腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ベッドにも色々ある!マットレスを置くのに適したベッドってどんなベッド?

   

【ポケットコイルマットレス付】棚 引き出し収納 ベット 収納付き 木製ベッド コンセント付き 収納ベット 引き出し付きベッド カラー:ブラック 黒 サイズ:Dサイズ ダブル

マットレスは、基本的にはベッドの上に置くのがベストになります。

だから、マットレスを買うのであれば、その際にはベッドも買わないとなりませんが、でもベッドにもいろいろな物があります。

だから、マットレスを置くベッドにはどのような物が適しているのかわからないという方もいるでしょう。

そこでここでは、そんなマットレスを置くのに適しているベッドについて紹介していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

マットレスを置くなら通気性の良さは必須

マットレスを置くのに適しているベッドの条件としてまず挙げられるのは、やはり通気性が良いことです。

マットレスには、通気性の悪さと言うのが大敵になります。

寝ている間の汗などは、通気性が悪いとなかなかマットレスから抜けていかなくなります。

そうして湿度が溜まっていってしまうのです。

でも、そんな風にしてマットレスに湿度が溜まっていくと、マットレスはへたったり、あるいは最悪カビを生やしたりしてしまうでしょう。

そうならないようにするためには、出来るだけマットレスに湿度を溜めないことが大切になります。

その為には、マットレスの下に入れるベッドは、通気性が良くないとならないのです。

通気性が良いベッドとは

では、そもそも通気性が良いベッドとはどのようなベッドになるでしょうか?

ベッドには、大きく分けて2つの種類があると言えます。

1つは、マットレスの下にあたる部分が、とびとびになっているものです。

フローリングで考えると分かりやすいでしょう。

一本木があって、その隣の木が無くて、そしてその隣また木があって、と言う風に、一つ飛ばしで木が入っているような状態になります。

そしてもう1つは、完全に下が密閉されているものになります。

ではそんな2つがある場合、どちらの方が通気性が良いと言えるでしょうか?

それは間違いなく、前者になるでしょう。

もちろん後者のような完全に密閉されているタイプのベッドでも、すごく考えられて作られていて、通気性が良いものはあります。

しかし基本的にはやはり空洞となる部分が大きくて多い、前者のようなタイプのベッドがおすすめになります。

属に言うすのこタイプのベッドと言うものです。

マットレスに入れるベッドには、そういうものがあっていると言えるので、まずはそういうタイプのものから探していくと良いでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

高さがあるベッドが合っている

マットレスを置くベッドとしては、高さがあるものが合っていると言えます。

高さのあるベッドには、デメリットもあります。

たとえば、高さがある分だけ存在感が増すので、そのベッドの存在によって部屋が圧迫されてしまうという問題です。

でも、そんなデメリットを感じさせないようなメリットが多いのです。

マットレスが汚れづらくなる

まず一つは、マットレスが汚れづらくなるという事です。

部屋の下の方というのは、ほこりが舞い散りがちになります。

ただ歩いているだけでも、ほこりはすごく舞い散ると言えるでしょう。

しかし、マットレスの位置が高ければどうでしょうか?

マットレスの位置が高ければ、そのマットレスのところまで汚れが飛んでくることはそうそうなくなります。

なので、その分だけ汚れづらくなると言えるのです。

また、マットレスが低いと、何かと汚れがちな足も、そのマットレスにあたりがちになりますが、ベッドが高くてマットレスが高い位置にあれば、そうなることもなくなるでしょう。

だから、マットレスの位置が高くなれば、それだけでマットレスは汚れづらくなるのです。

マットレスは洗えないものになりますから、汚れないように出来るのであれば、そうしておくに越したことはありません。

是非そうして汚れないようにしていってください。

寝心地も良くなる

また、マットレスを高いベッドに置くと、その分寝心地も良くなると言えます。

というのも、高い位置にマットレスを置けば、その分マットレスの沈み込みを感じやすくなるのです。

高い位置からある程度身体が下がるのと、低い位置からある程度身体が下がるのでは、やはり前者の方が効果を感じやすいです。

しっかりと身体がしずんでいく事を感じられるのと、それがあまり感じられないのでは、どう考えても感じられる方が寝心地は良くなりますし、良い睡眠に近づけるでしょう。

それもあって、マットレスを置くベッドは、ある程度高さのあるものがおすすめになるのです。

なるべくヘッドボードがあるものが吉

マットレスを置くベッドは、なるべくヘッドボードがあるものが吉になります。

ヘッドボードがあれば、そこに色々な物を置くことが出来るようになります。

そうすれば、マットレスの上に余計な物を乗せなくても済むようになるでしょう。

たとえばスマートフォンなどがマットレスに上に乗っていると、それを触りながら寝落ちするのを待ってしまうという方も多くなるでしょう。

そうなると眠りは浅くなり、睡眠の質が下がってしまいます。

しかしヘッドボードがあれば、ある程度の時間になったらそこにスマートフォンをおいて、寝る体制を整えることができます。

だから、質の高い睡眠に近づけやすいのです。

安心感もある

また、ヘッドボードがあることによって、安心感も得られます。

たとえばヘッドボードも、そしてサイドも足元のガードもないようなベッドで寝ていたとします。

そうするとなんとなくどこも守られていないように感じられるので、無意識のうちに安心感を得づらくなったりするのです。

しかしヘッドボードがあるだけで、頭が守られているような感じがして、その分すごく安心して寝られるようになったりします。

それはつまり、より質の高い睡眠が出来るようになるということでもあります。

それならばやはりベッドは、ヘッドボードがあるものを選ぶべきだと言えるでしょう。

木製のものがあっていると言える

マットレスを置くのに適しているベッドとして、木製のものと言う条件も挙げられます。

ベッドには、木製以外にもいろいろなタイプのものがあります。

そんな中、木製のベッドを使用していくのが一番合っていると言えるのです。

それはやはり、木製のベッドは、他の質感のベッドとは違い、マットレスの湿度なども吸収してくれやすいからです。

しっかりと湿度を吸収してくれれば、それによってマットレスにたまってしまった湿度も抜けていきやすくなるでしょう。

そもそも木製のベッドは、先述のようにマットレスの下にあたる部分にぬけがある事が多いので、通気性がよく、そこまで湿度が溜まるようなこともないはずです。

それなのにさらにたまった湿度も吸収してくれると言えるのですから、マットレスの湿度対策としてはすごく優れていると言えます。

なので、木製のベッドがおすすめなのです。

マットレスとも合いやすい

また、シンプルにマットレスとも合いやすいと言えます。

マットレスは、柔らかい印象があるアイテムです。

だからナチュラルで優しい雰囲気のベッドの方が、しっくりくることが多いです。

そしてそんなナチュラルで優しい雰囲気のベッドだと言えるのが、木製のベッドになるのです。

そんな風に色々な点で利点がありますから木製のベッドはすごくおすすめできます。

まとめ

マットレスを置くのに適しているベッドについては、どういうものがそれに当たるのか、お分かりいただけましたでしょうか?

このように、こうした条件を満たしていくようなベッドを購入していけば、ベッド選びで失敗することもないでしょう。

マットレス同様に、ベッドも基本的には高価なものですから、是非これらを参考にして、適切なベッド選びをしていってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団