腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスとベッドを買う際の平均価格はどれくらい?

   

マットレスは、比較的に高級に思える寝具になります。

だからある程度の出費を覚悟している方も多いです。

でも、実はベッドフレームもそれなりに高いものになります。

そのことに関しては忘れている方も多いので注意が必要です。

では実際、ベッドフレームとマットレスと足した総額の平均価格は、いくらくらいになるのでしょうか?

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ベッドフレームの平均価格は5万円くらい

まず、ベッドフレームの平均価格から見ていきます。

ベッドフレームの相場はだいたい5万円くらいになります。

だから逆にいえば、5万円くらいの価格帯のベッドフレームであれば、平均的なベッドフレームのクオリティだと考えることができます。

ある程度きちんとしたベッドフレームが欲しいと思うのであれば、5万円くらいするベッドフレームを買うようにしていってください。

安いものなら2万円くらいからもある

ベッドフレームは、値段がすごくピンきりです。

なので、安いものであれば、2万円くらい買うことができるものもあります。

ただやはり2万円くらいで買えるものは、クオリティとしては決して高くはありません。

むしろクオリティは低いです。

だからたとえば安定度にかけたり、あるいは湿度がたまりやすかったりと、トラブルにつながってしまう可能性は高いです。

そうなったら、結局ベッドフレームを買い替えないとならなくなります。

ベッドフレームを買いかえるのはやはり面倒ですし、それに当然また費用がかかります。

2万円という金額は、確かにベッドフレームの相場から見ると安い金額にはなりますが、ベッドフレームとか関係なくして、ただ金額だけみていくと高い金額になります。

それをムダにしてしまうのはすごく残念です。

だから、できれば5万円くらいする、きちんとしたクオリティのベッドフレームを買うのがおすすめです。

必ずしもきちんとしているわけではないが可能性は高い

たとえ5万円くらいするベッドフレームであったとしても、必ずしもクオリティが高いわけではありません。

なかにはいまいちなクオリティなのに5万円くらいしてしまうベッドフレームもあるものです。

ただ少なくとも、安いベッドフレームを使用しているときに比べると、そういうベッドフレームにあたる可能性は少なくなります。

だからやはり5万円くらいするベッドフレームを選んでいくべきなのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マットレスの平均価格も5万円くらい

マットレスの平均価格も、実はだいたい5万円くらいになります。

なので、マットレスは高いというイメージがあった方も多いでしょうが、実はベッドフレームもすごく高いということになります。

ということはつまり、それだけしっかりとお金をためないとならないということです。

安いマットレスは安いベッドフレームより避けるべき

そこまでのお金が用意できないという場合、どちらかの価格を下げようと思うものです。

マットレスは、ベッドフレームと比べてさらに値段がピンきりです。

10万円を軽く超えるようなマットレスもあれば、1万円くらいで買うことができるマットレスもあります。

あまりお金がない場合、1万円くらいで買うことができるマットレスを選びたくなるものです。

でも、1万円くらいで買うことができるマットレスは、安いベッドフレームよりもさらに避けるべきです。

身体の痛みに直結する

安いマットレスというのはえてして、すごく固いです。

基本的には固いマットレスには固いマットレスの良いところがあります。

でも、その固さは、あくまでもある程度の固さなのです。

すごく固いマットレスの場合は、身体の痛みに直結してしまうのです。

すごく固いマットレスは、全然身体が沈み込みません。

身体が沈み込まないと、体重を分散することが出来なくなってしまいます。

体重を分散することができなくなれば、その分だけ腰のあたりに体重が集中していきます。

そうして腰のあたりに体重が集中していくと、その分腰が痛くなるのは当然です。

結果腰痛になってしまうのです。

そうなる可能性がすごく高いので、マットレスを安くするのはおすすめできません。

マットレスはなんとかして平均価格くらいのものをゲットするようにしていってください。

5万円というのはあくまでも定価の平均価格

マットレスもベッドフレームもできれば5万円くらいのものを買うべきだと言われても、どうしても金銭的にきついということもあります。

では、そうしてどうしても金銭的にきつい時には、マットレスやベッドフレームはどうしたらよいのでしょうか?

金銭的にきつい時でも、マットレスやベッドフレームは、5万円くらいのものを買うべきです。

ただそれはあくまでも、「定価」が5万円くらいのものです。

だからたとえばどうしても金銭的にきついのであれば、セールのタイミングを狙って、マットレスかベッドフレーム、どっちかだけでも安くなるのを待つのがおすすめです。

狙っているものが二つあれば、どちらかひとつくらいは安くなったりするものです。

場合によっては両方とも安くなることがあります。

そうして両方とも安くなっていったら、それはすごくお得です。

だから、どうしても金銭的にきつい場合には、とりあえずセールの時期を待つのがおすすめです。

アウトレットに行ってみるのも正解

あるいは、セールの時期は待っていられないけど、それでも5万円ずつ出していくほどの経済的な余裕がないという場合には、アウトレットに行ってみるのも正解になります。

アウトレットに行ってみると、そこでは当然マットレスもベッドフレームも、定価よりも安く売られています。

そしてアウトレットの値引き率は、最低でも30%オフくらいにはなります。

場合によっては60パーセント70パーセントくらいオフになることもあるのです。

それだけ安くなれば、たとえばもともと合わせて10万円だったものが、3万円とか4万円で買うことができるようになります。

それなら金銭的にきつくてもなんとかなるものです。

だから、困ったらアウトレットに行ってみるのも吉です。

他にもお金がかかるので注意

ただ、寝具というのは、マットレスとベッドフレームを買ったらはい終わりではありません。

それに加えてさらに、掛布団や掛布団カバー、そしてシーツやまくら、まくらカバーなど、買わないといけないものはすごくたくさんあるものなのです。

そうして買わないとならないものがすごくたくさんわけですから、当然かかる費用も増えていきます。

マットレスとベッドだけで平均価格が10万円する上に、さらにこうして増えていくのですから、もし定価で買っていくのであれば、最低でも15万円くらいは見ておくのが良いです。

枕などは意外と高かったりもしますから。

アウトレットでも8万くらいは見ておきたい

もしいろいろアウトレットやセールで買うという場合でも、7万から8万円くらいは見ておきたいものです。

平均価格の平均くらいのクオリティのものを確保しようと思うと、たとえセールでもそれくらいはどうしてもかかってきてしまうのです。

なので、しっかりと覚悟しておくべきです。

まとめ

マットレスとベッドの平均価格については、以上のとおりになります。

マットレスもベッドも基本的にはだいたい5万円くらいのものが選ばれることが多いです。

実際選択肢としてもこのあたりの選択肢のものが多くなりますし、自然とこのあたりが相場になるのも納得です。

是非覚悟して、しっかりとお金をためていってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団