腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスとベッドで寝るときの寒さ対策の方法ってある?

   

プラス2℃の温感 敷パッド 吸湿発熱素材「ヒートウォーム」使用 ダブル ベージュ

ベッドとマットレスで寝ていると、寒くなってしまうことがあります。

寝ているときにそうして寒さで体が冷えてしまうと、そのせいで風邪をひいてしまうこともありますから、それも無視できません。

しっかりと寒さ対策はしていくべきです。

そこでここでは、マットレスとベッドで寝るときの寒さ対策の方法について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寒さは高さが足りないせい

ベッドとマットレスで寝ていて寒いのは、高さが足りないせいであることが多いです。

冷たい空気というのは、基本的には下のほうを巡回していくものです。

たいして温かい空気は上に向かっていきます。

だから、冷房をつける際には風向きは上向きにして、暖房をつける際には下向きにしてつけるのです。

そんな風に冷たい空気が下の方に巡回しているのですから、ベッドとマットレスの高さが足りないで、寝ている位置が低くなってしまっていたら、そのせいで寝ている間に寒さを感じるのも仕方がないということになります。

でも、それが原因で寝ている間に寒くなってしまうということがわかっているのであれば、話は早いです。

高さを出してあげて、冷たい空気が届かないところに行ってあげれば、それで済む話になります。

だから、ベッドとマットレスで寝ていて寒いときには、高さを出してあげるのがおすすめです。

ベッドで高さを出すのが吉

ベッドとマットレスの高さを出す方法は二つあります。

一つはマットレスを厚みのあるものに変えるという方法。

厚みのあるマットレスで寝ていれば、当然その上で寝ている自分の寝る位置も高くなります。

だから、冷たい空気が届きづらくなります。

そしてもう一つは、ベッドフレームを高くするという方法です。

ベッドフレームが高くなれば、マットレスが置かれる位置も高くなるので、その上の自分の位置も高くなるのです。

もちろん両方とも高くするという方法もアリですが、両方変えていたらやはりコスパがすごく悪いです。

そもそも両方とも変えようと思っていたのであればそれもおすすめできますが、そうではないのであれば、それはあまりおすすめできません。

だから基本的にはこの二つの方法で対処することになります。

そしてそんな二つの方法のうち、特におすすめなのが、ベッドで高さを出すという方法です。

マットレスが冷たくなることもふせげる

厚みのマットレスで高さを出すのもなしではありませんが、厚みのあるマットレスで高さを出そうとすると、結局そのマットレスの下の方は冷たい空気にさらされることになります。

そうしてそれが冷たい空気にさらされていると、そのせいでマットレスの上の方まで冷たくなることもあります。

そうなれば、やはり寒さを感じてしまうことも出てくるのです。

出来ればそうなるリスクはない方が良いです。

だから、ベッドで高さを出すのがおすすめです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

敷きパッドで温かさを出す

マットレスの上に敷くような敷きパッドの中には、身体を温めてくれるような、接触温感的な敷きパッドもあります。

そういう敷きパッドを使用することも、寒さ対策にはなります。

もちろん冷たい空気は来ることにはなりますから、直接的な対策にはなりませんが、ひどく寒い日でもなければ、それでも十分対処することは可能です。

敷きパッドはコスパがすごく良い

そんな敷きパッドには、いくつかの良いところがあります。

まずひとつは、装着が簡単だというところです。

普通のシーツのようにマットレスの上に着けていくだけになりますから、それを買ってきさえすれば、だれでもすぐに対処することが可能になります。

ベッドやマットレスを買い替えて高さを出していくという場合、今あるマットレスやベッドを処分したり、あるいはどこかにしまったりしないとならないので、すごく手間がかかります。

でもこの方法であれば、すごくスムーズかつスピーディーに対処していくことが可能です。

ただ、敷きパッドによる対処の一番よいところは、それではありません。

敷きパッドの一番良いところは、コスパの良さです。

敷きパッドは、高くても1万円以内で買うことができます。

たいしてベッドやマットレスは、たとえ安いものを買おうと思っても、3万円くらいはしてきてしまいます。

よほど安いものであれば、1万円くらいで買うことができるものもありますが、それで寝るとまた別の問題が生じてきてしまう可能性は高いです。

だから、コスパの良さでは比較にならないくらいの差があります。

あまりお金をかけずに対処したい方には、敷きパッドで対処するのもおすすめです。

たくさんかぶせるのはおすすめしない

基本的にはベッドとマットレスで寝る際の寒さ対策としては、これらの2つのことをしていくのがベストです。

ほかの方法はあまりおすすめできません。

たとえば、単純な寒さ対策で言えばたくさん布団やら毛布やらをかぶせていくという方法だってできます。

でもそうして布団やら毛布やらをたくさんかぶせていくと、結果寝ている間に暑くなってしまう可能性が高くなります。

それだけいろいろかぶせていけば、通気性も悪くなりますから、蒸されて暑くなってしまうのです。

しかもそれだけいろいろかぶせていると、やはり寝返りもしづらいです。

寝返りができない上に蒸されているとなれば、暑くなってしまうのは仕方がありません。

でもそうして暑くなり汗をたくさんかくと、結果その汗が冷えて体を冷たくしてしまいます。

なのでやはりそれはおすすめできないのです。

はがれて寒くなることもある

また、単純に上にいろいろと重ねていくだけでは、寝ている間にそれが落ちてしまうことも出てきます。

上にいろいろと重ねていくと、その分寝返りはしづらくはなりますが、それでも寝返りができる人はいます。

しかしそこで寝返りをしていくと、結果上に重ねられたものが落ちてしまう可能性が高くなるのです。

そこで落ちてしまっていたら、結果何も対処していないのと同じことに。

そうしてまた寒さを感じてしまうのです。

たくさん着込むのもダメ

上に布団やら毛布やらたくさん重ねていくという対処方法と似たような方法で、上にたくさん着込むようにするという方法もあります。

でも、上にたくさん着込むようにするという方法も、あまりおすすめはできません。

上にたくさん着込んでしまうと、それを脱ぐことができなくなります。

布団や毛布であれば、暑すぎたらはがせばいいだけになりますが、寝ている間に服を脱ぐのは難しいです。

だから、ずっと寝苦しい思いで寝ることになります。

しかも汗もたくさんかいていきますから、それをどんどん服が吸いこんで、どんどん体を冷やしてしまうようにもなります。

また、たくさん着込むことによって、身体への圧迫感も出てきます。

だから、あまり気持ちよく寝ることができなくなります。

寒さ対策も確かに重要ですが、気持ちよく寝ることができなくなっていたら、元も子もありません。

そんな風に、たくさん着込むという方法は、マットレスとベッドで寝る際の寒さ対策の方法であることはあるのですが、いいことはあまりない方法なのです。

避けた方が無難です。

まとめ

マットレスとベッドで寝る際の寒さ対策の方法としてあげられる方法は、以上のとおりになります。

基本的にはマットレスかベッド、特にベッドに高さを持たせて冷たい空気がこないようにするか、あるいは敷きパッドを敷いて対処するか、というのがベターです。

簡単ですぐにできるのは敷きパッドなので、まずはそこからはじめてみるというのもアリです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団