腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ボンネルコイル マットレス スプリングマットは寝心地が良い?

   

タンスのゲン ボンネルコイル マットレス 高密度480個 圧縮梱包 ダブル ホワイト 17800018 01

日本で販売されているマットレスの中には『ウレタン』を採用している寝具もあれば『コイル(スプリング)』を採用している製品もあります。

コイルを採用しているマットレスは体の沈み込みを抑えやすくなっていますが、寝心地が悪く感じてしまう場合もあるので注意しなければいけません。

ところが『ボンネルコイル マットレス スプリングマット』は、コイルを採用しているマットレスのデメリットをカバーできるようになっているので、詳しく紹介しましょう。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ボンネルコイル マットレス スプリングマットの特徴

タンスのゲン ボンネルコイル マットレス 高密度480個 圧縮梱包 ダブル ホワイト 17800018 01

本製品は、ボンネルコイルを採用していますが、このタイプにはメリットもあればデメリットもあります。

そこで、本製品は、メリットだけを活かしておいてデメリットをカバーできるようになっています。

そのようなマットレスには、どのような特徴があるのか解説するので、確認してみて下さい。

ボンネルコイル

本製品は、ボンネルコイルを採用していて、コイルが連結されています。

実は、コイルを採用しているマットレスの中には『スプリングマットレス』という物もあって、こちらのタイプはコイルが1本ずつ独立しているのです。

その1本ずつには、不織布がおおわれているので、通気性が悪くなっています。

それに引き換え、本製品のボンネルコイルは連結されている事から、1本ずつのコイルに不織布がおおわれている訳ではないので、通気性が優れているのです。

極厚タイプ

ボンネルコイルは体の沈み込みを抑えられますが、マットレスの厚みが足りなくなっていたら、底つき感が出てしまいます。

底つき間が出るようなマットレスを利用していたら、背中や腰が痛く感じてしまうので、睡眠の質が低下してしまうのです。

睡眠の質が低下したら、睡眠時間を確保していても、翌日には睡眠不足に陥ってしまうので注意しなければいけません。

そこで、本製品はマットレスの厚みを『17cm』にする事によって、底つき間を緩和しているので、睡眠の質をキープしやすくなっています。

もしも、マットレスの厚みが17cm以下になっていて、底つき間が出ている場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

ボリュームキルティング

コイルを採用しているマットレスのデメリットとして、コイルが体に当たってしまう事があります。

仮にマットレスのボリュームがあったとしても、その中にコイルがあるので、ベッドの底つき感を緩和できてもコイルが当たってしまう事があるのです。

ところが、本製品の『キルティング』はボリュームがあるのでコイルが体に当たりづらくなっているのです。

そのため、本製品はコイルを採用しているマットレスのデメリットをカバーできているので、寝心地がよくなっています。

コイルの数

ボンネルコイルを採用しているマットレスは、寝心地がよくなっていますが『耐久性』が悪くなっていたら、短期間で寝心地が悪くなってしまいます。

そこで重要になるのが、コイルの数です。

実はコイルの数が多くなっているほうが、耐久性が優れているので、コイルの数が多くなっているマットレスを選んだほうが良いのです。

そして本製品(ダブルサイズ)は、コイルの数を480個も使用しているので、耐久性まで優れています。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

本製品を利用する際のポイント

寝心地がよくなっている本製品でも、利用する際にはいくつか抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを把握しておかなければ、短期間で寝心地が悪くなってしまうので詳しく紹介しましょう。

へたり対策

コイルを多く採用している本製品でも、利用していくうちにマットレスはへたっていきます。

これは全てのマットレスでも同じ事が起きてしまうので、仕方のない部分です。

へたりを抑えるためには、マットレスの向きを変える事が重要になります。

なぜなたら、マットレスの向きを変えたら、重くなっている腰を支える部分を変える事ができるからです。

腰を支える部分を変えられたら、マットレスのへたりを抑えられるので、長い間に渡って寝心地がよくなっています。

湿気対策

私たち人間は眠っている間に、コップ一杯分もの寝汗をかいてしまいます。

ボンネルコイルマットレスでも『湿気対策」を講じておかなければ、そのうち湿気がたまっていくのです。

もしも、湿気がたまっている状態で、マットレスを放置していたら、ダニが繁殖していくので健康面で悪い影響が出るようになります。

実際に『ツメダニ』が繁殖するようになれば、肌を刺されてしまって、赤く炎症してしまうのです。

そのため、定期的にマットレスを立てかけて、湿気を取るようにしましょう。

本製品の基本情報

本製品の特徴や、利用する際のポイントなどを紹介してきましたが、基本情報も把握しておかなければ、このマットレスの全てを把握した事にはなりません。

そこで、本製品の基本情報も解説するので、みていきましょう。

圧縮ロール

マットレスは、人間の体を支える寝具なので、大型サイズになっています。

大型サイズになっているので、自宅の玄関が狭くなっていたら、搬入できないケースがあるのです。

本製品は、そのような事がないように『圧縮ロール』にして、コンパクトなサイズで送られてきます。

そのため、玄関が狭くなっていても、本製品は搬入できるようになっているのです。

そして、コンパクトなサイズになっているので、女性でも寝室まで運びやすくなっています。

コストパフォーマンス

本製品はダブルサイズのマットレスなので、多くの方たちは値段が高くなっているように感じてしまうかもしれません。

ところが、本製品は驚くべき事に、リーズナブルな価格になっていて、楽天市場では送料無料で税込価格11,852円で販売されているのです(2018年11月27日時点)。

実際に、日本国内で販売されているダブルサイズのマットレスの中には、100,000円を超えてしまう製品もあります。

そのため、コストパフォーマンスの優れているダブルサイズのマットレスを探している場合には、本製品はおすすめのマットレスです。

利用者たちの満足度

本製品は、コストパフォーマンスの優れているマットレスですが、利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいます。

そこで、本製品を購入してから後悔する事がないように、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

圧縮した状態で送られてきた本製品を開封してみたら、元の状態に復元して、寝心地の良いマットレスになって、満足している方がいました。

そのため、圧縮されたマットレスでは寝心地が心配してしまう方でも、本製品は検討してみる価値があります。

さらに本製品を利用してみたら、硬めのマットレスになっていて、満足している方もいたのです。

マットレスが硬くなっていたら、重くなっている腰でも沈み込みづらくなるので、本製品は寝返りを打ちやすいです。

否定的な口コミ

本製品はコストパフォーマンスが優れている事から、多くの方たちが注文しています。

そのような事もあってか、本製品が注文者に届くまで時間をかけてしまって、不満を抱いている方たちが何名もいました。

時間をかけてしまう事から、マットレスを買い換えるために本製品を注文しようと考えている方は、本製品が届いてから、今まで利用していたマットレスを廃棄したほうが良いです。

まとめ

本製品は、ボリュームのあるキルティングを採用しているので、コイルが体に当たりづらくなっています。

そのため、今までコイルを採用しているマットレスの寝心地が悪く感じていた方でも、本製品であれば寝心地がよく感じられる可能性が高いです。

ただし、本製品を利用する際には、へたり対策や湿気対策を講じる事を忘れないようにして下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団