腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスが合わない!マットレストッパーを買うのとマットレスを買い替えるのはどっちが効果的?

   

ジェルメモリーマットレストッパー 5cm厚 ( シングル)

マットレスを買って、しばらくそれを使用して生活をしているけど、朝起きたら腰が痛いし、何だか疲れもとれないしで、「このマットレスはあっていないな」と思うこともありますよね。

そんな風にマットレスが合わないのは良くないですから、何とかして改善しないとなりません。

そこで使えるのがマットレストッパーですが、トッパーを買うのとマットレスを買い替えるの、どちらの方が効果的なのでしょうか?

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

マットレストッパーは安値で質感を変えられる

マットレストッパーで、マットレスの質感が合わないことへ対処するという方法の利点は、何と言っても、マットレストッパーであれば安値で質感を変えることが出来るという事になるでしょう。

マットレストッパーは、基本的にはそこまで高いものではありません。

だいたい、10000円から20000円程度で購入できるものだと言えるでしょう。

そうしてすごく安値で買えるモノになりますから、コスパは圧倒的です。

マットレスを買い替えると5万くらいはかかる

では、マットレスを買い替える際には、どのくらいの費用が掛かるでしょうか?

マットレスを買い替える際には、だいたい5万円くらいの費用は掛かってしまうでしょう。

それだけの費用がかかってしまうということは、やはりマットレスを買い替えるというのは簡単ではありません。

でもマットレストッパーであれば、簡単にトライできるでしょう。

すぐに変えることが出来るということ

簡単にトライできるということは、すぐに質感を変えていけるという事になるでしょう。

マットレスを丸ごと買い替える際には、給料日をまったりするなど、いくつかの調節が必要になります。

でもマットレストッパーであればすぐにでも変えることができます。

そうしてすぐにマットレスの質感を変えることができれば、少しでも身体の状態を悪い状態にすることなく、マットレスの質感を変えていけることになります。

マットレスの質感が合わないまましばらくそれで過ごさないとなると、それからもどんどん身体の状態は悪くなると言えるでしょう。

それはやはり良くありませんから、本来であればなるべく早く手をうつべきなのです。

でも、マットレスを買い替える場合には、それも難しいでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

マットレストッパーの方が質感を変える力は下

上記は、マットレストッパーを使って、合わないマットレスの質感を変えていくことのメリットになります。

では逆に、マットレストッパーを使って合わないマットレスの質感を変えていくことのデメリットはどこにあるのでしょうか?

マットレストッパーを使って合わないマットレスの質感を変えていくことのデメリットは、質感を変える力がマットレスに比べると高くないという事です。

マットレストッパーは、決してそこまで厚みのあるものではありません。

マットレスであれば、数十センチはあるでしょうが、マットレストッパーは、厚くても7センチくらいになるでしょう。

そうして厚くても7センチくらいしかないのであれば、やはりそれだけ質感を変える力は高くないということになります。

思いっきり質感を変えたいのであれば、それはやはりマットレスを買い替える方が効果的になります。

質感を変える力が足りないと意味がないこともある

質感を変える力は、マットレスが合わない時には最も重要な事だと言えるのではないでしょうか?

マットレスが合わないというそのレベルが、どのくらい合わないのかと言うことにもよってきますが、やはり質感を変える力に乏しいと、せっかくソレを買っても、効果が出ないという事が出てくるのです。

それを買っても効果が出ないのであれば、そこにかけたお金は無駄以外の何物でもなくなります。

そうして無駄になってしまうのであれば、やはり10000円から20000円くらいと言う金額も、大きく感じてきます。

なので、マットレストッパーで質感を変えようというのは、必ずしもすべてのマットレスが合わないという方におすすめできる方法ではないと言えるでしょう。

マットレスを買い替えると確実に効果は出る

逆にマットレス自体を買い替えれば、確実に効果は出ると言えるでしょう。

でも、またマットレスを買ってもそれが合わない可能性はあるのではないか?

と思う方もいるでしょう。

確かに、またマットレスを買い替えても、それが合わないという可能性はあります。

しかしそれは、マットレスを買う場所に工夫をすることで、防ぐことが出来るようになるのです。

返品できるところで買えば良い

ではどんなところで買えば、マットレスを買い替えた際に、結局それがまた身体に合わないという事を防ぐことができるでしょうか?

それはやはり、返品出来るところです。

マットレスには、30日位の、身体に合わない場合には返品可能という保証がついているところもあります。

そういうところでマットレスを買い替えるようにしていけば、たとえ買い替えたマットレスがまた身体に合わなかったとしても、その際には返品をして、また新しいマットレスを試していくということが出来るようになります。

そうして色々試してマットレスを選んでいけば、まず間違いなく、自分の体にあったマットレスを選ぶことが出来るようになります。

そうして自分の体にあったマットレスに買い替えていけば、完全にマットレスがあわないという悩みからは解放されていくと言えるでしょう。

マットレスの処遇が面倒になる

マットレス自体を買い替えることには、すごくコストがかかるということ以外にもう一つデメリットがあります。

それが、マットレスの処遇です。

新しくマットレスを買い替えたとしても、今のマットレスは残っています。

そうして今のマットレスが残っているとなると、新しいマットレスの置き場所がなくなるでしょう。

かといって、マットレスはすごく大きいモノになりますから、クローゼットなどに入れておくわけにもいきません。

だから、もしマットレスを買い替えるのであれば、速やかに今のマットレスを処分しないとならなくなります。

でも、処分するとはいっても、どのように処分をするのが正解か分からないと言う方もいるでしょう。

実際処分する方法は色々ありますが、どれもそれなりに面倒だと言えます。

処分に時間がかかり買うのが遅れることもある

家のスペース的に、マットレスを二つも置いておけないということも、別に珍しいことではないでしょう。

その場合には、やはりマットレスを処分する準備ができてから、改めて購入していかないとなりません。

しかし、マットレスを処分するその準備に時間がかかる事もあるのです。

ただでさえ、マットレスを買い替える際にはお金の準備も必要なのに、そういう準備もしないとならないとなると、それはやはりすごく時間がかかる事も出てくるでしょう。

でもそうしてすごく時間がかかっていると、やはりいつまでも身体をいじめてしまうことになります。

それは良くありませんから、そうして処分に時間がかかるというのも、一つのおおきなデメリットだと言えるでしょう。

場合によっては下取りをしてくれるところもありますから、その場合にはこのデメリットは関係なくなりますが。

まとめ

マットレスがあわない時には、マットレストッパーで対策していくというのもそれはそれで効果的だと言えますし、マットレス自体を買い替えてしまうのも、それはそれで効果的だと言えます。

それぞれメリットもあればデメリットもあるので、これらのメリットデメリットをよく見比べて対処していく事をおすすめします。

是非参考にしてみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団