。

シングルサイズのマットレスやベッドと比べると、かなり高い料金にはなります。

でも、意外と安いことには間違いはありません。

捨てられない値段ではない

なんとなくマットレスやベッドを捨てるのはすごくお金がかかりそうな気がするものです。

しかもダブルサイズともなると、すごくお金がかかると思って、捨てるのではなくなんとかしてそれを売ろうと思って奔走することになることもあります。

しかし、実際にはそれぞれ2000円で捨てることが出来るのですから、二つ合わせても4000円で処理することが出来ます。

毎日何時間もダブルサイズのマットレスやベッドを売ることが出来るところを探して、そしてなんとかしてそれを売ろうと何週間も奔走するよりもささっと4000円払って処理した方が早いこともあります。

なので、ダブルサイズのマットレスやベッドを捨てたいと思ったら、普通に粗大ごみとして出していくのがおすすめになります。

布団と比べるとかなり高い

ダブルサイズのマットレスやベッドでも2000円ですし、シングルサイズのマットレスやベッドでも1200円で処理することが出来るのですから、マットレスやベッドを粗大ごみとして出していくのは、決してそこまでお金がかかることではありません。

しかし、それでも布団と比べるとかなり高いということになります。

布団を粗大ごみとして出していく際の値段は、400円であることが多いです。

マットレスやベッドの3分の1くらいの金額で布団は捨てることが出来るのです。

それだけ安い金額で捨てることが出来るのですから、布団を買うかマットレスとベッドを買うかの価格の差は、ここにも出てくるということになります。

マットレスやベッドはもともとの価格も高い

布団は、基本的には10000円以下で買えるものが多いです。

それは確かにすごく良いものを買えば、2万3万してきてしまうこともありますが、それでもマットレスやベッドと比べるとすごく高いです。

マットレスとベッドを普通に買おうとすると、3万~5万くらいしてきてしまいます。

良いものを買おうとしたら、シングルサイズでも10万円を超えることがあるのです。

しかもそれは、二つ合わせての値段ではなく、それぞれがその値段です。

つまり、最終的にはそれが倍くらいになるのです。

それだけ高い上にさらに最後に捨てる際にも高くなるわけですから、マットレスとベッドにするべきか、それとも布団にするべきか悩んだら、そういうこともよく考えて決めていくべきです。

細かくは地域によって違う

そもそも1200円と2000円という値段は勿論のこと、どこからが2000円の粗大ごみとなるのか、そしてどこまでが1200円の粗大ごみとなるのかというサイズの区分は、地域によって違うところがあります。

だいたいの地域でシングルサイズとセミダブルサイズが1200円で、ダブルサイズ以降2000円となっていることが多いですが、ところによってはセミダブルサイズからもう2000円の料金になるということもあります。

だから、自分の住んでいる地域ではどうなのかということは、一度しっかりとチェックしておく必要があります。

そして、間違いがないようにしっかりと料金を払っていくことをおすすめします。

料金が足りないと連絡が来る

粗大ごみは、基本的に連絡をしてから運んでもらうというシステムになっています。

連絡をしてから運んでもらうようにしている以上、もし料金を勘違いしていて、料金不足になってしまっていたら、連絡が来ます。

でも、日中連絡がつかない方も多いものです。

だから、最悪の場合そのままおいていかれてしまいます。

それは近隣の目もありますから、困るものです。

特にベッドやマットレスなどの大きいものの場合は。

なのでそうならないように、しっかりと料金は確認してから出すようにしていってください。

まとめ

マットレスやベッドを粗大ごみとして出す料金は、1200円から2000円くらいで、そこまで高くないというのが結論になります。

だから、どこかに処理を依頼したり、あるいは売ったりしようとするよりも、実は粗大ごみとしてだすのが一番リーズナブルだったりするのです。

是非これらのことを参考に、粗大ごみとして正しく処理していってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団